読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異呆人

毒にも薬にもならない呟き

愛の概念の違い

私には恋愛感情がない。 だから妻以外に誰かと交際したことはない。 大体の知り合いはその事実を知っているので、「なぜ結婚したのがその相手なのか?」と聞いてくる。 30年以上独り身を貫いたのに、あえてネットで知り合った女性と交際1年で結婚するからに…

婚姻届の書き方

先日、入籍した際、当たり前ながら婚姻届を書いた。 再婚者が増えているという昨今のデータからすると、何度も婚姻届を書く人もいるのだろうが、一生に一度しか書かない人が多いことには変わりないだろう。 結婚式に関する具体的なアドバイスはいろんな人か…

男性は草食化しているのか?

toyokeizai.net 「近頃の若いモンは…」というセリフが、昔からずっと使われてきているという話自体は、かなり使い古された言い回しであるが、この記事の指摘はまあまあ面白いと思う。 統計の要素データに対するツッコミが、である。 統計というのはとても便…

マリッジブルーブルー

結婚の準備をいろいろ進めている。 両家の顔合わせは終わった。 新しく住む部屋は決めた。 式の日取りも決めたし、今はドレス選びにかかっているところである。 あとは引越しと入籍と、具体的な式の準備が待ち構えている。 こういうあれこれに、希望的な未来…

恋愛と結婚は別物か?

www.nhk.or.jp 先日は結婚したくない人が増えているというニュースについて記事を書いたが、こちらは恋愛をすっ飛ばして結婚を望む人が増えているという記事である。 極端な価値観の人を取り上げて、それを現代の風潮の最たるものであるかのように取り上げる…

結婚したくない人が増えている件

最近、種々の調査で結婚したくない人が増えていることが話題になっている。 そんなこと人それぞれで自由だろうし、他人がとやかく言うことでもないだろう。 ただ日本という国の将来を考える上では、非婚化ならびに少子化は困ることではあるので、マスコミが…

結婚式場を決めてきた 〜ホテルとゲストハウス〜

ここしばらくの間に結婚式場を決めてしまった。 相手の親がお日柄を気にする人なので、早めに決めないと大安・友引などすぐに埋まってしまう。 私の希望としては親族を遠方から呼ぶことになるので、交通アクセスの良いところであればどこでも良かった。 あと…

容姿なんてそれ以上でも以下でもない

全身の筋肉痛に襲われている。 さすがに夜通し走り続けた反動は、普段10km,20km走ったときとは比べ物にならない。 足だけでなく、腕や腹筋まで痛い。 タンパク質を大量摂取して、筋繊維の再生を早急に図る必要がある。 ただでさえ最近は痩身化が進んでいて、…

結婚式は必要か?

ゼクシィカウンターに行ってきた。 結婚式場はネットで彼女が一所懸命探してくれていて、私はすっかりお任せだった。 私の親族のほとんどを遠方から呼ぶので、アクセスの良いところにしてほしいということだけ要望したが、あとは結婚式なんて女性が主役だと…

恋愛においては楽しそうにすることが大事

先日、部長(Aさん)と他部署の先輩(Bさん)と飲みに行くことになった。 今いる会社はベンチャーみたいに小さな会社で、社風は比較的フラットである。 私も他の多くの人も、社長と常務以外は役職で呼ばず「さん付け」で呼ぶことが多い。 Aさんも部長だが常…

Tちゃんの話

高校生の頃、同じ部活動にTちゃんという女の子がいた。特別に美人というわけではないが、人形のような愛らしさがあり、部のアイドルのような存在だった。やや天然なところがあり、そんなところも彼女の愛らしさを助長した。男子には人気があったと聞く。その…

好きな女性のタイプ

彼女がいなかった頃、「彼女がいない」という話をすると、「どんな女性がタイプなの?」とよく聞かれた。 私はこれほど無駄な質問はないな、とよく思った。 「〜こういう人がタイプです」と言って、実際にそんな人が現れたとして、恋愛に発展するとは限らな…

結婚相談所というところ

昔、結婚相談所に登録したことがある。 ただの興味本位だったが、まったく結婚の意思がなかったわけでもない。 それは街コンシリーズに書いた女性たちとのデートの後でのことである。 街コンの思い出 - 異呆人 街コンのその後① - 異呆人 街コンのその後② - …

