読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

核ミサイルを撃ち込まれる覚悟はあるか

社会

結局前回の衆院選において憲法改正をほとんど争点にしなかった安倍首相であるが、最近またちょくちょく意欲を見せ始めている。

どれだけ隠そうが、ヤル気満々なのは見え見えである。

憲法改正=戦争のようなイメージを持つ人は多いので、どちらかというと不人気政策であり、だから選挙前はできるだけ目につかないようにしてあったわけである。

悠々と選挙を勝ち、党内でも安倍さん1強が鮮明になっているのだから、首相在任中に手をつけないわけはないだろう。

知らず知らずのうちに少しずつ進めそうな気がする。

いざ国民投票となったとき、国民はどんな反応を見せるのだろう。

 

 憲法改正と言うと、どうしても「自衛隊を軍隊に」というようなイメージを持たれるが、別に変えた方がいいか検討する箇所は9条だけではない。

だから憲法改正そのものに反対と言う人は、随分偏った考え方だなと思う。

もちろん争点は9条な訳ではあるが。

では、9条は改正した方が良いのだろうか?

それは単に戦争が良い悪いとか軍隊は必要ないとか、そんな倫理的な議論だけでなく、日本の国防をどう考えるかという現実的な議論もする必要がある。


要はスタンスの問題である。

攻め込まれても一切抵抗しないのか、防衛はするのか、自前で防衛せず守ってもらうのか。

あるいはイスラム国のような連中がのさばるのを黙認するのか、正義の名の下に鉄槌を下すのか、自分で手は出さないが応援はするのか。

それらの問題についてどう考えるかである。

戦争したくないのは皆同じである。

とはいえ理不尽な輩というのは、一個人に限らず国家レベルでも存在する。

いちゃもん付けて喧嘩を吹っかけてくる輩がいたとき、どう対応したらいいだろう。


今の自衛隊は喧嘩を吹っかけられたら正当防衛の範囲で殴り返すし、自分から手は出さないが外野で応援はする。

ただし、殴った相手を死なせるだけの力が十分にある。

力の使い道を制限されているとはいえ、それだけの力があれば立派な「戦力」じゃないですかと言われれば、ほぼその通りである。

今の憲法下では、自衛隊の存在そのものの違憲性が指摘される。

じゃあ現行の自衛隊憲法の枠内に収まるように憲法を改正しようというのは1つの考え方である。

それはいかん、そもそも自衛隊なんぞいらん、というのも1つの考え方である。


実際に、中国は日本の領土をたびたび脅かしている。

戦争までは仕掛けてこないと思うが、尖閣諸島をかすめ取るくらいのことは平気でしそうだ。

ウクライナではロシアがクリミア半島をぶん取った。

他所では現実に起こっている話である。

また北朝鮮はたびたびミサイル発射と核実験を行っている。

実際に核ミサイルを発射する能力があるかどうかは議論の余地があるだろうが、撃てると思って対策を考えた方が安全だろう。

日本は島国で戦後は直接的に戦争に巻き込まれた経験がないのでピンと来ない人が多いのだろうが、隣国がバンバン挑発を仕掛けてくる状況でも国防に関する議論が盛り上がらない日本は、ちょっと平和で呑気過ぎやしないだろうか。

核ミサイルを撃ち込まれる覚悟はありますか?、と問うてみたい。


私は正直、国防なんてどうでもいいと思っている。

世の中なるようにしかならない。

日本が滅ぶときは滅ぶし、戦争に巻き込まれるときは巻き込まれる。

そこに至るまでの過程がどうあろうと、あるいは結果がどうあろうと、それも人生と受け止めるだけである。

ガンダムWリリーナ・ピースクラフトのように完全平和主義を唱え、非武装で理想と意地を通すのも素敵である。

だが現実的には領土と国民を守る方法を考えた方が良いのだろう。

それが自前で守るのか、守ってもらうのかはどちらでもいい。

自前で守るならもっと防衛について真剣に考える必要があるだろうし、それなら日米同盟の見直しや自衛隊の海外での活動をやめてもいいと思う。

守ってもらうなら国際社会と協調する必要があるし、その場合は他国での戦争に対して知らぬ存ぜぬは通じないだろう。

いずれにしても自衛の戦力は必要だし、そうなれば憲法改正が必要になる。

改正するなら、思い切り力の行使に制約をかける必要があるが。


安倍さんの下での憲法改正だと、その制約が甘くなりそうで仕方ない。

国民の内閣に対する信任と、個別の政策に対する信任は別だということをきっちり自覚してほしい。

選挙に勝ったから何でもやっていい訳ではない。

自信がないのも考えものだが、過ぎれば墓穴を掘るものである。

掘った墓穴に納まるのが本人だけなら構わないが、国民を道連れにすることは勘弁願いたい。