異呆人

毒にも薬にもならない呟き

Butterflies

BUMP OF CHICKENが好きだ。

高校の時にアルバム「jupiter」と「FLAME VEIN」を聴いてから、ずっと聴いている。

私は基本的に執着しない性格なので、特定のものにのめり込むことがない。

走ることの次に長く続いていることは、BUMPを聴くことなのだ。

これは別格の扱いで、昔はお金がなくて買えなかったアルバムも集めたし、最近はシングルまで買ってしまっている。

 

とは言っても、ライブに通うわけではなく、声高にファンを主張するわけでもない。

ただ曲を聴いて共感し、陰から静かに応援するだけである。

昔からそうだが、BUMPに限らず、私は曲が好きなのであって歌い手が好きなのではない。

好きな作家もいるが、それも作品が好きなのであって、作家自身の人間性を問題にしているわけではない。

音楽に関して言えば、家でCDを聴いていれば十分なのである。

 

BUMPの曲はとても私の心の琴線にふれる。

孤独感や絶望感もさらっと歌う。

悲観的になり過ぎず、楽観もしない。

頑張れと言わない応援歌のようでもある。

表現しづらいが、端的に言えば好きなのだ。

ただし他人には勧めない。

誰もが共感できる曲ではないと思う。

まぁ藤原さんの声が良いのもあって、曲の雰囲気だけでも楽しめるとは思うが。

 

で、今回出たアルバム「Butterflies」も、遅ればせながら購入した。

前作の「RAY」が出たときに、BUMPらしくないという評価をネットで見た。

肝心の表題曲であるRAYが初音ミクとコラボするなど、だいぶ思い切ったことをしたせいもあると思う。

個人的には、とてもBUMPらしい曲だと思ったが…

まぁどこに「らしさ」を感じるかは人それぞれだろう。

今作も電子音を多用した曲が多く、人によってはらしくないと感じるのかもしれない。

これまた私はらしいと思うし、好きだが…

 

そもそもBUMPは初期の頃から何度か曲の雰囲気は変わってきている。

初期はストレートでロックバンドらしい曲だった。

それから曲が物語性を帯び始め、曲やアルバムが一つの世界を作り始めた。

粗さが抜けても力強かった。

そして少しずつ曲から物語性が抜けて、抽象性と普遍性を持ち始めた。

曲はだいぶ丸くなってきたと思う。

ある意味、もうほとんどこの時点で完成形だと思うのだが、今はそこからまた新しい形を探しているように思う。

でも曲から伝わってくるメッセージは最初の頃から変わっていない。

 

ちなみに私の一番好きな曲は「HAPPY」、2番目は「ギルド」である。

さて、しばらくはButterfliesをエンドレスリピートだな。