異呆人

毒にも薬にもならない呟き

大きな仕事

最初はちょっとした打ち合わせのつもりだった。

今春入って来た新入社員に私の担当を少し引き継ぐ予定だったので、その詳細が決まったかどうかを確認するだけだった。

5月入社の彼は8月に試用期間を終えて本格的に業務に入るという予定だったが、気づいたらもう8月になっている。

上司も忙しそうだったので、自分から突っついてみることにした。

案の定、ただ忘れていただけで、引き継ぐ予定の取引先は以前に打ち合わせしたときとほとんど変わっていなかった。

一つ、私以外の社員の少し大きめの取引先を引き継ぐことになっており、それが意外だった。

そこの最初の担当は私だったので、誰が担当しても大きな問題はないとわかっているが、ついて回る数字のサイズはそこそこである。

「そこ、担当させるんですね〜」みたいな感じで、それとなく話をしていた。

 

私の担当エリアは範囲が広い。

最大のときは、中部、北陸、近畿、中四国、九州のすべてが私一人の担当だった。

東京の本社しか事務所のないうちの会社は、西日本の取引先が少なく、予算数値だけならそれだけのエリアでも一人前くらいしかなかった。

それを私が少しずつ新規開拓して増やしていき、北陸、中部、を他の担当に任せて切り離していった。

それでも広い。

数字上は一人前でも、移動が絡むので行動管理が難しい。

他の営業担当とも連携できず、いわば孤軍奮闘の状態である。

会社も私に任せることしかできず、「とりあえず頑張ってくれ」みたいな感じで、何ら手当をされていない。

だから人を増やすときは優先的に私のフォローに回してもらうことになっており、今回の新人への引き継ぎもその一環である。

そうしないと、私が新規開拓のペースを上げられない。

しかし彼に担当させる取引先に大きいところを混ぜていくと、私が任せられる数が減ってしまう。

全体として人員配置をどうするつもりなのかは、聞いておきたかった。

 

すると、「いや、実はね…」と上司が切り出した。

「◯◯がうち専売になるかもしれなくてさぁ」と言う。

そこはかなり大きな取引先で、以前はうちをメインで扱っていたが、他者にシェアを奪われてそれきりになっているところだった。

取り返すために、私がブログ上で何度も酷評しているB部長が交渉していたのだが、彼の交渉というのは「いや〜、どうですか?」と言って揉み手をするだけなので話にならない。

もう数年来、没交渉に終わっている。

「いや〜、B部長、やったじゃないですか」と、私はB部長を持ち上げた。

実際、それが事実なら金星である。

最近は社長が目に余ると言って直々に尻を叩いていたので、真面目に仕事をしたのかもしれない。

というか、「だったらもっと早くに何とかしておけよ」という話ではある。

 

しかしB部長は困ったことにブラフを使う。

上司の「かもしれない」という部分が、私には引っかかった。

そこをただすと、「いや、今回は確率は高いと思うよ。今日の会議でもそんな話はしなかったでしょ?」と言われた。

確かにそうである。

B部長がブラフを使うときは、「やってますよ」感を出すために、皆の前で風呂敷を広げてみせる。

逆に、確度の高いときは、それがきちんと決まるまで隠しておくのだ。

横取りされるのを防ぐためかもしれないし、根が慎重なのかもしれない。

そして決まってから、「どう、すごいでしょ?」とばかりにサプライズ的に披露する。

バカバカしいのだが、まぁきちんと仕事をしたのであれば十分だと私は思う。

 

「いや、その◯◯の担当を、朱天にお願いしようと思ってさぁ」と上司は続けた。

私は表情には出さずに内心で驚く。

それは寝耳に水というやつである。

その取引先の展開するエリアは神奈川。

西日本担当の私に任せるのはバランスが悪い。

私は神奈川担当の後輩の名を挙げ、「彼がいるじゃないですか」と言った。

上司は「あいつはキャパシティが現状でいっぱい。むしろ今の担当先を深掘りさせたい。それにあいつの取引先と◯◯が仲が悪いらしくて、別の担当にしたいんだ」と言った。

わからない話ではない。

他の営業もキャパシティに余裕はない。

しかし私だってキャパシティに余裕はない。

いや、時間を捻り出せないことはないが。

 

