読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

日記 <2017.2.6〜2.12>

2.6(月)

出社。

私は普段出社するときは、5時に起きて2人分の弁当を作り、6時半くらいの電車に乗り、8時前に出社している。

妻の会社は始業が10時からと遅いので、8時くらいに起きているようである。

就寝時刻はまったく同じ0時くらい。

そうすると、1日2時間も使える時間に差が出ることになる。

睡眠時間の確保は大切だし、私の使える時間が2時間増えたからといって有意義に過ごせているとも思わないが、これだけ間近で違いをあからさまに感じさせられると、寝ている時間が長いのも考えものだと思う。

仕事はつつがなく終了。

社長との次年度予算の交渉が心配だったが、こちらの期待以上の数字を確保できた。

急な予定が入って今週の出張が延期になり、準備がバタバタしたため定時には上がれず。

帰宅時間が妻と重なりそうだったので、駅で待ち合わせて一緒に買い物をして帰る。

夕食は鯵の干物、豚汁、妻が作ったインゲンの和え物。

妻が風呂に入っている間に、1日遅れで競馬の結果を動画で確認。

両重賞とも空振り。

東京新聞杯エアスピネルが沈む可能性も考えて3連複をボックスで買ったが、切ったブラックスピネルが来てアウト。

デムーロ乗り替わりと人気を嫌ったが、してやられた感じ。

きさらぎ賞は予想は悪くなかったが、固めだと思って3連単に走って失敗。

アメリカズカップは3番手評価だったので、頭では組んでなかった。

今年は的中率が悪く、いまだに固い筋しか当たらないので、そろそろ諭吉1人分くらいは負けているか。

 

2.7(火)

関西出張。

午前中から昼過ぎまで大阪は堺、その後、京都は福知山を経由して最後は福井の小浜へ。

朝から街中でも雪がチラつく寒空。

運転時間が長く、車の暖房で身体が乾燥する。

小浜では取引先の女性スタッフたちと懇親会。

同世代女性のマシンガンなぶっちゃけトークを聞きながら、気付いたら3時間も経っていた。

おっさんらに酌をするような飲み会よりは、遥かに楽しかった。

適当に予約した料理屋だったが、女将が次々とオススメを持ってくる、若干押し付けがましい店だった。

ただし値段は高過ぎなかったし、味は抜群だったので、コストパフォーマンスは良い方か。

まぁ経費なので、私の懐が痛むわけではないが。

帰りには、「少し早いですが」とチョコレートをもらった。

わざわざ準備してくれるなんて、良い子たちである。

夜は敦賀に移動して1泊。

到着した頃には日付が変わっていた。

 

2.8(水)

起床後、二度寝する。

少し疲れているよう。

まぁ出張時は取引先の始業まで時間があるので、朝は遅くても問題ないのが素敵である。

小浜から移動して滋賀は大津近辺をうろうろ。

新規開拓であちこち回ってみるも、不在が多くてスカばかり。

そんな感じでブラブラしていると、図らずも栗東トレセンの近くに来ていた。

林に囲まれていて、中の様子は窺い知れない。

この中で競走馬たちがトレーニングに励んでいるのかと、少し感慨深く思いながら通り過ぎた。

結局、この日は大した仕事の収穫はないまま、翌日の目的地である彦根まで移動して宿泊。

飯は1日中、スーパーの惣菜と菓子パン。

健康には悪かろうが、1人の時間は数少ない好きなものを食べられる時間でもある。

 

2.9(木)

前日の夜、強烈な眠気を感じたため21時に床に着いたら、起床したのは7時だった。

10時間睡眠。

やはり疲れているようだ。

彦根は朝から雪。

先月もこの辺りは例年にない大雪で、小売は客足が遠のいて、取引先も売上が激減していたらしい。

普段は雪の影響など、交通機関の遅れでしか感じないが、なるほどそういったところから遠回しに自分にも影響が及ぶことがあるようだ。

もしかしたら週末の競馬も怪しいかな、などということが頭に浮かぶ。

彦根から大阪に移動して営業。

タイミングが悪く取引先で待たされる時間が長かったので、大した仕事はできなかった。

夜は実家で一泊。

自分で料理を作っていると、母親の料理の腕前というのは流石だなと思わされる。

自分で作るときも、その味を再現しようしてしまう。

そう考えると幼少の頃の家庭環境というのは、その人の人生を決定づけるものになり得るなと思ったり。


2.10(金)

