読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

美女に微笑まれるより牝馬に微笑まれたい 〜エリザベス女王杯、デイリー杯2歳S、武蔵野S、福島記念〜

久しぶりに予定のない週末。

外せない用事は、土曜の午前中に医者に行くくらいだった。

胃カメラを飲むかどうしようか迷っていたので医者に相談したら、「薬が効いているなら、もう少し飲み続けて様子を見ましょう」と言われた。

出された薬は1ヶ月分。

確かに1ヶ月も薬を飲み続けて完治しないなら、別の原因が考えられるかもしれない。

1ヶ月かぁ。

最近やることが盛りに盛られているので、きっとあっという間に過ぎてしまうことだろう。

 

さて、競馬の方はこの週末も重賞が4つ。

メインはG1、エリザベス女王杯なのは言うまでもない。

予定もなかったので、予想はのんびり家の片付けなどしながら考えた。

すっかり勝つ喜びから遠ざかっている感があるが、ここは1つ女王様のハートを射抜いて、ここからのG1戦線に弾みをつけたいところである。

 

武蔵野ステークス

予想

◎ゴールドドリーム

ノボバカラ

▲ソルティコメント

▲モーニン

△ロンドンタウン

△ブラゾンドゥリス

 

買った馬券

3連複軸1頭流し 8ー2,4,7,9,12

 

実力上位のモーニンが人気だが、どう考えても斤量59kgは楽ではないと思う。

なので本命は未だ3着内を外していないゴールドドリーム。

実績を考えれば古馬相手でも十分勝てるはず。

相手は追い切りが良さそうなノボバカラ

前走を不問にすれば近走の成績は良いし、鞍上がムーア騎手というのも心強い。

コース相性抜群のソルティコメントも外せない。

他、条件戦上がりの勢いを買って、ロンドンタウンとブラゾンドゥリスを。

キングズガードも入れたいところだが、人気どころばかり買えば妙味がなくなるので思い切って切った。

 

結果

11ー8ー3

 

1着タガノトネールの逃げがあんなに決まるとはなぁ。

軸は外さなかったが、他が全然ダメ。

次行こう、次。

 

デイリー杯2歳ステークス

予想

◎リナーテ

◯ジューヌエコール

▲タイセイスターリー

▲サングレーザー

△ディーパワンサ

△ベルカプリ

 

買った馬券

3連複軸1頭流し 2ー1,6,7,8,9

 

正直、全然わからない。

が、ここはあえて人気薄のリナーテを軸に。

サトノダイヤモンドの半妹という血統もあるが、単に初戦の舞台と同じというのが好条件だと感じた。

タイセイスターリーは気性面の難しさが気になるし、ディーパワンサは初めての右回りで初めての京都芝というのが気になる。

それからすれば、2連勝で不安要素の少ないジューヌエコールが固いところかなと。

あとは主にコースや距離との相性を考えながらベルカプリをチョイス。

 

結果

6ー3ー8

 

もうスタートした時点でリナーテが後ろすぎてだいぶ萎えそうになる。

上がりのタイムはまずまず良かったが、さすがにあれだけ後ろからまくる実力はなかったよう。

いずれにしても、2着のボンセルヴィーソが完全にノーマーク。

ものにできるレースではなかった。

先週の「惜しい」感は何処へやら。

土曜日は他に2レース買っていたが、お寒い結果に。

買った5レースすべて3連複が万馬券になっていたので、穴目をあまり買わない私には厳しい展開だった。

 

重苦しい気分のまま日曜日。

とても天気が良かったので、一瞬、府中にでも行こうかと思い立った。

だが、他にやることもいろいろあったし、こういう日に限って府中では重賞がない。

でもなんだか競馬気分だったので、朝から少額ずつ府中の全レースを買ってみる。

1Rから買うのは初めて。

そして物の見事にすべて外す。

予想が悪いのか、200円ずつ買っていたのが悪いのか。

たぶん両方なのだろう。

途中、ソファにパンチを入れてしまう悔しいレースを挟みながら、とうとうメインレースの時間に。

 