「新規開拓、できなくなりますよ」と、私は言った。

新規開拓の動きを一切止め、他の取引先へのフォローを少し抑えればできないことはない。

「わかってる。今は目の前の数字がほしい。取引が始まる最初の段階は、他の営業もフォローに回す」と、上司は言った。

あと2年で会社は大きな転換点を迎える。

たぶん、来年は通常業務がほとんど止まる。

そのときにまとまった成果がないといけないことは、私も知っている。

イレギュラーな動きになっても、先々で必要になる新規開拓の動きを止めても、私というカードを使ってでも、目の前の数字を確保しようという覚悟や良し。

「難しい仕事ですね」と、私は言った。

「難しいから朱天に頼むんだよ」と、上司は言った。

忙しくなりそうである。

だが出張は減るので、妻は喜ぶかもしれないなと思った。

2017 レパードステークス、小倉記念 〜結果〜

syuten0416.hatenablog.com

 

レパードステークス

買った馬券

3連複軸1頭ながし:15ー5、6、13、14

 

正直よくわからなかったので、シンプルに本命軸の3連複のみ。

結果的に買いたい馬が外枠に固まってしまっているのがどうもなぁ。

 

結果

1着:2ローズプリンスダム

2着:9サルサディオーネ

3着:5エピカリス

 

全然ダメ。

というか、ちょっと無理。

ローズプリンスダムは考えなくもなかった。

美味しいかなと思ったが、買い目を絞る早い段階で切った。

500万下を抜けたばかりのサルサディオーネは買えない。

エピカリスは今回はあんなものではないだろうか。

強い馬だとは思う。

タガノディグオが馬体重-14kgとか、前日までに馬券を買ってしまう私にはきつい。

 

小倉記念

買った馬券

3連複軸1頭ながし:2ー1、4、10、16

馬連:2ー1、4、8、10、16

 

日曜は小倉まで台風は来なさそうだという見込みで予想を立てたが、ニュースを見てるとにわかに雨が心配になった。

台風直撃しなくても、その前から雨が降り始めるのではないかと思い、馬場が重くなったときに成績の悪いサンマルティンを切ってスピリッツミノルを組み入れる。

さらに良馬場しか走ったことがないストロングタイタンではなく、タツゴウゲキを軸にした。

ベルーフ小倉記念を2年連続2着というのをすっかり見逃していて最後まで迷ったが、結局は買い目を絞ることにした。

 

結果

1着:2タツゴウゲキ ◯

2着:8サンマルティン

3着:5フェルメッツァ

 

晴れてやがる(笑)

軸にしたタツゴウゲキは好位をキープして最後に内をついて抜け出すという上手な流れ。

デムーロ騎手は勝負強いなと思ったら、落馬負傷で秋山騎手に乗り替わりしていた。

意外とデムーロ騎手が乗らなかった方が良かったりして。

まぁ軸は良かったが、他が散々。

直前で入れ替えたサンマルティンが2着とか、何も言えねぇ。

まぁサンマルティンを入れた組み方だと、私はストロングタイタンを軸にしていただろうし、そもそも3着のフェルメッツァは切っていたので当たりようはない。

 

今週はまったくもってさっぱり。

まぁ、そうそう勝ち続けられるわけもないか。

的中率約25%とということは、だいたい毎週2レースずつしか買わない私は、2週間に1回くらいしか当たらないのだ。

割り切って、次行こう、次。

夏祭り

妻の地元の祭りに参加してきた。

義父のたっての希望である。

妻の地元は漁師町で、神事と大漁祈願を兼ねたローカルな祭りが毎年催されているらしい。

白い装束と法被を着て、神輿を担ぐとのことだった。

身長はそこそこ高いが線の細いマッチ棒のような私は、神輿というものとすこぶる相性が悪い。

わかってはいたが、断るほどの理由ではなかったので引き受けた。

義父がすごく楽しみにしているのが透けて見える。

こういうとき、相手の考えが読めてしまうことはプラスに働かない。

 

祭りは2日間にかけて行われた。

初日、義父に連れられて、近所のいろんな人に挨拶した。

ほとんど誰も名乗らないので、誰が誰だかわからない。

義父が名前を教えてくれるのだが、覚えられない。

苗字ならまだ覚えられたかもしれないが、地方の集落では辺り一帯同じ苗字だったりする。

だから彼らは名前で呼び合うのだが、それが慣れないから覚えられない。

とりあえず、笑顔で挨拶しておけばいい。

笑顔で挨拶する人間を敵視する人は、世の中にそういない。

初めて履いた地下足袋が慣れなかった。

歩くと留め具がすぐに外れたり、足に食い込んだりして鬱陶しい。

 

