異呆人

毒にも薬にもならない呟き

圧倒的な小池都知事の人気に思うこと

先日の東京都千代田区長選挙は、現職の石川候補の圧勝に終わった。

小池都知事の支持を前面に打ち出して自民推薦の候補と対決し、見事に世論を味方につけた。

もはや石川さんが勝ったんだか、小池さんが勝ったんだかわからないほどである。

夏の都議選に向けた前哨戦の位置付けにされてしまい、千代田区の区政の問題というのは置き去りにされてしまった感がある。

まぁ、千代田区は丸の内や秋葉原を抱える特殊な地域だし、金は腐るほどあるだろうから、あまり問題ではないのかもしれないが。

投票率もかなり高かったようだが、関心は区政というより、やはり「小池対自民党」の構図にあったのだろう。

以前にもたびたび触れているが、私は好き嫌いのレベルであまり小池さんが好きではない。

それは彼女が有能か無能か、善人か悪人かとは関係ない。

政治家とパフォーマンス - 異呆人

民主主義と政治の皮肉 - 異呆人

都知事選の感想 - 異呆人

 

上記記事の中で、「小池新党」が自民党に単独で勝つことはないだろうとしていたが、今回の圧勝ぶりを見るに、小池支持派単独での議会過半数は十分に可能な範囲になってきた。

それこそ、国政に打って出てもある程度戦えるのではないかと思えるレベルになりつつある。

少なくとも、維新の会と同程度の存在にはなれるだろう。

ものすごく大雑把に言えば、「小池新党」は維新の会の東京版のようなものである。

理念はまったく別だが、既存勢力との対決姿勢を打ち出して民意を得る「劇場型」の政治手法を取る点でよく似ている。

だからあまり好きになれないのだが。

これは一時期、旋風を巻き起こした、小泉元首相が多用した戦法である。

見ている方はドラマチックで面白いが、政治はドラマでなく大事なのは中身である。

 

さて、千代田区長選の結果からも、小池さんが圧倒的な人気を得ていることは明白である。

だが個人的には、なぜそれほど評価されるのかわからない。

「頑張って!」という応援票のようなものだろうか。

区長選の応援など、今、彼女が行なっていることは、ただの多数派工作である。

確かに都政を自分のやりたいように円滑に進めるためには、自分に近い人間で周囲を固めてしまう方が良い。

しかしそれはただの体制作りであり、実際にその体制を築いて何をするかは別の話である。

今のところ打ち出されている「高等教育の無償化」や、「保育士の給与の増額」などは評価ができるが、築地市場豊洲移転や五輪会場の選定問題などは迷走している感がある。

豊洲移転の問題は小池さんだけの問題ではないが、舵取りできているかどうかは怪しい。

悪くはないが良くもないというのが、現状の客観的な採点ではないだろうか。

 

どうもただの立ち回りをしているというか、政治ではなく政局をやっているように思えるのが気に食わないのだ。

自民党を「敵」として位置付けて自分の評価につなげることはできるかもしれないが、それでどうするといっても「じゃあ天下を取りますか?」という感じでしかない。

何がしたいのか見えてこない。

目立ちたいだけではないのかと思ってしまう。

まぁしばらくはお手並み拝見の状態が続くのだろう。

それより情けないのは自民党である。

大人しくしていればいいものを、千代田区長選に対立候補を立てて大敗するとか、バカのすることだと思う。

客観的に見て勝ち目の薄い戦いに乗り出すだけの、政策的重要性があったとは思えない。

そもそも都知事選に負けたのだし、今、小池さんがやっていることもまだ評価できない状態なのだから、しばらくは様子を見ているのが妥当だろう。

小池さんに粗が出れば攻めればいいし、うまくやっているなら都政がうまく回っているのだから協力してあげればいい。

感情的になっている気がするが、そうであるなら政治家としては三流ではないだろうか。

 

好きなだけ書いたが、私はもう東京都民ではなくなっているので、とやかく言う資格はない。

都民の皆さんは、自分たちのためにも冷静になって評価してほしいものだなと思う。