異呆人

毒にも薬にもならない呟き

随想

肴は炙った烏賊でいい

わりといつも書いていることだが、私は自分が幸せかどうかということを考えない。 幸せになりたいとも思わない。 私にとって幸せというのは、いくつもある感情の指標の一つであり、それが閾値を超えたときに感ぜられるものである。 つまり閾値を意図的に下げ…

くだらないことにも等しく花束を

「腕一本くらいくれてやる!」と言って片腕を失いながらも、相手を倒す。 そういう漫画やアニメのシーンがわりと好きだ。 好きとか嫌いとかいうのは理屈ではないので、なぜなのかとあまり深く考えてこなかったが、あえて理由をつけるなら、何かを失って何か…

親の自己満足

もう妻の腹もだいぶ大きくなり、今出てきたとしても早産として扱われるそうである。手を当てれば、はっきりと動きが感じられる。妻は不思議な感じと言うが、男性である私にはいまいちわからない。そりゃそこに生き物がいるんだから動きもするでしょ、とか思…

大家さんと私たちと手についたシリコンシーリングの取り方

引越しの時は可能な限り、ご近所さんに挨拶をするようにしている。 単身者用のアパートではしていなかったが、するに越したことはないと思っている。 敵を知らば百戦危うからず、ではないが、何かトラブルがあったとしても、一度会っていた方が話がしやすい…

当たり前が当たり前でないという当たり前

相変わらず他人のブログでスターをつけられたりつけられなかったりするし、なぜか最近読者登録しているブログの更新通知も届かなくなった。 私はさほど多くの人を読者登録をしているわけではないので、更新通知をメールで受け取るようにしている。 それが届…

徒然とダラダラって同じようなものかもしれない

生きていると、ときどきフワッとした浮遊感を覚えることがある。こういう感覚は言葉にするのが難しいのだが、幽体離脱するような感じだと言えばいいだろうか。もちろん本当に魂みたいなものが抜け出すわけではなく、それはあくまで比喩であり、実際には自身…

広いっていいね

引越しが完了した。 当初は休みを取っていたのだが、私の休日予定に気付かず上司が大事なアポイントをその日で取ってしまったので、午前中に引越しの搬出をして昼に仕事をし、夕方には家に帰って片付けをするというスケジュールになってしまった。 共有のス…

慣れの成れの果て

台風25号が接近する中、関東から岡山に台風を迎えに行くかのような1泊2日の出張。 しかも最寄駅を5時半に出る電車に乗っての旅程である。 珍しくないこととはいえ、最近は出張も減っていたし、眠くてどうにも頭が冴えない。 だからというわけでもないのだが…

台風一禍

よくわからないのだが、人のブログでスターを付けられなくなった。はてなにログインしないとスターがつけられないという表示が出て、ログインしようとしたらすでにログイン済みになっている。 誰かのブログに移動した途端、ログイン状態が解除されてしまうの…

座席の攻防

私は毎日、1時間半近くかけて通勤している。 近々引っ越す予定だが、通勤時間はほとんど変わりそうにない。 もちろん近いに越したことはないわけだが、自分の通勤時間が取り立てて長いとは思っていない。 うちの会社にも同じくらいの時間をかけて通勤してい…

思考と言葉の変換効率

最近、何本か記事を書いては、書き上げてから消すということを繰り返していた。 基本的には書いただけで満足する。 加えて公開するからには、人目に晒してもいいと思えるものである必要がある。 私の公開の基準というのは非常に緩いものではあるので、ほとん…

我が家の住人たち

我が家には大量のぬいぐるみがある。 妻が好きで集めている。 特にペンギンのぬいぐるみは多く、「デフォルメされ過ぎておらず、出来るだけリアルな」という妻の基準に沿って集められている。 これらぬいぐるみの中にも種類というか序列というかがあって、大…

オーバーフロー気味のタスクリスト

先週末は久しぶりに競馬記事でも書こうかと思っていたのだが、思っていたより時間がなくて途中まで書いてボツにしてしまった。 結果は3レースやって2レース的中だったが、ガチガチの筋だったので収支はややマイナス。 まあ、そういう買い方をしているからこ…

うちはうち、よそはよそ

妻が久しぶりに友人と食事に出かけた。 しばらくロクに食べられなかった状態から解放され、良い気晴らしになったのではないかと思った。 帰ってきてから楽しかったか尋ねると、「楽しかった」と答えながら、「半分以上、友達の旦那さんの愚痴を聞いてた」と…

消えない怒り

私は妻や知人から、人間ではないサイボーグか何かのような言われようをされるくらい、感情表現が控えめである。 それは意図的に感情表出を抑えるように心掛けていた過去があるからで、生まれつきというよりは後天的に獲得した能力のようなものだと言える。 …