神輿を担ぐ若い衆は、やんちゃなお兄ちゃんたちがメインだった。

髪の毛が赤だったり、緑だったり、妙な形のピアスをつけていたり、随分と個性的である。

でも意外と礼儀正しいところがあったりする。

お祓いをする宮司さんの話を聞いてなかったり、笛の音に合わせて口笛を吹いて茶化してりはしていたけど。

彼らにとって、祭りにどんな意味があるかは関係ないのだろう。

それが「祭り」であることに意味がある。

大勢で寄って集って騒ぐのがいいのだ。

先日見た七夕祭りと似たようなものだろう。

 

神輿は大層しんどかった。

予想通りに重い。

そして予想通りに担ぎにくい。

私は高さを合わせるために、腰を屈めなければならなかったが、前後の間隔が窮屈で、変な体勢でずっと担ぐ羽目になった。

しかも港をスタートして集落を練り歩くのだが、海抜0mがスタートなので基本は登りである。

曇ってはいたが蒸し暑く、すぐに全身汗まみれになった。

重くてなかなか進まないので、頻繁に休憩がある。

しっかり水分補給するよう義父から言われていたが、基本はビールしか出てこない。

集落の人たちが振舞ってくれるので、断らないのが礼儀である。

アルコールに頭をやられ、神輿に肩をやられてフラフラになった。

 

夜は焼き鳥の屋台を手伝った。

冷凍の焼き鳥を、タレをくぐらせて網の上で炭焼きにするだけである。

私はこの手のお店ごっこは大好きで、つい夢中になって取り仕切ってしまった。

屋台の向こうでは、トラックの荷台に簡易ステージが設営され、地元の人たちのカラオケ大会が催されていた。

よく知らない演歌歌手がゲストで呼ばれて来ている。

「あぁ、祭りだなぁ」と感じながら、汗だくになって、ひたすら焼き鳥を焼き続けた。

屋台も皆、集落の人が準備・運営するのだが、彼らに非常にありがたがられた。

このくらいなら訳ない。

少なくとも、神輿を担いでいるよりは遥かに楽である。

 

2日目。

もう肩が痛くて仕方なかったが、愚痴をこぼすのもみっともないので、黙って神輿を担いだ。

1日目はずっと右肩で担いでいたので、2日目は左肩を使いたかったのだが、なんだか皆ここが俺のポジションだと言わんばかりに同じところで担ぎたがるので、私は仕方なく2日目も右肩を酷使することになった。

痛いし、しんどいし、暑いし、よくわからない。

妻はずっと神輿に付いて歩き、そんな私の様子をずっと写真に収めていた。

休憩がビールばかりだと流石に辛いので、妻にお茶を持たせて水分補給した。

坂を登り、登った分だけ下る。

神輿は下り坂だから楽だということはない。

むしろブレーキを利かすのが大変である。

特に後半は皆疲れており、神輿自体がフラフラしていておっかなかった。

 

最後、港に戻ってくると、港の広場で神輿を振り回す。

子供神輿や山車や看板に、勢いよく近づいては寸止めして軽くぶつける。

いわゆる喧嘩神輿という奴だろう。

ぐるぐる振り回される神輿に私も一緒になって振り回され、最後はそのまま神輿ごと海へダイブした。

「浜降り」と言うそうだ。

アドレナリン全開の若衆は、神輿の上に乗って海へ飛び込んだり、同じように海に投げられた山車を海の中で縦回転させたり、非常に元気に盛り上がっていた。

盛り上がる元気がないと言うか、そもそもテンションについていけない私は、海にぷっかり浮かんでいた。

冷たい海は気持ち良かったが、海水が肩の痛みに沁みた。

 

海から神輿を引き揚げ、神社に返して祭りは終了となる。

妻の実家でシャワーを浴びた。

右肩の皮はめくれていて、当分ショルダーバッグはいつもと逆の肩で持たなければならないなと思った。

義父も妻も上機嫌だった。

近所の人たちが、懸命に手伝う私を褒めていたらしい。

喜んでくれたなら、良かった。

肩の痛みくらい、甘んじて引き受けよう。

ただし来年は、テーピングを施してから神輿を担ごうと心に誓った。

やはり生身の人間の方が怖い

今週のお題「ちょっとコワい話」

 

私は怖いもの知らずである。

周囲からもそう思われている。

人生において最も忌むべきものは「死」、つまり命を失うことである。

逆に、死ぬことを怖いと思っていない人間は、何も怖がるものはない。

人とぶつかること、嫌われること、身の回りにある何か、あるいは友人知人を失うこと。

それらは時には悲しみを伴うこともあるだろうが、失うことそのものを「怖い」と思うことはない。

 

