異呆人

毒にも薬にもならない呟き

FX再開してみたが

少し前まで、3年ほどFXをしていた。

元手は10万までと決め、どこまでできるか挑戦しようと思った。

ある程度の期間、値動きの傾向を見極めてから、利用しているネットバンクでFX口座を開設した。

金融にはある程度通じているつもりでいたし、何とかなるのではないかと思っていた。

実際、取引を始めてからしばらくは好調に推移し、2年ほどで10万を50万近くにする手堅い取引ができていた。

ちょうど円高から円安にシフトしたタイミングで、相場が読みやすかったということもある。

 

しかし一時期の中国景気の不安による急激な円高を見誤り、せっかくの儲けをほとんど吹き飛ばしてしまった。

そこからじわりと復活したものの、今の水準まで円高が進むタイミングでまたもや相場を見誤り、追証を求められるレベルまで損失を出した。

FXはレバレッジ取引である。

小さな金額で大きな取引ができることが魅力で、大儲けできる可能性もあるが、一瞬で資金を溶かすリスクもある。

追証とは、損失が広がって小さな元手が足りなくなり、追加で資金を入れることである。

これをしないと建てた取引が維持出来ず、損失を確定するロスカットになる。

相場が逆に振れれば追証して良かったね、となるが、さらに損失が拡大すれば追証分まで溶けることになる。

 

私は損失は確定させてしまったが、元手が足りなくなり取引出来なくなったので、さらに10万の元手を追加した。

しかし再開した取引では利益が出せず、結局合計15万ほど損を出したところで止めた。

ちょうど結婚の話が出てきたところであり、資金の目処を立てなければならなくなっていた。

増やすとか減らすとか、やっている場合ではない。

まずは目先の用立てをすることが先決である。

 

それでしばらくFXからは遠ざかっていた。

為替の動向はチェックしていたが、どうも読みにくい展開が続いていて、止めていて正解だったかと思ううくらいであった。

にもかかわらず、最近FXを再開することにした。

一つは、当面の支出に目処がついたこと。

もう一つは、結婚後は小遣い制になるので錬金術が必要なことである。

レバレッジの効くFXは、少額の小遣いでやるにはちょうどいい。

もちろん資金を溶かさなければ、の話ではあるが。

大儲けを狙わなければ損も小さいし、そこは大丈夫ではないかと思ってのことである。

 

しかしながら数日で2万円超の損失を出している。

面白いように建てた取引の逆に振れ、高いときに買って安いときに売ることを繰り返している始末である。

相場観が完全に失われている。

相場の流れに乗る順張りをしても、反対に逆張りをしても、どちらでも損失を出しているのだから、ここまでくれば酷すぎて笑えてくる。

とりあえずしばらくは続けてみようかと思うが、これは早々に撤退の可能性も出てきた。

10万の元手で再開しているので、撤退の目安は半分の5万だろうか。

すでにデッドラインが見えているのが怖い。

 

相場は生き物である。

理屈では動いてくれない。

人間の思惑一つで、理屈に合わない動きを繰り返す。

だから長期投資でないFXやデイトレーディングというのは投資でなく投機であり、競馬と一緒で限りなくギャンブルに近い。

まぁ私の場合、それを承知でギャンブルをやっている感覚なので大きな問題はないが、本当に儲かると思っている人は気をつけた方がいいと思う。

儲かる人はもちろんいる。

それもそれなりの数いる。

だが大損する人もたくさんいる。

それも同じ数かそれ以上の数がいるのである。

馬券で飯が食える人がいるように、FXで飯が食える人もいる。

その一握りに入るためにリスクを承知で飛び込むことを、世の中ではギャンブルというのである。