一眼レフの憂鬱

盆休みが終わった。 厳密に言えば、うちの会社に夏季休暇はなく、「連続休暇」と言って有給休暇をつなげて消費させられるだけであり、有給休暇どころか休日出勤の振替休暇の取得すらままならない私には、有難いんだかそうでもないんだかわからない代物ではあ…

人生のマルとバツ

妻を置いて帰省したので、久しぶりに地元の友人と会う時間ができた。 といっても、昼飯を一緒に食べただけで、食べながら1時間半ほど近況報告した程度である。 地元に帰るとき、時間が取れそうなら連絡することにしている。 昔、実家に帰っているのにそれを…

アンチ・悲劇のヒロイン

盆休み、実家に帰省中である。 普段の家事の煩わしさから解放され、のんびりしたいところなのに、さっそく母親に怒ってしまい、ストレスフルである。 きっかけは毎年恒例の親戚一同での墓参り&BBQ中、実にしょうもないことで母親が機嫌を悪くし、実にしょう…

お盆休みと新幹線とジェネレーションギャップ

ここ数日、書きたいことがいくつかあったのに、なかなかブログに振り分ける時間がなかった。 時間がなかったというより、私は妻の前でブログを書かないことにしているので、書く隙がなかったと言っていいかもしれない。 妊娠後、妻はつわりが重くて主に家で…

M君の思い出

時間が取れなくて、書きかけた記事を、すっかり干からびるほど放置していた。 消そうかと思ったが、8割くらい書いていたので、投下する。 書き出しに時間軸の違和感があるのは、そういうことだと思っていただきたい。 * * * * * * * * 梅雨はすっか…

「要するに」とすぐ言う人

しばらく掛り切りだった新規案件が、ようやく進行する目処が立った。 資料を作ったり、沖縄まで行ったり、いろいろしたが、まぁ私の仕事は同僚のサポートのようなもので、大したことはしていないと思っている。 どうやったら上層部に納得してもらえるか、そ…

オシャレのきっかけ

同僚が最近ゾゾタウンを使ったという話をしていた。 何やら必要に迫られて買う洋服があり、それで利用してみたそうである。 思ったより安く目当てのものが買えたらしく、意外と良かったという話だった。 なんなら噂のゾゾスーツとかいう、着るだけで採寸して…

第二の故郷

久しぶりに沖縄に行くことになった。 今進めている新しい仕事の話のためである。 同僚との同行出張なので、自由に行動する時間はない。 遊ぶ時間はない。 まぁ、遊ぶつもりもないが。 私は大学の4年間をそこで過ごしている。 だから、もう十分に行きたいとこ…

「かわいい」は所詮「かわいい」

最近、「朱天さんの『かわいい』はアテにならない」と言われる。 まあ確かに、私は女性に対してライトに「かわいい」という言葉を使う。 外見の評価として他人に伝えることもあるし、本人に直接言うこともある。 「アテにならない」というのは、その範囲が比…

授かりもの

少し、忙しい。 今年度は担当顧客の大部分を後輩に任せ、私はわざと自由に動ける時間を作られていた。 細々した仕事はいろいろやるし、それに関しては重宝がられるのだが、ボリュームが少ないので概ね時間は余る。 だから、ゆったり仕事をして定時に上がる毎…

こつこつこつこつ

先週末、体調不良だったものが少しずつ回復している。 結局、病院には行かなかった。 風邪薬の解熱効果でごまかしていたのだが、そのうち熱が上がらなくなった。 代わりに、下痢が治らなくてしばらくは苦労していたのだが、それもだいぶマシになってきた。 …

ズレた間のワルさも それも君のタイミング

同僚の女性が「最近、昔、登録していた派遣会社から頻繁に電話がかかってくる」と話していた。 どこも人手不足なのだろう。 今は事務員としてのほほんと仕事をしている彼女も、以前は大手の証券会社で営業をしていたのだから、人材派遣会社としては声の一つ…

僕はロボット

体調が悪い。 朝、急に身体がガタガタと震え出して目が覚めた。 身体のうちに熱がこもるような感覚。 筋肉と内臓が痺れるような感覚。 いずれも発熱の兆候である。 ただ高熱ではないなとわかる。 実際に計ると37℃程度の微熱。 仕事はできる。 しかし悪化して…

迷うのは構わないが、悩むのは無駄である

先日、やけに妻がストレスフルな状態になっていた。 別に何を言うわけでもないが、見ていればわかる。 仕事も在宅のアルバイトに切り替え、人間関係によるストレスも減ったはずなのに、何か思うところがあるのだろうか。 そう思ったのでストレートに聞いてみ…

自由の刑から放免され

何を書こうと思っていたか忘れた。 1日に1回は記事を書いていた頃は、思いついたテーマはメモをして残すようにしていたが、書く時間のなくなった今はメモに残しても溜まっていくだけなのでやめてしまった。 どうせ大したことではない。 忘れてしまうようなこ…