異呆人

毒にも薬にもならない呟き

自分語り

毒を吐く

「毒を吐く人」あるいは「言い方に毒のある人」と、よく言われる。 この場合の「毒」というのは、もちろん人を死に至らしめるような化学物質ではない。 辞書的には「悪意」あるいは「人の心を傷つけること」を言うらしい。 そんな風に言われてしまうと些かオ…

このブログに関するどうでもいい話⑧ 〜アフィリエイトをやるべきか否か〜

アフィリエイトを入れようかどうか検討している。 どうせやっても大した金額にはならないだろうし、そもそも収益目的でブログを書いているわけではないので導入してこなかった。 アフィリエイトをするとアクセス稼ぎを目的にした記事を書いてしまいそうだし…

眠りを妨げるもの

妻から「最近いびきがうるさい」と言われた。 一度や二度ではないのだろう。 「横向きに寝ると、いびきをかきにくいらしいよ」と解決方法までセットでの指摘である。 妻は非難めいたことは言わない人間なので、私が上述したような淡白なセリフではなく、でき…

「癒し」は何処へ

今週のお題「私の癒やし」 体調が悪い。 どうも風邪を引いたらしい。 喉が痛く、全身がダルい。 たぶんこの感覚なら、熱はないだろう。 あと頭痛が続いたり、治っていた胃の痛みも再発している。 しかし、すぐ病院に駆け込まないといけないくらいの症状のも…

視線の先に

昔からよくボーっと考え事をする。何を考えているかというと、まさにこのブログ記事のような取り留めもないことや、その状況にまったくそぐわないことを考えている。だからそんなところを誰かに見られ、「何考えてるの?」と言われても返答に困るというか、…

頭痛が痛い

あまりはっきり覚えていないが、中学生の頃か高校生の頃からだったと思う。 私は頭痛持ちである。 なり始めた頃は痛いけどなんとか過ごせる程度だったのだが、年齢を経るほどに程度が酷くなっていったのか、私が我慢できなくなっていったのか、とにかく痛く…

ノーマルなテンションと睡眠不足

取引先の担当者に「顔が疲れてますよ」と言われた。 そう言われることは初めてではない。 大抵の人もそうだと思うが、私は疲れが顔に出る人間である。 これまでにも実際に疲れているときに、そういう指摘を度々受けている。 外回りの営業として良いことでは…

このブログに関するどうでもいい話⑦ 〜時間が欲しい〜

忙しい。 ただ単純に忙しい。 関東での大口の取引先を一部任された結果、西日本へは日帰り出張を繰り返すことになり、まったく休まる暇がなくなった。 先週なら、東京(内勤)→香川→神奈川→広島→千葉、といった具合である。 日帰りで香川とか広島は正直しん…

シンパシー②

シンパシー - 異呆人 「私、朱天ちゃんのこと、好きだよ」お開きになった職場の飲み会。席を立った私に向かって彼女は言った。一瞬、目が合う。「おぉ!なんですか?突然の告白!」「ダメですよ、朱天さんは〜。もう結婚したんだから。っていうか、Xさんも結…

好かれる理由

先日、登録していない携帯番号から電話があった。 しばらく鳴るので出てみたら、新潟で仕事をしていた頃の取引先の人だった。 もう使わないからと、スマホに変えたときに登録しなかったかもしれない。 何の用事かと思ったら、「今度、沖縄に家族と旅行に行こ…

捨てたがり

私はすぐに物を捨てたがる。 余計なものを身の回りに置いておかない。 ミニマリストのように思われることもあるが、そうではない。 むしろ、そう思われることは不本意ですらある。 確かに物が少ないとスッキリしていて良いと思うし、実際に私の所有物は少な…

twitter連携、始めました

タイトルの通りである。 正確にはすでにtwitterは使っていたが、ゲームのオマケをもらうためのゲーム用アカウントとしてしか使っていなかった。 でも、ブログ記事にするほどまとまった考えではないものや、ふと浮かんだ気持ちや雑感を投げつけるには便利だな…

夏休みの過ごし方② 〜休みは休め〜

syuten0416.hatenablog.com 「夏休みの過ごし方」というタイトルでブログを書き始めようとして、なんだか一度つけたことがあるタイトルな気がすると思って過去記事を漁ってみたら、やはり去年同じようなタイトルで記事を書いていた。 もうすぐ400に迫るほど…

このブログに関するどうでもいい話⑥ 〜サブブログ〜

最近はほぼ毎日記事を上げている。 と言っても、毎日書いているわけではない。 記事は時間のあるときに書き溜めている。 それを1日に1本ずつ公開しているだけである。 先日、調子が悪くて筆が運ばず、書きかけて嫌になって何度か削除してしまうことがあった…

不自由に身を投げる

先日、父の日に義父と食事に出掛けた。 結婚祝いをいただいた妻の実家のご近所さんなどに内祝いを配り歩き、そのあと私たちが今住んでいる地域に移動して、美味しいと評判のレストランに行くことにした。 義父が以前、職場の飲み会でそのレストランを使った…

