読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

お金はなくても幸せになれるが、ないとできないことはたくさんある

お金持ちが嫌いだ。

お金を持つことが嫌いなわけではない。
お金を稼ぐために仕事をしているわけだし、少ないお金を少しでも増やそうと資産運用しているし、あわよくば一山当てたいという下心はある。
たぶんお金持ちが嫌いなのは、憧れからくる嫉妬心の裏返しだと思っている。
私の実家はサラリーマンではないが、取り立てて裕福でも貧乏でもない普通の家庭だった。
私自身の年収はようやく400万を少し超えたところで、私の年齢からするとやや少ないかもしれないが、不自由を感じるほどではない。
大学在学中の奨学金が400万ほどあったが、繰上げ返済を繰り返して既に完済している。
おかげで貯金は少ないが、私の生活費は300万ほどで収まるので、計算上は年間100万くらいは貯金できるはずである。
都内で一人暮らしであることを考えれば、比較的節制した生活を送っていると思っている。
過度の節約はしていないし、それでストレスを感じることはない。
 
学生の頃はもっと節約していた。
今でも周囲から倹約家の烙印を押されているが、あの頃はもっと酷かった。
100円の高カロリーなスナック菓子を食事代わりにし、これで1000kcal摂取できる、とか思っていた。
いろんな意味でハングリーだった。
そもそも、生きていく最低限のお金があればいいと思っていた。
家賃の安い地域なら、月20万あれば余裕を持って生活できる。
慎ましく静かに生活していきたいと思っていたし、それで幸せだったと思う。
 
私にとって幸せとは一瞬の感情のようなものである。
状態ではない。
だからそもそも幸せになることに興味はない。
いつだって幸せな瞬間もあれば、そうでないこともある。
お金があるかないかは関係ない。
何がどうなれば幸せかは人によって大きく異なる。
しかもそれらのほとんどは考え方の問題で、頭の中でどうにでもなってしまう。
幸せになりたいなら、せっせとお金を稼ぐことよりも、思考回路を変えてお金がなくても幸せを感じられるようにした方が手っ取り早い。
 
だが、お金がないとできないことはたくさんある。
例えば、中古の軽自動車には乗れても、最新のスポーツカーには乗れない。
ゴルフの打ちっ放しは大してお金はかからないが、ラウンドすると結構高い。
結婚するにもお金がかかる。
というか、お金がないと結婚してもらえない。
経済力がなくてもいいと心底思ってくれる相手が見つかればいいが、少なくとも選択肢は狭くなる。
老後も年金では足りないので貯金しておく必要がある。
言い出したらキリがない。
 
お金がなくても幸せになれることは間違いない。
だがその幸せは、いろんな可能性を犠牲にした幸せである。
逆にお金があれば、そのいろんな可能性を実現できる。
それが幸せかどうかはわからないし、お金を得るために犠牲にするものもある。
だが大は小を兼ねるというような発想なら、天から降ってくるならお金はあるに越したことはない。
いらないなら寄付でもなんでもすればいい。
持たざる者には、その選択の余地すらない。
 
昔は本気でお金がなくても幸せだと思っていたし、主張していた。
でも本当にお金がなくても幸せなら、わざわざそれを主張しないと思う。
満たされている人は、自分の幸せを過度に主張しない。
概ね主張とは認められたいときにするもので、認められたいと思う心には満たされない穴が開いているものである。
そんな歪んだ自己主張をするくらいなら、素直にお金がほしいと言える方が健全だと思う。
 
私はお金はほしいし、働かないでいいくらいお金があれば働きたくない。
だが稼ぐ能力にも運にも縁がないので、あくせく働くことにしている。
それを特段、不幸だとは思わない。
何がいいたいかわからなくなったが、要はお金のあるなしと幸不幸は分けて考えるべきだ、ということである。
そのためにはお金の効力と限界をきちんと認識する必要がある。
仙人然として生きる様はカッコイイが、その幸不幸は外から見た他人にはわからず、本人をもって知るより他ない。