ただし幼い頃は怖いものがたくさんあった。

幽霊やお化けの類は怖かったので、一度お化け屋敷に入ったときはずっと下を向いて歩いていた。

友達に嫌われることも怖かった。

親や学校の先生に怒られることも怖かった。

だから他人に嫌われないように気を遣っていたし、怒られないように良い子でいようとした。

それはまあ、幼い頃はそういうものなのだと、今は思う。

長じていくにつれ、教わる価値観ではなく、自分自身で見出した価値観を身につけていけばいい。

 

怖いものが多かった幼い頃は、怖い夢をたくさん見た。

特に、怖いものに追いかけられる夢が多かった。

包丁を持った山姥に追いかけられたり、ピストルを持ったヒットマンに追いかけられたり、一つ目で一角のサイクロプスみたいな化け物に追いかけられたりした。

そういうとき、私は大抵高いところから飛び降りる。

あるときは東京タワーのような場所からハングライダーで逃げ出したり、あるときは実家のマンションの高層階から飛び降りたりする。

もしかしたら、私にとっての恐怖からの逃避というのは、そうやって身を投げるようなものだったのかもしれない。

一度、頭が虎、尾が蛇の化け物に追いかけられたときは難儀した。

ぐるぐるループする回廊を逃げ回っていたのだが、速く走ると尾の蛇に追いついてしまう。

それに怯んでゆっくり走ると、頭の虎に追いつかれてしまう。

夢は私を簡単に逃さないように進化していたのかもしれない。

 

最近はそんな怖い夢も見なくなった。

せいぜい、会社に遅刻する夢とか、その程度である。

遅刻することはマズイことではあるが、怖いというほどではない。

起きたことはどうしようもないのだから、素直に謝ればいい。

そんな私なので、「コワい話」など書くことがないのではないかと思った。

が、よくよく思い出してみると、数年前に「怖っ!」と心胆寒からしめた出来事があったことを思い出した。

それは5年ほど前、前の職場で働いていた頃のことだった。

その日は外回りをしていて、予定より少し早く仕事が終わったのだが、会社のホワイトボードに「NR」と書いてきたのでそのまま帰ることにした。

平日、いつもより少し早く帰れるとお得な気分になる。

乗る電車も、帰宅ラッシュより前だから空いていた。

いつもの駅で乗り換える。

 

ホームで電車を待っていると、隣に女性が立っていた。

齢は40歳前後だと見えた。

若くはないが、そこまで「中年」という感じでもない。

長い黒髪の先を指でくるくる巻いている。

毛先がチリチリで、失礼ながらあまり綺麗な髪ではなかった。

それを執拗に、それこそそのせいで髪が傷んでいるのではないかと思うくらい、指でくるくる巻いている。

普通ではないなと思った。

狂気すら感じる。

 

電車が来たので乗り込んだ。

空いてはいるし、探せば席は空いてそうだったが、目のつく範囲に空席はなかった。

私はドアの脇のスペースに、もたれかかって立つことにした。

そこまで長時間乗るわけではないし、ただ立っているより背中を預けられた方が楽だろうと思ってのことである。

すると、目の前に先ほどの女性が立った。

反対側のスペース、同じようなドアの脇にもたれかかるならわかる。

しかしその女性は、私の一歩前くらいの位置に立っていた。

そこは、ドアの真ん前である。

人が乗ってくれば明らかに邪魔になる。

その位置に、私の方を向いて立っていた。

 

自分に緊張が走っているのがわかった。

明らかにおかしい。

移動すべきか。

ただこの状況で移動すると、逃げるというか、避けているように思われるかもしれない。

いや、逃げるのだし、避けるのだから、それでいいのだが、万一追いかけてくるというか、ついて来られたらどうしよう。

その状況は、今の状況よりはるかに怖い。

そんな考えが頭の中でぐるぐる巡る。

途中駅に停まった。

少ないが、人は乗ってくる。

目の前の女性は少し下がってスペースを作ったが、扉が閉まると再び元の位置に立った。

やはり、おかしい。

 

電車が動き出す。

少し揺れたとき、女性はふらついたように一歩踏み出し、私の胸のあたりに手をついた。

すみません、というような素振りを見せ、また元の位置に戻る。

うっすら笑っているようにも見えた。

なんなんだ、一体。

鳥肌が立つというか、寒気が走るというか、つまり恐怖を感じた。

人間はわからないものが怖い。

自分の理解、理屈の外側にある存在が怖い。

その女性はすでに私の理解を超えていた。

動くに動けず、私は結局その女性と対峙したまま、最寄り駅まで乗ってしまった。

途中で降りるべきかとも考えたが、そこは怖さより私の意地が勝ってしまっていた。

何事もなかったかのように電車を降り、改札を抜けたところで後方をくまなく確認した。

万一、ついて降りて来られていたら、それはただの恐怖ではなく身の危険である。

幸い、そんなことはなかったが。

 

