異呆人

毒にも薬にもならない呟き

目指せアベレージヒッター 〜阪神JF、カペラS、チャレンジC〜

現在の回収率と的中率。

回収率:77% 的中率:24%

先週の負け越しが響いてじわり低下している。

あまり数字にこだわるつもりはないが、予想の方もいまひとつだったので改めて気合を入れ直す所存。

年内は買い方もいろいろ試して、ある程度自分の型を作りたいなと思っている。

そのためにはしっかり考えることと、とにかくチャレンジすること。

今週は買うレースを4レースに絞ってみた。

 

チャレンジカップ

予想

◎ 8:タッチングスピーチ

◯ 2:ダノンメジャー

▲ 16:ディサイファ

▲ 1:フルーキー

△ 15:マイネルハニー

△ 9:ケイティープライド

 

買った馬券

馬単 ・8→1、2、9、15、16

   ・2→1、8、9、15、16

3連複軸1頭ながし ・8ー1、2、9、15、16

 

例年荒れているレースで、今年も力が抜けている馬がおらず、荒れそうな雰囲気。

本命は後方一気のタッチングスピーチ

さすがにエリ女を叩きに使ったとは思わないが、2戦目だし、G1組の中では比較的斤量も軽めなので狙い目ではないかと思料。

相手は逆に先行組のダノンメジャー。

逃げ馬のマイネルハニーとのバランスが微妙だが、うまくハナを取れれば粘り込みが効きそうな気がする。

トップハンデでなければ本命に推したいディサイファ阪神で5-1-0-1のフルーキーは外したくない。

ハナ争いの状況次第では、マイネルハニーも前残りする可能性がありそう。

穴は斤量最軽量でハンデ戦はお得意のケイティープライドで。

馬券は本命と対抗から馬単をながし、3連複で勝負する感じ。

結構穴目の馬から買っているので、当たればデカイがどうかなぁ。

 

結果

15ー4ー9

 

△ばかり来ても何にもならない。

予想がまったくさえない結果に。

ダノンメジャーがもう少し粘れるかと思ったが…。

ベルーガは最初は軸まで考えたが、2000主体で1800の戦績がイマイチで、差し届かないかと思って切ってしまった。

軸の選択が難しかったなぁ。

もう1レース買っていた中山11Rは、馬単と3連複が的中したが、ガチガチの結果でかなり安かった。

2レース合わせてややマイナスといった収支。

結局固めのレースしか当たらないのは、自分の予想がその程度だという証拠。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ

予想

◎ 18:リスグラシュー

◯ 2:ソウルスターリン

▲ 11:ジューヌエコール

△ 1:ディーパワンサ

△ 4:レーヌミノル

☆ 16:シグルーン

 

買った馬券

馬単 ・18→1、2、4、11、16

   ・2、11→18

3連複軸1頭ながし ・18ー1、2、4、11、16

3連単 ・18→2、11→2、11

     ・2→18→11

 

さて本番。

2歳重賞は私にとって比較的相性が良いのだが、それは固めの決着に終わることが多いから。

今回も人気を二分しているソウルスターリングとリスグラシューのどちらかに軍配が上がると思われる。

問題はどちらを本命にするか。

地の利やこれまでの戦績や内容を考えると、リスグラシューの方が安心して期待できそうなので本命に。

前走アルテミスSでも本命に推して期待に応えてくれたので、ここでも続けて頭で買いたい。

無傷の3連勝で3戦連続上がり最速のジューヌエコールも本命級。

オッズからすればこちらを軸にするのも面白い。

前走はもたついたが上がりの脚なら引けを取らないディーパワンサまでが、個人的に積極的に買いたい馬。

レーヌミノルは距離がどうかという気がするが、状態は良さそうだし、このキャリアなら対応できるかもしれないので押さえておいた。

穴はシグルーンで、好位から粘って2,3着に入ってくれると美味しい。

ヴゼットジョリーやアリンナも気になるが、これだけ揃えば切るしかないかな。

馬券はリスグラシュー軸に馬単と3連複。

オッズが大してつかない人気どころの組み合わせだけ、3連単で買い増した。

 

結果

2-18-4

 

馬単と3連複的中、そしてG1初勝利。

しかしいまいち喜べないのは、人気順1〜3番で着順も1〜3着が決まってしまい、配当が激安だったから。

ほとんど出した分が戻ってきた感じだが、ガミらなかっただけ運が良かったと思うべきかもしれない。

リスグラシューはスタートで多少遅れたが、まずまず良かったと思う。

ここはソウルスターリングが強かったと言うべきだろう。

やはり怪物の仔は怪物なのだろうか。

こちらが固く決まったのであれば、儲けはもう1つの重賞に期待するしかない。

 

カペラステークス

予想

◎ 1:ノボバカラ

◯ 14:コーリンベリー

▲ 11:ニシケンモノノフ

△ 6:ゴーイングパワー

△ 7:ダノングッド

☆ 15:エイシンブルズアイ

 

買った馬券

馬単 ・1→6、7、11、14、15

   ・11、14→1

3連複軸1頭ながし ・1ー6、7、11、14、15

ワイド ・6ー1、11、14

 

例年荒れているらしいダートのスプリント。

荒れている中でどういう傾向があるのか、JRAのデータも参考にしながら印を付けてみた。

ダート1400での実績、前走間隔5週以内、年齢4〜6歳といくつかあるが、この条件で絞っていくと結局人気馬しか残らないという矛盾がちょっと悲しい。

本命はJRAダート1400で重賞勝ちのあるノボバカラ

近走の凡走が気になるが、前走の武蔵野Sでも◯印を付けてダメだった挽回を期待したい。

相手はこちらも人気のコーリンベリー

JBCスプリント3着の実績を評価。

ニシケンモノノフは休養明けが気になるが、実績を考えれば勝ちまであるかなと。

個人的な狙い目はゴーイングパワー。

オープンクラスまでなら勝負できるので、相手が強くなってどうかだが、中山での戦績も比較的良いので、良い線いくのではと期待。

あとはデータ的に厳しい馬が多くて買いづらいが、ダノングッドならギリギリ入れても面白いかなと。

エイシンブルズアイはダート初戦で検討不能だが、適性次第で一発は十分ありそう。

馬券はいつも通り本命中心に馬単と3連複。

今回は期待の穴馬ゴーイングパワーからワイドを追加。

 

結果

1-11-14

 

こちらも馬単と3連複的中。

予定通りハナに立ったノボバカラは、見事そのまま押し切った。

ただ、推していたゴーイングパワーがアタマ差4着に敗れたのが残念でならない。

もし3着に入っていれば、ワイド2点が追加で的中して、3連複もぐっと美味しくなっていたものを。

最後まで「粘れ!粘れ!」と心の中で叫んだが、奮闘むなしくという感じだった。

 

今週は4戦3勝にも関わらず、収支はほんの少しのプラス。

良いんだろうが、なんだか微妙な感じもする。

しかしよく考えれば、私は競馬を始めた当初「負けない競馬を目指す」と標榜していたではないか。

初めてのG1 〜スプリンターズS〜 - 異呆人

つまりこの現実が、そのまま私の予想であり買い方ということである。

それはそれで、私流の競馬として楽しめばいいのだろう。

ホームランは狙えないかもしれないが、打率3割超えのアベレージヒッターを目指したい。

幸い予想の調子は徐々に上がってきているので、このまま年末のドリームレースまで突っ走り、競馬始めの年を気持ち良く締めくくろう。