のんびりと起床して、まったり仕事。

大阪北部を営業して回る。

微妙な時間のアポイントになったので、ほとんど仕事を入れられなかった。

ただ新しい取引先の訪問だったので、中身は濃い方か。

さらに新規の見込み客を紹介してもらえたので、十分過ぎる手土産になった。

少し早めの新幹線で家路につく。

新幹線の中では久々に競馬新聞に目を通した。

天候も出走馬も、日曜の京都が俄然気になる。

マカヒキ、どうかなぁ。

帰ったら、妻がシチューを作ってくれていた。

しかし前日に作ったシチューの水分が飛んで、プリンのようになっていてアワアワしている。

それと「もう1品」と言って作ってくれた料理が、なぜか大根と薄揚げの甘辛炒め。

作っておきながらシチューとの相性を心配したり、そもそもシチューが失敗したと嘆いてみたり、なかなか忙しい。

まぁ、それも可愛いってことで。

味は良かったし、少しずつ覚えていってくれれば。

出張中にNHKの集金が来ていたようで、妻が支払いの手続きを取ってくれていた。

払うのはいいのだが、アパート全体がBSが入るからと、衛星放送の料金も徴収されている。

BSなんて見ないので、仕方ないのかもしれないがどうも釈然としない。


2.11(土)

何も予定がなかったので、午前中はのんびり過ごす。

レシートを家計簿にまとめたり、まだ残っていた手続き関係の書類を片付けたり、食材の買い出しに行ったり。

我が家では、私が家計簿をつけることにしている。

基本、生活費は私がすべて払い、妻の給料で妻の小遣いと貯金を賄う。

妻が支払った生活費は、あとからまとめてキャッシュバックすることにした。

私の小遣いは、どうせ大した金額を使わないので、いくらとは決めていない。

私の小遣いは家計簿上は金額の区別はしているが、何に使ったかの明細は伏せてある。

競馬資金がさりげなく混ざっていることは言うまでもない。

昼食は私が作った、ネギとホウレンソウの和風炒め、豆腐とわかめの味噌汁。

午後は近くのオシャレなカフェでお茶をして、それから2人でカラオケに。

アイドルソングを熱唱する妻と、ロックやポップスからアニソンまで幅広く流す私。

全然共通点がないので、履歴がカオスになるパターン。

夕食は麻婆茄子、卵スープ、いただき物のシュウマイ。

レシピを見ずに適当に麻婆茄子を作ったら何か足りない感じになり、調べたら甜麺醤というのが抜けていた。

味噌と砂糖などで代用は利くらしい。

覚えておく。

クイーンカップは3連複が引っかかるも、わずかにトリガミ

3頭で3連単ボックスを組むときに、着順上位4頭のうちアドマイヤミヤビを切っていた。

レーヌミノルがもう少しやれるかと思ったが、展開やコースの恩恵は勝ち馬向きだったか。


2.12(日)

1年以上ぶりに個人レース、印西スマイルマラソンのハーフ。

こちらの内容は別記事に。

運営がいろいろ杜撰で不満たらたらの人が多かった。

練習代わりに良い時期で、良いコースだとは思うが。

帰りの電車で、隣席の若い女の子が道中ずっと肩にべったり寄り掛かって寝ていて、「すわ、ハニートラップか!」と思った。

帰ってシャワーを浴びて着替えてから、妻と買い物。

ハーフマラソンで酷使した足で歩き回らされ、非常に辛かった。

妻がスチームオーブンレンジを欲しがっているのを、金がないと必死にかわす。

妻は一人暮らしの経験が少ないので、家計に鈍感なところがあると思っている。

加えて、実家の家電などと同じレベルのものを欲しがる。

そりゃ私が義父と同じだけ稼げてたらいいですが。

夕食はナポリタン、サラダ、インスタントのコーンスープ。

ナポリタンは若干失敗。

競馬は重賞2つ。

共同通信杯はムーヴザワールドの単勝と、ビルズトレジャーと人気3頭のワイドのみ。

エトルディーニュを買っておらずハズレ。

スワーブリチャード強かった。

京都記念は着順上位4頭の組合せで3連単のみ買っていたが、スマートレイアーは3着までしか考えてなかった。

マカヒキが一つ前だったら。。。

この日はかなり疲れていたので21時頃には就寝。

妻はバレンタインのお菓子を作っていたよう。