読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

なるか3度目の正直 〜富士S、菊花賞〜

日曜日はG1。

馬券を買い始めてから3度目だが、G1は1度も的中していない。

G1が個人的な鬼門とかあまり考えたくないので、ここは3度目の正直として気分良く天皇賞(秋)に臨みたいところ。

その前に、土曜日は富士S

 

富士ステークス

買った馬券

ワイド 11ー2,3

3連複 11ー2ー1,8

 

芝・1600の実績では一番安定しているロードクエストを軸に。

というか、ロードクエストも信用しきれないが、それ以外の人気上位馬はそれ以上に信用しきれなかった。

ダノンプラチナは実力は十分だと思うが、昨年の富士S以来勝てていない。

ヤングマンパワーは確かに気になるし人気しているが、相手が強くなる今回はどうかなと。

イスラボニータはこの相手では実力上位だろうが、最近はどうも衰えが感じられる。

フルーキーは実績は安定しているが、6歳という年齢が気になる。

スローになって直線勝負になったときに置いていかれるような気がする。

 

とか、いろいろ考えているうちにわからなくなって、わからないから初めてワイドを購入。

ロードクエストも信用しきれないが、3着以内には入るだろうと思うし、それなら相手1番候補ダノンプラチナ、次はヤングマンパワーという組み合わせ。

ダノンプラチナヤングマンパワーのどちらかは3着以内に入るだろうし、どちらも入れば少しは美味くなる。

その後、富士Sと同時に土曜朝に購入した菊花賞の購入点数が思ったより減ったので、富士Sを3連複で買い足し。

ロードクエストがこけたときのためにダノンプラチナヤングマンパワーイスラボニータで3連複を買おうとして、「保険をかけても結局は外れる」という前回の教訓を糧に、少し穴目で可能性を感じるブラックムーンガリバルディを足した3連複に変更。

自分の予想を信じたが、この判断が結局は凶と出る。

 

結果

3ー4ー2

 

ですよね、こういうもんですよね。

ここ最近の負けはすべて軸がこけて負けていることが気になる。

それって、そもそも予想が間違っているということで。

全然気は取り直せないし、取り直している暇もなく菊花賞

ちなみにこの間、夕方から翌朝まで12時間襷を繋ぎ続ける地獄のリレーで奮闘。

さらに3時間だけ寝てから結婚指輪を買いに行くというハードスケジュール。

心身ともに摩滅しそうである。

 

菊花賞

買った馬券

3連単ボックス 1,2,6

3連複1頭軸流し 6ー1,3,4,7,8

 

実力的にディーマジェスティサトノダイヤモンドが2強なのは誰の目にも明らかで、問題は距離。

両方とも十分に勝てる可能性はあると思ったが、距離適性を考えてディーマジェスティの方がやや上かなと。

京都の長距離に強い蛯名騎手が鞍上というのも心強い。

1枠と距離適性を考えると、万一2強に勝ってもおかしくないと思ったのがカフジプリンス。

ということで、その3頭で本命の3連単ボックス。

 

もちろんそれが来れば嬉しいが、それで勝てるとも思っていないので、ディーマジェスティを軸に3連複も購入。

京都3000mということを考えて、ロスがありそうな7枠から外はバッサリ切った。

それから上位に食い込んできそうなレッドエルディスト、ミッキーロケットを加え、最後にレインボーラインとシュペルミエールで迷ってシュペルミエールを加えた。

レインボーラインを切った理由は、フルゲートでの福永騎手が信用できなかったからである。

 

結果

2ー11ー13

 

何度目かの、なんも言えねぇ。

直線に入ったときは良い感じに2強が出てきてこれはもしやと思ったが、ディーマジェスティは最後伸びきらずに4着。

おまけにレンボーラインもエアスピネルも買っておらず完敗。

これで4連敗。

坊主が2週続くといくら少額でも懐は寒いし、それ以上に軸ばかりこけてるので心が寒い。

まさかまさかとは思うが、私にとってG1は鬼門なのではないだろうか。

とりあえず、来週は何でもいいのでまず勝ちたい。

ジンクスは信じないので、何とかなるだろう。