異呆人

毒にも薬にもならない呟き

サービスの価格

指輪を探している。

結婚指輪である。

婚約指輪はいらないそうで、代わりに二人でペアウォッチを贈り合いたいそうだ。

私は指輪なんて女性のものだと思っているので、彼女の好きにすればいいと思っている。

いらないというものを無理にあげたいとは思わないし、ペアウォッチがいいというならそれでいい。

時計には多少のこだわりはあるので私の意見も反映してもらっているが、結婚指輪はデザインから値段まで全部お任せである。

彼女は私の懐事情はわかっているので無理は言わない。

いろいろ考えて探してくれている。

そういう女性だから一緒にいることを選んだ訳でもある。

 

彼女に任せていると言っても、彼女も指輪に詳しい訳ではない。

そもそもアクセサリー全般をあまり身につけない。

私も一度ネックレスをあげたきりである。

お互いに結婚指輪を探し始めるまで、自分の指のサイズさえ知らなかった。

彼女は漠然としたデザインの好みはあるそうで、先日2人で百貨店に行ったら、ジュエリーコーナーを端から端まで歩きながら、好みの指輪をつけてみていた。

着け心地も彼女にとっては重要なようで、黙々と試着を繰り返していた。

多くを語らずひたすら試着を繰り返す彼女と、勧められても試着せずに横で黙って見ているだけの私は、もしかしたら変わったカップルだったかもしれない。

 

ひたすら試着を繰り返す彼女だが、最後にパンフレットを要求することがある。

このパンフレットの要求があったかどうかが、彼女の中で候補に上がったかどうかであると途中で気づいた。

ややせっかちな私からすれば慎重すぎる彼女は、気に入ればパンフレットを熟読し始めるのである。

それで結果的に迷うのだから時間がかかって仕方がない。

今回も、最後はきっと私が背中を押すことになるのだろうと思っている。

 

私が百貨店で買い物をする機会は多くない。

たまに質の良い手土産や贈り物を求めるときに来る程度である。

ジュエリーコーナーなんて素通りである。

一様に黒い服を着て微笑を浮かべている販売員の女性たちは、見方を変えればホラーですらある。

接客方法もほとんど同じだった。

次から次へと試着を求める彼女に対して次から次へと品を出すだけで、特にアドバイスをするわけでもない。

「あれもいいですね。これもいいですね」といった具合である。

大きな買い物なので客の意思を尊重するのが一番で、アドバイスなんて差し出がましいだけなのかもしれない。

そういうマニュアルがあるのだろうかと、横で眺めながらぼんやり考えていた。

 

たくさん試着することで彼女の中の条件が固まるのを、私はひたすら待つだけである。

まぁまだすぐに使うようなものでもないので、時間をかけて選んでくれたらいい。

そこで百貨店を見て回ることに飽きた私は、近くのマルイに移動することを提案した。

キラキラした宝飾品の輝きに目がやられて、ムスカ大佐のように叫び声を上げるところだったので、雑貨でも見て少し落ち着こうと思ったというのもある。

ところが、マルイに移動しても彼女はジュエリーコーナーに足を運ぶ。

火がついたら一途というか真剣なのは悪くないが、もうちょっと肩の力を抜けばいいのにと思った。

カジュアルなアクセサリーならともかく、結婚指輪をマルイで買うというのもどうかと、そのときは思った。

 

覗いたブランドの指輪はやたらと安かった。

販売員の女性曰く、「広告などにお金を使っていないから」だそうで、「品質には自信がある」とのことだった。

指輪の違いなど、私にはまったくわからない。

10金だろうが18金だろうが、嘘をつかれていても気づかないだろう。

ダイヤがたくさん付いていてキラキラ光っていれば高そうだなとは思うが、その程度の認識である。

機能があるわけではないので、材質が同じなら値段は安い方が良いと思うくらいである。

あとはデザインだとかブランドだとか、なのだろう

 

そのブランドの販売員は百貨店の販売員と違い、いろいろと会話をしながら私たちの様子を探ってきた。

彼女が「探し始めたばかりでまだよくわからない」と言えば、あれこれと具体的でちょっと生活感があったりするアドバイスをしてくれた。

あれだけ散々試着を繰り返しておきながら、指のサイズを測ったのはここが初めてだった。

客の属性を知ろうとしない百貨店の販売員たちは、誰1人、あれこれ試着を続ける彼女に指のサイズを尋ねなかったのである。

もしかして指のサイズを尋ねることは、年齢を尋ねるのと同じように失礼なことだったりするのだろうか。

単純に百貨店とマルイの客層は違うので、指のサイズを知らないような人間が指輪を買いに来ると思わなかっただけかもしれない。

 

メリットやデメリットを余すところなく語るその販売員に、私は非常に好感を持った。

基本的には低価格が売りなのだろうが、私たちが値段に対する反応が鈍いと見ると、デザインなどにアピールポイントをずらしていくあたりもテクニカルである。

勝手に採点をするなら、90点以上はあげられると思う。

もし私に決定権があったなら、そのブランドの指輪を買うことに決めただろう。

彼女も好感を持ったようで、パンフレットを要求した。

パンフレットが質素と粗末が紙一重な出来のものだったのには、ちょっと笑いかけたが。

私たちがそこを立ち去るとき、後からその販売員から購入を決めたらしいカップルがやってきていた。

きっと売上もトップクラスなのだろう。

納得である。

 

私は接客の良し悪しで、物の購入を決めることがたまにある。

検討して後から買いに行く場合に、名札で名前を覚えておいて指名することもある。

それは私が営業という仕事をしているからかもしれない。

サービスはタダではないと思っている。

良いサービスにはそれなりの対価と敬意を払うべきだと思っている。

 

日本にはチップの文化がない。

サービスそのものに対価を払うという感覚がない。

サービスはサービス(無料)で、良いのが当たり前で悪ければ叩かれる。

対価がサービスを提供する従業員に直接的に跳ね返らないので、良いサービスというのは提供する側の心がけ次第ということもできるかもしれない。

もちろん、良いサービスは最終的にはその企業の利益に貢献するわけで、だから企業は良いサービスを従業員に求めるわけで、求められるから従業員も渋々サービスを改善しようとするということも言える。

ただ本当に良いサービスというのは、そこに注がれる姿勢が本物であるとすぐわかる。

「プロ意識」というものに近い。

売る側の矜持が垣間見えるのである。

私なんぞは、その仕事に対する熱意にほだされてしまうところがある。

 

件の販売員は、最後に「たくさん見て回られた方が良いですよ」とアドバイスをくれた。

本心でそう思ってアドバイスをしてくれているなら親切だし、「たくさん見ても自分のところに戻ってきてくれる」と思っているなら、尚更大したものである。

そんな話を彼女にしたら、「そうだね。大きな買い物だと、最後は『この人から買う』って感じになるのかもね」と言っていた。

それは私がいつも営業する上で目指している境地でもある。