読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

マイルというと4x400mリレーを思い出す 〜マイルCS、東スポ杯2歳S〜

連続G1、2週目。

今週はマイルチャンピオンシップである。

1マイルが1600mなので、競馬に限らず「マイル」というと1600mの距離のレースを指すことが多い。

私は青春時代はずっと陸上競技をやってきた。

なので、「マイル」というと4x400mリレーを思い出す。

4人合計の走行距離が1マイルである。

 

人間の全力での有酸素運動の限界は33秒程度だと聞いたことがある。

どんなに速いランナーでも、400mを走りきることはできない。

だから400m走とは有酸素運動の限界を超えて身体を動かし続ける行為であり、最も過酷な陸上競技と言われることもある。

その400mをそれぞれが走ってリレーするのだから、マイルリレーにはドラマがある。

学生くらいまでの陸上競技においては、花形競技の一つだ。

今年のリオ五輪で日本チームが銀メダルを取った4x100mリレー、通称「4継」より、競技時間も長くて見応えがある。

残念なのは、400m走における日本人の競技レベルが世界のトップと程遠いため、マイルリレーもあまり注目されないことである。

機会があれば一般の人にも、ぜひ競技場で生のマイルリレーを見てほしいと思う。

馬に負けず劣らずの迫力がある。

 

さて余談が長くなったが、こちらは競馬の感想記事である。

負けが続いていてテンションは下がり気味だが、いつだって一発逆転を狙うのがロマンチストの宿命である。

先週は1Rから小銭を積み上げて勝負したが、まったく振るわず、というか1勝もできなかった。

今週は原点に立ち戻り、重賞メインレースだけで勝負したい。

その分、いつもより厚めに張ってみる。

まずは景気付けに2歳馬重賞から。

ちなみに私は、競馬を教えてくれた会社の先輩の勧めにより、予想に使う新聞は東スポにしている。

ここはぜひ恩恵に与りたい。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス

予想

◎ 6:ブレスジャーニー

◯ 1:ムーヴザワールド

▲ 9:スワーヴリチャード

△ 5:トラスト

△ 3:キングズラッシュ

△ 8:エルデュクラージュ

 

買った馬券

馬単 1=6、6=9、6→,3,5,8、1→9

3連単フォーメーション 6→1,9→1,3,5,8,9、1→6→3,5,8,9

 

3戦連続上がり最速、3戦連続今回と同じ府中の舞台を踏んでいるブレスジャーニーが本命。

馬場が悪くなっても走れそうだし、不安要素が見当たらない。

1番人気に推されている良血でルメール騎乗のムーヴザワールドも魅力的だが、新馬戦上がりでまだ荒削りなところがありそうだし、初輸送というのも心配材料。

爆走もありそうだが、3着外すこともあるかもしれない。

他に勝ち負けがありそうなのはスワーブリチャードか。

あとは3着探しで、トラスト、キングズラッシュ、エルデュクラージュ。

馬場が悪ければトラストにワンチャンありそうな気もするが、ここは買い目を絞ることにした。

芝は初めてでムーア騎乗というエルデュクラージュがちょっと不気味。

 

結果

6ー9ー1

 

馬単3連単、的中!

いや、久々に実入りがあって嬉しい。

当日は思ったより早く朝方に雨が降り、前日の夜に買ってしまっていた馬券が不安になる。

さらにレースは逃げ馬のマイネルエパティカが飛び出し、トラストがそれを追って先行する展開で、ぐんぐん先を行く2頭に「もしや」とさらに不安になる。

そんな中、ブレスジャーニーは直線に入って前が壁になり、そこからコースを見つけても外へ外へと追いやられる展開でヒヤヒヤしたが、最後はよく差し切ってくれた。

上位3頭がタイム差なしの見ていて面白いレースで、いずれも今後の活躍が楽しみになる馬たちである。

さて、気持ち良く勝てたことだし、ここはもはや私にとって鬼門と化しているG1を、同じように気持ち良く勝ちたいところ。

 

マイルチャンピオンシップ

予想

◎ 8:イスラボニータ

◯ 10:マジックタイム

▲ 2:サトノアラジン

△ 7:フィエロ 

△ 16:ミッキーアイル

△ 1:ディサイファ

☆ 4:ロードクエスト

 

買った馬券

馬単 2=8、2=10、8=10、8→1,4,7,16

複勝 14、18

 

図抜けて強い馬はおらず、非常に難解なレース。

馬券を買う人たちが頭を悩ませている様子は、私が馬券を買うタイミングでの1番人気サトノアラジンのオッズが、単勝4倍程度という数字から楽に想像できる。

さらに18頭立てで16頭が5歳以上という中年の戦い。

比較的若い馬を好んで買う私としては、さらに頭を悩ませる要因になる。

さらにさらに、天候がどうもはっきりしないことが予想を難しくしている。

 

悩みに悩んだ末、本命はイスラボニータ

昨年のこのレースで3着、マイルには実績があるし、休み明け2着の前走から上積みも期待できる。

さらに最後の決め手はルメール騎乗である。

パンパンの良馬場なら間違いなくサトノアラジンを本命にしただろうが、どうもレース前後の時間で雨が降りそうなので少し評価を下げた。

この2頭以外に1着まであると思うのはマジックタイム

渋めの馬場でも走れるし、上がりの脚もなかなかのものがある。

ルメール騎手からシュタルケ騎手へ乗り替わるが、ダービー卿CTではシュタルケ騎乗で勝っているし大丈夫だろう。

フィエロミッキーアイルは2着まではあっても、よほどの展開にならないと勝ち切れない気がする。

馬場が渋ればディサイファも3着以内はありそう。

ロードクエストを入れたのは、唯一の3歳馬として頑張ってほしいという期待込み。

ヤングマンパワーはそこまで強いと思えないので切った。

 

3連複で買ってもよかったが、3着くらいまでならどの馬が来てもおかしくないと感じたし、オッズが割れてて馬単が微妙に美味しかったので馬単で買った。

複勝買いのクラレントサンライズメジャーは、エリ女シングウィズジョイ2着を意識したシャレみたいなもの。

この2頭はデータ的には組み入れてもいいと思う穴馬なのだが、これだけ混戦模様ではそんな余裕はない。

ちなみに会社の先輩は、エリザベス女王杯シングウィズジョイ複勝買いしていたらしい。

それも、その複勝買い1点のみ。

百戦錬磨で「自信がなければ買わない」と言う人なのだが、よくわからない嗅覚のようなものを持っていると感じる。

仕事も嗅覚に頼りすぎるところがあって、そんなところが不安な人なのだが。

さておき。


結果

16ー8ー15


ミッキーアイルのレースだったなぁ。

イスラボニータが抜いてくれれば馬単的中だったが。。。

まあ、3着ネオリアリズムも4着ダノンシャークも入れてなかったので予想的には微妙な感じだし、惜しいというより外すべくして外した感はある。

自信がなかったので、あまり突っ込まなくて正解だったか。


結局、G1での勝利はまたもお預け。

本当に私にとって鬼門なのだろうか。

次週はジャパンカップ

めげずに次だ、次。