運も実力のうち

最寄り駅のショッピングビルで、抽選会のイベントを開催していた。 ちょうど結婚のご祝儀をいただいた人たちに内祝いを送るタイミングで大量のお菓子を買ったので、抽選会のクジ引きを引くのに必要なポイントカードが急速に貯まっていった。 クジが一気に4回…

嘘はつかない

先日、結婚式のあとの飲み会で旧友が一同に会した。 と言っても、別に彼ら同士が友人同士であるわけではない。 中には私が集めた催しで一緒になったことのあるメンバーもいるが、基本的には中学、高校、大学とそれぞれバラバラである。 そんな初めましての面…

挙式を終えて

先日、結婚式を終えた。 準備はいろいろと大変だったが、結果的に多くの人に喜んでもらい、祝福してもらえる式になったと、我がことながら思っている。 義妹と義父は最初から最後まで泣いていて、それが式の雰囲気をどことなく感動的なものにしていたかもし…

思い出は心の中に

私はあまりものを残さない。 本は読んだらすぐ売るし、使わなくなったものはすぐ捨てる。 もらった年賀状や手紙なども、よほどのことがない限り捨ててしまう。 もちろん捨てられないプレゼントの類もあるが、基本的に非感情的な人間なので、ものに想いを込め…

拗ねる妻

妻がときどき拗ねる。 怒るのではなく、拗ねる。 怒りを買うようなことはしないようにしているし、実際していないようだが、不興を買うことはあるようだ。 私は基本的に非感情的で超合理的なので、一般的に受け入れがたい性質をたくさん持っている。 しかし…

体系的自分自身

今の私は、昔の私が作った私である。 これは単に過去の延長線上に自分があるという意味ではなく、「こういう人間になりたい」と意図して作られた人格だということである。 その際に、そのときの自分が必要だと判断したエッセンスだけを抽出し、不要なものは…

ペシミスト

私は悲観的な人間である。 物事を悪い方に捉える傾向がある。 これはある意味、防衛反応みたいなもので、「考えていたより悪かった」ということによる精神的なショックを抑えるための思考方法だと思われる。 「思われる」というのは、意識してそうしているか…

回収されない伏線

先日、仕事で見知らぬ番号から電話がかかってきた。 見知らぬ番号でも、会社携帯なら出ることにしている。 出てみると、2年くらい前に飛込みで営業をかけて、名刺とパンフレットを渡していた会社だった。 当時は取引を始めることにあまり乗り気でなかったの…

考えるときの癖

結婚式のムービー作りをしている。 プロフィールムービーだけ作るつもりだったが、意外と難しくなかったのでオープニングも作ることにした。 私のこういったソフトウェアを使う能力は、平凡に毛が生えた程度のものである。 しかし最近のソフトは優秀で、素人…

このブログに関するどうでもいい話⑤ 〜読むこと、読まれること〜

以前より、ブログを定期的に訪問してくれる人が増えている。 ありがたい話である。 毎度書くが、私は書きたいことを書いているだけである。 ブロガーになるつもりも、アフィリエイトで小遣い稼ぎをするつもりもない。 だから読みやすい形式上の工夫(フォン…

痩せ過ぎ注意②

syuten0416.hatenablog.com 先日受けた健康診断の結果が送られてきた。 総合所見は4年連続で「C12」。 「日常生活に注意を要し、年1回の経過観察を必要とします」だそうである。 何が問題って、タイトルの通り痩せ過ぎていることが問題とされている。 BMIが1…

バカになること

先日、新入社員の歓迎会があった。 営業部門の最高責任者である社長も出席するオフィシャルなものである。 まあ非常にフラットな会社なので、だから気張るとかそんなことはない。 私が役職名で呼ぶのも社長や常務などの役員クラスぐらいで、部長などはみな「…

どうせなら何もかも忘れたい

年初の目標に「忘れ物をなくす」という、小学生のような目標を立てていた。 syuten0416.hatenablog.com しかしながら、この4ヶ月程度の間に、すでに忘れ物や忘れ物未遂を繰り返している。 昨今のそれはほとんど病的だと思っているのだが、歳を重ねるほど深刻…

出力安定

結婚して、2人で暮らすようになってから、自分自身が安定しているなと感じる。 それは愛しているからとか、愛されているからとか、支え合っているからとか、そんなロマンチックな理由からではない。 私が自分の時間や持てる能力を、妻に注ぎ込んでいるからだ…

泣かないことを切に祈る

結婚式の日にちが迫ってきている。 一つ一つの期限を明らかにし、その期限までに一つ一つの作業を仕上げていく。 まるで仕事をしているような感覚である。 こういうスケジュール管理はお手の物なので、自分のやることはさっさと済ませ、妻のやることはいつま…