読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

消費税の行方

社会

消費税増税が延期される公算が高くなってきた。

いやまだわからない状態というのが正しいのだが、何だかどうもきな臭い。

参院選がある。

衆参同日選の可能性も取り沙汰されている。

日本の経済情勢もファンダメンタルは悪くないと思うが、世界的には減速感があるし、何より日経平均は一時期よりかなり下がっている。

増税という、将来に渡って日本を左右するような事柄を政争の具にするのはやめてほしいが、それで飯を食っている人間からすれば、そうも言っていられないのだろう。

 

私は消費税増税はやむなしと思っている。

むしろもっと早い時期から、上げた方がいいと思ってきた。

日本の財政はずっと赤字である。

そして今までの借金の返済もある。

借金を借金で返しているような状況を正常だとは思えない。

それは自分たちの子供や孫の世代に残されるものである。

痛みを先送りして、自分たちが何とかなればそれでいいと、私は思えない。

 

だから軽減税率の話が出たときは、バカも休み休み言えと思った。

消費税の逆進性が問題なら、むしろさらに所得税の累進性を高めればいい。

で、法人税は下げる(これはオマケ)。

だいたい軽減税率の対応のために、小売業や飲食業は大変な対応を求められる。

そんな複雑なことをしてまでやるべき価値のあるものだと思えない。

 

まぁ増税の前に歳出削減だと思うが。

高齢者の医療費は一律3割負担にして、社会保障を削る必要がある。

高齢者の多い日本では、選挙の票田がそこにあるのでなかなか出来ないだろうが、私は高齢者福祉に大枚をはたくくらいなら、少しでも保育や少子化対策に予算を割いてほしいと思う。

最低限のセーフティネットは必要だが、老若男女の自助努力を促さなければ、最終的に皆が共倒れになる。

話はそれるが、低賃金で働くより生活保護を受けた方が楽な社会は間違っている。

 

結局、人気取りの政策が歓迎されるような社会なのだ。

だから政治は面白くない。

増税の言質を取って選挙に負けた民主党時代の野田さんの方が、今の自民党の皆さんよりはマシな気がする。

もし増税延期なら、とても安倍さんは信任出来ない。

 

家計と一緒で、プライマリーバランスを取るなら、入る方を増やすか出る方を減らすしかない。

小学生でもわかりそうなことである。

それなのに多くの人が、自分の関わることの範囲でしか物事を考えないのが残念である。

保育所の問題もそうだが、税金を投入するならどこから持ってくるか、政治家でない人も考えたらどうだろう。

「それは政治家の仕事だろう」と丸投げするから、いつも人気取りの政策が幅を利かすのである。

当の政治家たちも、人気取りや揚げ足取りばかりせず、将来を考えた中身のある議論をしてほしい。