福島記念

予想

◎ダイワドレッサー

◯ダイワリベラル

▲ゼーヴィント

▲マルターズアポジー

△プロフィット

☆クランモンタナ

☆ウィンインスパイア

 

買った馬券

馬連流し 1ー2,3,11,12,13,16、12ー3,11,13

3連複 1ー12ー13

 

3連複で外し続けているので、趣向を変えてメインを馬連にしてみた。

小回りのコースで内枠有利、となれば本命は1枠1番ダイワドレッサー。

前走の秋華賞は残念だったが、実力十分の3歳馬だし斤量52kgというのも魅力的。

相手はコース相性が良く、叩き2戦目で力を発揮しそうなダイワリベラル。

実績十分で同じくコース相性の良いゼーヴィントも外せない。

土曜日のように逃げ馬がそのまま持って行く可能性もあるので、前走前々走と勝ち上がってきてコース相性も良いマルターズアポジーも有力。

重賞勝ちの実績のあるプロフィットも怖い。

あとは馬連流しなので、ちょっと気になった程度の穴馬として、ウインインスパイアとクランモンタナをチョイス。

ダイワドレッサーから流し、ダイワリベラルからも少し流し、安くなりそうな線だけは3連複で買い増し。

 

結果

3ー13ー1

 

「ほぞを噛む」って、こういうことなんだろうなと思った。

ダイワドレッサーは馬群を抜けた後、斜行したのが少し残念だった。

ゼーヴィントをかわして2着に入っていれば、馬連でも5,560円となかなかの戦果になっていたのに。

そして、なぜいつも通り3連複で流さなかったのか。

間違いなく買っていた筋である。

ダメな時というのはこういうものなのだろう。

終わったことは仕方ないことである。

 

エリザベス女王杯

予想

ミッキークイーン

マリアライト

クイーンズリング

タッチングスピーチ

△ヒルノマテーラ

△シャルール

 

買った馬券

3連複軸1頭流し 1ー2,3,4,8,14

 

予想もへったくれもない気がするが、こうなってしまったのだから仕方がない。

ギリギリまで迷ったのは、ミッキークイーンマリアライトのどちらを軸にするかということ。

直前まではマリアライトにするつもりだったが、やはりいろいろ考えてミッキークイーンに。

ミッキークイーンは捻挫明けで半年ぶりのレースになってしまうが、久々でも走る馬だし、末脚の切れはマリアライトよりこちらに軍配が上がる。

他の条件も実力もバッチリのマリアライトは、予想される良馬場でどうかというそれだけが気がかり。

年齢的なものもあるし、差し届かない展開になるとしたら、落ちるのはマリアライトである気がする。

前哨戦である府中牝馬Sを勝ったクイーンズリング、昨年3着で今年は鞍上にムーア騎手を迎えるタッチングスピーチまでは勝ち負けもあるかなと。

あとは3着穴馬探しの感じで、ヒルノマテーラとシャルールをチョイス。

パールコードは捨てがたかったが、秋華賞狙いだったと考えて切ることにした。

 

結果

3ー9ー1

 

やってくれたな、ルメール

まさかシングウィズジョイが2着に入るとは。

府中牝馬Sのときは穴馬扱いで買い目に入れていたが、さすがにエリ女で他の馬を差し置いて選ぶ気にはならなかった。

距離も長いと思ったけどなぁ。

まぁ4,5着も買っておらず6着がマリアライトなら、どうあっても良い結果にはならなかっただろう。

 

2度目の週末全敗。

これまでの短い経験から言えば、買うのはやはりメインレースに絞った方が良いだろう。

やるならそこで厚めに賭ける方が良い。

次はマイルチャンピオンシップ

負けを取り戻せるとは思えないし、そのつもりもないが、まずは気分良く勝ちたいところ。