読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

売りたいものを売る人から買いたいものを買う

はい、恒例のお題記事。

買い物とか言われても、私は基本的に必要最低限のものしか買わない。

しがない安月給のサラリーマンに、何かちょっと面白いものや小洒落たものを買って、それをレポートするだけの余裕はない。

買い物関係なら以前に書いた他の記事の方がふさわしい気もするが、今回は視点を変えて、以前から気になっていることをこじつけて書こうと思う。

サービスの価格 - 異呆人

もやしが安い - 異呆人

 

それは「保険の販売手数料の開示について」である。

保険という商品は、契約すると販売した人に手数料が入る。

その手数料をいくらもらっているか開示しなさい、というのが金融庁からのお触れである。

保険販売は以前は職域販売、つまり会社に生保レディさんたちが回ってきて契約をお願いして回るのが主流だった。

しかし最近はセキュリティ関係から外部の者が気軽に出入りするのが難しい会社が多くなっており、職域販売はかなり下火になっている。

代わって出てきたのが保険ショップである。

乗合代理店の形態をとるところが多く、1つのお店で複数の保険会社の商品を比べられ、代理店の販売員が最適な商品を提案してくれるというのが売りである。

 

しかしここで投げかけられた疑問が「『最適な商品を』とか言いながら、あんたら自分が売りたい商品を売ってないか?」というものである。

手数料が高かったり、キャンペーンで実入りが多くなるような商品を優先的に勧めている可能性が指摘されているのである。

保険という商品は複雑でわかりにくいところがある。

それを「わかりやすく説明してあげますよ」と言っているプロの側が、自分たちの利益になるように顧客を誘導していると言うのである。

まぁ保険ショップだって商売だから、売りたいものを売るのは当然だし気持ちはわかる。

ただ「中立」とか「公正」とか「最適」を謳いながら、偏ったアドバイスをするのは良くないのではないか、という話である。

手数料が顧客に明示されれば、顧客自身が疑いの目を持つきっかけになる。

というか保険会社側の手数料競争がなくなって、投資信託と同じようにほぼ一律になるだろう。

そうなれば代理店からすれば何を勧めても同じになり、文字通り最適な提案がなされる可能性がある。

それはそれで一つの形である。

すでに大手銀行が主に貯蓄性のある一部の商品について開示を決めている。

個人的には手数料は掛け捨ての医療保険等の方が高く設定されていると思うので、そちらにもメスを入れなければあまり意味がないと思うが。

 

さて、これは別に保険というような特殊な商品に限らず、日頃どんな買い物でも起こりうることだと思う。

つまり「売る側は売りたいものを売る」ということである。

当たり前である、商売なのだから。

もちろんそれは顧客のニーズを満たしていないとそもそも販売できないわけだが、そのニーズの中でどうやって売りたいものを買ってもらえるかが、ある意味では売る側の腕の見せ所とも言える。

その姿勢そのものは、一概に否定できるものではないのではないだろうか。

 

私は大学に入ってすぐ、原付バイクを購入した。

日常の足として必要に迫られて購入したものだった。

だから原付バイクについて何の知識もなかったし、乗れれば同じじゃないかぐらいにしか思っていなかった。

そこで当時住んでいたアパートの近くの中古バイク屋に行って品定めした。

見てもわからない。

デザインについても希望はない。

値段も同じようなものである。

あまりに選択する基準がなかったので、店の人に「オススメはどれですか?」と間抜けなことを聞いてしまった。

初めて行った居酒屋のようである。

 

店の人はちょっと逡巡した挙句、「これですかね?」と1台の古そうな原付バイクを指差した。

ヤマハのスーパージョグZという原付バイクである。

名前に「Z」なんて付けて、無駄にカッコ良さをアピールしているところも古めかしい。

そして古そうな割に、値段は他のバイクよりほんの少し高いくらいだった。

店員はどこがオススメなのか言わなかった。

私は「古そうなのにやや高めとは、きっと性能が良いに違いない」と勝手に推測して購入を決めた。

バカである。

 

乗ってみると、スーパージョグZは他の友人が乗っていた原付バイクと比べて加速が抜群だった。

うっかりウィリーをかましたこともある。

確かに性能は良かったかもしれない。

しかしたびたび故障した。

古かったこともあるだろうが、乗っていた4年間で買った金額と同じくらい修理に費やした。

別に私は原付バイクに驚異的な加速力など求めていなかった。

まあ原付バイクに何を求めるか、私自身はっきりしていなかったというのもある。

だがあれだけ修理させられると、あの店員はオンボロを処分したくて売ったのではないかと疑いたくなる。

安易にオススメなど聞くものではないなと反省した。

 

売る側は売りたいものを売ろうとするのが普通である。

だから買う私たちは、相手のそういう姿勢を見抜く目を持たなければならない。

こういう穿った視点で買い物をしていると、なかなか面白かったりする。

必死に自分の売りたい商品をアピールする店員と出会うと、それが逆に滑稽に見えてきたりする。

また反対に、さりげなく且つ論理的に売りたいものへと誘導する店員と出会うと、上手だなと感心したりする。

大切なのは、私たちが買いたいものを買うことである。

つまりそれが相手の売りたいものであろうとなかろうと関係ない。

だから買い物をする際は勧められるままに買うのでなく、一歩引いてそれが自分に必要なものか考えることが必要である。

まあ、相手の売りたいものが買いたいものであればベストなのだろう。

いやそもそも、売りたいものを相手の買いたいものにする店員が凄腕なのだと思う。

 

私などはあまり選り好みせずにものを買うことがあるので、反省したにも関わらず「オススメ」を聞いて買うことがある。

売りたいものを売らせてあげる。

私に不都合がないのであれば、それで世の中Win-Winである。

巧妙に自分の売りたいものを勧めてくる相手には、その腕前に対する賞賛を込めてオススメを買うこともある。

そんな変な楽しみ方をすることもある。

小さな買い物にもそういった攻防があるのを自覚するとなかなかに面白い。

店員の笑顔の下に隠れているものは、結構邪悪な欲望ではないかと思う。

 


それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー