異呆人

毒にも薬にもならない呟き

洋楽より邦楽が好きなワケ

私は、音楽は邦楽しか聴かない。

主な理由は、洋楽を聴いても歌詞の意味がわからないからである。

言語が理解できないというのもあるし、文化的背景が異なるから理解しづらい感情があるということもある。

もちろん、音楽は詞だけではなくメロディーも重要なので、メロディーだけで好きになることもできる。

それでも、私はこれまで洋楽をほとんど聴いてこなかった。

その理由を深く考えたことが、今までに一度だけある。

 

大学時代の部活動の後輩に、メタルが好きな男がいた。

この場合の「メタル」というのは、音楽の一ジャンルである。

私からすれば「メタル」=「ヘヴィーメタル」みたいな認識しかなかったのだが、彼に言わせれば「ヘヴィーメタル」以外にも「デスメタル」とか「メロディアデスメタル」とかいろいろあり、それらはそれぞれメタルの一種だが異なるものらしい。

だから彼は「メタル」というジャンルが好きなのだと力説していた。

日本にもわりとメジャーな「陰陽座」というメタルバンドがあり、私は彼の影響で陰陽座を少し聴くことになるのだが、基本的にメタルはアメリカの音楽、洋楽が中心である。

彼からは洋楽をしきりに勧められたのだが、いまいち聴く気になれなかった。

そのとき、なぜ自分が邦楽のロックは好きなのに洋楽のロックは受け入れられないのか、少し考えてみた。

 

まずは先述のように、私が音楽を「音」より「歌」として捉えていることが理由として考えられる。

そもそも私はインストゥルメンタルのようなものをほとんど聴かない。

(一時期、スカパラを聴いていたことはあった)

つまり私は音楽が好きというより、歌が好きなのである。

だから歌詞の意味は重要なのだ。

しかし、歌詞が大したことなかったり、日本語でも意味のわからない歌詞の曲も好きである。

私の青春時代に絶頂期を迎えた「L'Arc〜en〜Ciel」の曲の歌詞などは大した意味があると思えないけど好きだし、「スピッツ」の曲の歌詞などは詩的すぎてほとんど意味不明だが好きだ。

逆に、例えば英語詞の曲でも訳せば意味は理解できるし、そこまで敬遠するほどの理由ではないとも言える。

洋楽でもメロディーは好きになれるものも多い。

エアロスミスの曲などは、日本語で歌われていれば好きになれるのではないかと思う。

 

そう考えていったときに、邦楽と洋楽のある違いに気がついた。

それは、メロディーへの言葉の乗せ方が違うのである。

例えば、洋楽の例として英語詞の曲について考えてみると、英語の曲は1音に単語を1つ乗せるような曲が作られる。

それに対して日本語は、1つの単語に複数の音が含まれるような曲になる。

先日、久しぶりにテレビで見た「耳をすませば」に出てくる「カントリーロード」であれば、サビの部分を英語詞と日本語詞で対比するとこうなる。

 

Country roads, take me home

To the place, I be-long

カントリーロード この道

ずっと ゆけば

 

カントリーロードという単語はそのまま使っているので端折るが、英語では「take me home」は4つの音符の上に単語が3つ乗っかっている。

日本語では「この 道」と単語が2つ、「こ・の・み・ち」と4つの音(オン)に対して音符が4つである。

「To the place」は3つの音符に対して単語が3つ。

「ずっと」は1つの単語で、3つの音符に対して音が3つである。

私の言いたいことが少しは伝わるだろうか。

これがメロディーへの言葉の乗せ方が違うということである。

つまり英語詞の曲は1つの曲の中にたくさんの単語が入るので、聞いていてとても忙しく感じる。

それに対して日本語詞の曲は、どれだけアップテンポな曲でも入っている単語の数はそれほどでもない。

少ない単語で感情や情景を表現しなければならない(することができる)とも言える。

これは良い悪いではなく、言語の違い、文化の違いである。

 

加えて、このようにメロディーへの言葉の乗せ方が違うと、歌い方が異なってくる。

先ほどのカントリーロードであれば、「To the place」なら「to」と「the」と「place」は分けるように歌うことになる。

「To the place」で1つの文節なので、そこで1括りであると見ることもできるが、どちらかといえば単語をはっきりさせる歌い方になると思う。

日本語なら「ずっと」という1つの単語なので、3つの音を繋げるように歌わなければならない。

英語が単語を強調するような強い歌い方になるのに対して、日本語は流れるように、音が変わるところでは波打つように歌うことになる。

そう考えると、ヒップホップというのは英語向きだと思うし、演歌などは非常に日本語向きな音楽だと思う。

この辺りの違いが、私の感覚に「邦楽はいいけど洋楽は。。。」と訴えかけてくるのかもしれない。

 

こんなことを思いついたので、先の後輩に話してみると「なるほど、朱天さんらしい考察です」と言われた。

「らしい」とは、どういうことだ。

しかし以後、彼が私に洋楽を勧めてこなくなったことから、私の主張は理解してもらえたのだと思っている。

いや、理屈っぽさに呆れられたのかもしれないが。