出会い系での出会いからのプロポーズ

先日、プロポーズした。付き合ってちょうど1年になる。1年経ったら結婚の話を進めるという話はしていた。だから予定通りということになる。私は「幸せな家庭」という偶像の崇拝者になるために結婚したくなり、そのために相手を求めて交際したのだから、比較…

パワースポットの前に

先日、出張でローカル線に乗った。 途中までは快速で、後半はときどき山間を走りながらもまだ人里を走っている雰囲気はあったが、途中で乗り換えて単線を走る2両編成の列車に乗ってからは、ほとんど山を走っている感じだった。 出張経費についてうるさく言わ…

モテとファン

「モテるでしょ?」と30歳に近づいた頃から言われるようになった。 私は人生においてモテた記憶などない。 それは「モテ」をどう定義するかによるだろうが、私は「愛の告白を受けた回数」だと勝手に考えている。 私は好意を強烈にアピールされたことは、人生…

街コンのその後④

前回のお話。 街コンのその後③ - 異呆人 さて、Bさんはなぜ彼氏がいるのに2人での食事の誘いに応じてくれたのか? 恋愛経験のない私にはわからなかった。 可能性を挙げるだけでもたくさんある。 ・彼氏とうまくいっておらず、別れることを考えている。 ・私…

街コンのその後③

前回までのお話。 街コンの思い出 - 異呆人 街コンのその後① - 異呆人 街コンのその後② - 異呆人 さて、街コンで連絡先を交換した2組の女性陣のうち、それぞれ1人ずつに食事のお誘いをした。 Aさんの場合は彼女から連絡が来た。 最終的に私とは合わないなと…

街コンのその後②

前回の続き。 syuten0416.hatenablog.com 前回の食事中に、私の趣味がランニングであることをAさんに話した。 皇居ランをすることもあると話したところ、「私もやってみたい」という話になった。 そこで別れ際、次は2人で皇居ランをしよう、となった。 私はA…

バツイチと未婚はどちらがマシか?

昔、ネット上で表題のような議論を見た。各々事情が違うのだから、そんな比べ方が不毛なことは間違いない。人間としての評価は多面的で、誰かにとっての良い人が、誰かにとって鬱陶しい人だったりする。以前の会社の上司に、とても自己中心的ですぐ保身に走…

街コンのその後①

先日、街コンの思い出を記した。 http://syuten0416.hatenablog.com/entry/2016/05/31/210830 3R戦い、連絡先を4人分入手したわけだが、そこからが問題である。 私には恋愛経験がなかった。 興味がなく取り組んでこなかったのだから当然だ。 逆にそのときは…

街コンの思い出

昔、一度だけ街コンに参加したことがある。 当時、親友が彼女ができないと嘆いていた。 この友人は学生時代からフラれてばかりで、その度に慰めというか気晴らしというかに付き合っていた。 人間性は悪くない、むしろかなり良い奴なのだが、いかんせん全体的…

恋人がほしいという感覚がわからない

私は30歳まで恋人がいたことがなかった。 それに引け目を感じたことはなかった。 文章で書くと強がりのように感じられるが、恋人ができなくて困っていると思われるタイプではない。 だから「なぜ作らないのか?」と言われることも多かった。 それに対しては…

なぜ女性からの告白はダメなのか?

空いた時間に、某ポータルサイトを斜め読みしていた。 基本的なニュースは新聞の電子版で仕入れているので、それ以外の芸能関係のニュースやその他コラムなどを読んだりする。 興味のあるなしはもちろんあるが、話のネタになることも多いので、私のインプッ…

結婚という契約、不倫という契約違反

先日出張の際に実家に泊まった。 翌朝遅い時間に出ることになったので、家族と一緒にテレビを見ていた。 ベッキーとゲスの極み乙女のボーカルの不倫騒動の後日談みたいなものが流れていた。 この話題をいまだに引っ張るメディアは、いろんな意味ですごいと思…

結婚する人生、結婚しない人生②

私のこれまでの人生はかなりふらふらしたものだ。 大学で実家を遠く離れ、就職しても今度はまったく違う土地に行った。 20代で2度、転職もしている。 端的に言えば、決めない人生だった。 進む道を絞らずに可能性を残し続けた。 やりたいことも見つからず、…

結婚する人生、結婚しない人生①

私は少し前まで、自分は結婚しないだろうと思っていた。 結婚したくないというわけではなかった。 ただ、結婚したい理由もなかった。 私には寂しいという感覚がほとんどない。 だから一人が寂しいから、誰かパートナーを求めるということはなかった。 あえて…