私は幽霊は見たことがないし、そもそも信じていないのだが、いたとしても、幽霊より生身の人間の方が怖いのではないかと思う。

死してなお残る残滓より、生きている人間の情念の方が何倍も強いだろう。

化けて出るより、隣に居られて触れられる方が怖い。

そう思う。

2017 レパードステークス、小倉記念 〜予想〜

レパードステークス

◎:15タガノディグオ

◯:5エピカリス

▲:14テンザワールド

△:13ノーブルサターン

△:6スターストラック

 

3歳限定のダート中距離重賞。

上位人気馬が手堅く勝っている傾向があり、現状では1番人気の3着内率は100%。

1800m以上のレースでの実績がある馬の成績が良く、前走はJDDや1800m以上の1000万下に出走していた馬の成績が良い。

正直、パッと見た感じでは「これ!」と思える馬がいない。

 

本命はタガノディグオ。

JDD3着、兵庫CS1着の実績は、出走馬の中では上々。

前走もまずまず良いレースだった。

個人的にはそこまで良いとは感じないが、このメンバーの中では一番安心して買えそう。

 

対抗はエピカリス

JDDを勝ったヒガシウィルウィンに北海道2歳優駿で圧勝しており、実力なら間違いなく大本命。

印を下げたのは、前脚の炎症が治りきらずに前走ベルモントSを出走取り消しになったから。

とは言え、格の違いを見せつける可能性も十分あるだろう。

そこまで強力な相手もいないことだし。

 

単穴はテンザワールド。

前走は直線で外に持ち出し、力強く差して、最後は余裕を持ってのゴール。

距離を伸ばしてからは2-1-0-0-と、まだまだ伸び代がありそう。

初騎乗の岩田騎手がどう乗るか。

 

ノーブルサターンはJDD、兵庫CSともにタガノディグオの後塵を拝している。

ただ、そこまで大きな実力差は感じないので、展開次第でもう少しやれると思う。

スターストラックは前走最後にしっかり伸びたところが良かった。

ただ、斤量56kgを背負ったことが一度しかなく、そのときは大敗している。

実力馬相手に同じ条件でどこまでやれるか。

あとは初ダートのイブキを抑えるかどうか。

ハルクンノテソーロも良さそうに見えるが、マイルまでしか走ったことがないので疑ってかかるつもり。

 

小倉記念

◎:10ストロングタイタン

◯:2タツゴウゲキ

▲:4カフジプリンス

△:16バンドワゴン

△:8サンマルティン

 

下位人気の馬が来ることも多い、芝中距離のハンデキャップ重賞。

5歳以下の若い世代の馬の成績が良いが、老兵の軽視も禁物。

データでバッサリいくより、実力を見極める方がいいだろう。

 

本命はストロングタイタン。

条件戦をポンポンと抜けてきたが、重賞では人気に応えられなかった。

コンスタントに使われていたことも関係していたと思う。

リフレッシュしての前走は着差以上に実力を感じる1着。

叩いての今回は、しっかり人気に応えてくれるだろう。

 

対抗はタツゴウゲキ。

七夕賞組は微妙な結果に終わった馬しか出てきていないが、その中でも一番見所があったと思う。

前走は直線で進路確保に苦労しながら、最後はよく追い上げていた。

前走と同じ52kgという軽斤量で、今回は内めの枠。

デムーロ騎手への乗り替わりも、鞍上強化と見ていいだろう。

 

単穴はカフジプリンス。

近走は悪くはないが、特別良くもないようなレースが続いている。

しかし今回は相手関係が少し楽になると思うので、上位進出を期待したい。

鞍上が岩田騎手から中谷騎手に乗り替わることが少し気になる。

 

バンドワゴンは前走は直線で良いポジションにいたが、ずるずると後退してしまった。

今回はその前走より2kg軽い54kgなので、もっとやれるはず。

できればもう少し内側の枠が良かったと思うが。

サンマルティンは前走は好意で我慢して、最後に伸びて差し切った。

このメンバーでどこまでやれるか心配な部分もあるが、54kgなら3着くらいには食い込めるかも。

他、スピリッツミノルとヴォージュも気になるが、両馬ともにコンスタントに使われてきている。

夏場のレースの実績も少なく、どうかなぁという気はする。

 

さて、8月。

来週から、私は長期の夏季休暇になる。

ここは春先からの良い流れをつなげて気持ち良く勝ち、サマーバケーションと洒落込みたいところである。