異呆人

毒にも薬にもならない呟き

買い物におけるポイントシナジー

私はポイントが大好きである。

買い物をしたときのポイントカードも好きだし、クレジットカードのポイントや電子マネーのポイントも好きである。

貧乏性でケチなので、少しでも得をしたいと考えてしまう。

最近は特定の店のポイントカードを使うことは少ないが(せいぜいよく使うビジネスホテルのポイントカードくらい)、電子マネーやクレジットカードのポイントはフル活用している。

ポイントのために店を変えたりするのは煩わしいが、貯められるところではしっかり貯めたい。

だからどこで何を買ってもポイントが付くように、たくさんポイントカードや電子マネーを持ってしまっている。

 

例えば電子マネーであれば、nanacoWAONも持っている。

私はパンや惣菜などは7&iが好きなので、nanacoの方が圧倒的に使用頻度は高い。

WAONを使うのはイオン系のスーパーか、コンビニならミニストップくらいである。

nanacoWAONもポイントはそのままチャージできるので大変便利である。

私は少額でもすぐにポイントに変えてしまう。

それが一番効率良くポイントを使う方法である。

 

あとは電子マネーならsuicaicocaもよく使う。

交通系ICは精算時にポイントが付くわけではないが、コンビニで小銭を出さずに済む恩恵は大きい。

私の場合、suicaビュースイカにしているので、クレジットでのチャージ時にビューポイントが貯まる。

icocaはスマートイコカにしているので、同じくクレジットでのチャージ時にJ-WESTポイントが貯まる。

ビューポイントはsuicaのチャージには使えないが、意外と交換できる商品のコスパは良い。

以前、2000ポイントくらいで4000円分のルミネ商品券に交換できたことがある。

J-WESTポイントはそのままicocaにチャージできる。

これはこれでかなり美味しい。

私がsuicaicocaも持っているのには訳がある。

suicaは以前の定期区間がJRだったのでビュースイカにした。

icocaは新幹線に乗るときのEX-ICを作る際に、スマートイコカを作った。

今は交通系ICは何でもOKというところが増えたが、地方のバスに乗る際はどちらかしか使えないこともある。

私のような出張族には、両方持っていると意外と便利なのである。

 

クレジットカードは今はAMEXのANAゴールドをメインで使っている。

使用量に応じて最大3万マイルがもらえるという、その時やっていたキャンペーンに乗っかった。

年会費がバカ高いが、3万マイルなら十分ペイしてお釣りが山ほど来る。

私は出張経費を自分のクレジットで精算するので、クレジットの使用量が毎月何十万とか恐ろしいことになっている。

もちろん経費だから会社負担だが、それが自分のカードを通過することでマイルが貯まるのはかなり大きい。

まぁ会社によってポイントの処理の仕方の規定は違うようだが、今のところ私の会社では個人でもらっていいようになっている。

本当は1年で解約しようと思っていたが、タイミングを逃してまだ使っている。

少なくもと年会費分は今でもマイルで受け取れるので、得をしている状況には変わりない。

あとは上記のビュースイカと、スマートイコカと連携しているJ-WESTカードが主力クレジットである。

AMEXはたまに通らないところがあるので、そのときはJ-WESTカード(VISA)をセカンドとして使っている。

 

あとは電子マネーでもクレジットでもないポイントカードがたくさんある。

主にはTポイントとPonta楽天ポイントである。

TポイントはTUTAYAファミリーマートENEOSでよく使うし、他にも使える店が多い。

最近はソフトバンクと提携したおかげで、yahooショッピングやソフトバンクの携帯の支払いに充てられるのも嬉しい。

Pontaはローソンで使うことも多いが、最近はリクルートと提携してじゃらんポイントもPontaに統合されているので、そちらで貯めることも多い。

出張族の私にとって、じゃらんポイントはとても大きい。

楽天ポイントはほとんど使うことはないが、楽天市場で買い物をするときやサークルKサンクスで買い物をするときに使っている。

 

これらのポイントはワンアクションで複数貯められることも多い。

私はそれを勝手にポイントシナジーと呼んでいる。

例えば、じゃらんでホテル予約をしてリクルートポイントを貯め、決済はANAカードを使えばマイルも貯まる。

ファミマでTカードを提示してポイントを貯め、icocaで支払えば間接的にJ-WESTポイントも貯まる。

J-WESTポイントは新幹線の利用で貯まる分が大きいが、新幹線を使えばクレジットを利用した分のJ-WESTポイントとは別にグリーンポイントが貯まり、一定以上のポイントを使えば無料でグリーン車にランクアップできる。

他にもいろいろな組み合わせがあり、そんな感じで私は猛烈にポイントを貯めている。

 

特に私は経費でクレジットを使う金額が大きいので、ポイントだけで年間に何万円分も貯めている。

マイルと合わせれば現金換算で10万円は軽く超えていると思う。

私のように稼ぎの少ない小市民には、このポイントというのはバカにならない。

多少の労力はかかるが、それに見合うだけの見返りは十分あるのである。

だからこそ、どこで何を買っても極力ポイントが付くようにしている。

その結果クレジットや電子マネーを使うことが増え、現金を使う機会がめっきり減った。

それはそれで財布がスマートになってよろしい。

 

日本人はクレジットカードを使うことに抵抗がある人が比較的多いらしい。

私も昔は現金派で、社会人になって数年はクレジットカードを一切使わなかった。

きちんと管理しないと収支の把握が難しいし、使いすぎることが怖かった。

でもある程度家計のフローに余裕ができれば、カードを使ってポイントを貯めない手はないと思う。

収支管理ということであれば、以前記事にしたように家計簿アプリを連動させれば、クレジットの使用状況は自動で把握できるようになる。

余裕がないからこそ、少しでも得になるようにお金をやりくりしたい。

それこそ、「ポイントなんか知らないわ」と言えるセレブには関係ない話なのだが。

syuten0416.hatenablog.com