異呆人

毒にも薬にもならない呟き

モリとカケと共謀罪

「モリ」と「カケ」などと、まるで蕎麦のように言われているが、閉会した国会は実に賑やかなものとなっていた。

野党はここぞとばかりに叩きにかかり、自民党もロクな説明をしなかったので、それ以外の重要な政策は相変わらず置き去りである。
日本の国会は相変わらず平和で非生産的だと思うし、その分しっかり仕事をしているだろう官僚の方々は、やはり優秀なのだろうなと思う。
ワイドショー的に見ている分には面白いが、政治は決して見世物ではない。
ちゃんと仕事をしているかチェックするのは、国民の責務だろう。
せっかく税金を払っているのに見せられるのが茶番なら、寄席でも見に行った方が100倍マシである。
 
森友問題については、以前に記事を書いていた。
私見としては、安倍首相はまんまと狡猾なおっさんに捕まったなという気がする。
森友に関しては、安倍さんは被害者に近いだろう。
別件だが、すでに刑事告訴レベルの事案をやらかしている手合いである。
いずれまともな相手ではない。
これと加計学園の問題を、同じように蕎麦扱いして論じるのはどうかと思う。
状況と問題の本質はまったく異なる。
 
森友問題の論点は、8億円の値引きが妥当であったかどうか、それにあたって政治的な便宜や金銭の授受がなかったか、である。
金銭の授受があれば贈収賄だし、8億円の値引きが妥当でなければ、裁定をした人物が国に損害を与えたことになる。
これについて、近畿財務局や大阪府レベルでどうだったかはわからないが、安倍さんが出張ったとは考えにくいだろう。
昭恵夫人の脇が甘くて絡んでしまっていたり、籠池さんがあちこち陳情しているので事態がややこしいが、基本的にまともな手合いではないので政治家側は「けんもほろろ」な対応をしている。
今となっては、ヤケクソで拳を振り回す籠池さんが痛々しい。
 
加計学園の問題の論点は、「国家戦略特区を利用した加計学園獣医学部新設」に、安倍さんの意向が働いていたかどうかである。
法律的にどうかは知らないが、どうとでも言える部分があるので、行き着くところまで行けば、「問題なし」と白黒つかずに終わってしまうだろう。
だからこれは「実際にどうだったか」という問題でもあるが、同時に安倍さんも最近よく口にする「印象」の問題でもある。
そういう意味では、実際に支持率が下がって泥沼化しつつある現状は、すでに自民党側の「負け」と言える。
 
状況もまったく異なる。
論点が初めから「特区指定のプロセスに安倍首相や官邸の働きかけがあったか」ということである。
森友問題よりダイレクトに、安倍さんが疑惑の対象になっている。
また今回の相手は加計学園ではなく、文科省である。
火の手が上がっているのは対岸ではなく、隣家というような状況である。
「何が出てくるかわからないが、うしろめたいことはない」と考えられる森友問題と違い、「問題はないが、出てきて気持ちいいものではないものが確実に存在する」という状況である。
 
高支持率にあぐらをかいて、強弁してパワープレーで突破しようとしたのが良くなかったとしか言いようがない。
「再調査したら、ないと言っていた文書が出てきました」というのは、その文書の問題性とは別に、実にバツの悪いものである。
先日の安倍さんの「反省」の弁も強気が混じっており、反省の色は認められない。
このままいくと、じりじりと追及を受けて印象だけがどんどん悪くなっていく。
問題自体が最終的にどんな形で決着するかとは別に、支持率は回復しないだろう。
 
面白いなと思ったのは、日経新聞世論調査で、この加計学園の問題で「納得できない」と回答した人が7割近くと圧倒的なのに対し、同じタイミングで半ば強行採決した共謀罪は3割以上の人が賛成しており、反対より10ポイント近く高いことである。
国民の関心が偏っているというか、政治に興味がないのがよくわかる。
説明に納得できないレベルで言えば、加計学園の問題と同等かそれ以上である。
結局、共謀罪創設が必要だった理由はよくわからない。
実質的には害はないのでどうでもいいと私は思っているが、まぁなくてもいいものを作る意味もないだろうとは思う。
 
残念なのは、これだけ自民党が失策を繰り返しているのに、野党がてんで話にならないことである。
これはもうどうしようもないかもしれない。野党第1党の民進党はもともと寄合所帯である。
また再編でもしない限り、勢いを持って特徴ある政策を打ち出せる野党にはならないだろう。
共産党は論外である。
こうなったら、調子に乗り過ぎた安倍さんを降ろして、次の神輿の乗り手を探した方がいいかもしれない。
それは自民党にとってもそうだが、国民にとってもそうである。
安倍さんの支持率が落ちたこのタイミングなら、モノを言える人も増えてくるだろう。
しばらくは見世物の演目には事欠かないかもしれない。
もちろん政争だけでなく、きちんと仕事もしてほしいと思うが。

挙式を終えて

先日、結婚式を終えた。

準備はいろいろと大変だったが、結果的に多くの人に喜んでもらい、祝福してもらえる式になったと、我がことながら思っている。

義妹と義父は最初から最後まで泣いていて、それが式の雰囲気をどことなく感動的なものにしていたかもしれない。

母を早くに亡くした妻は、父親と妹と助け合って生きてきたので、義実家の家族の人生の節目に対する感慨もひとしおだったろうと思う。

そのために式を挙げたと考えても、十分値するほどである。

 

私は式や披露宴の間中、ずっと周りの様子を観察していた。

親族や友人や相手側の出席者が、諸々の演出や話にどんな反応を見せるか伺っていた。

「あぁ、こういうところで笑うんだな」、「これには意外そうな反応をするんだな」などと思いながら観察していた。

2次会は行わなかったので、式が終わってから各自で集まっている友人たちの席に顔を出し、そこで「こんな反応をしてたよね〜」などと話していると、「相変わらず他人事みたいに観察してるな」と言われた。

もちろん他人事などではなく徹底的に我がことなのだが、もう人間がそういう風に出来上がっているのだから、仕方ないと諦めてもらいたいところである。

 

余興もしなかったし、演出もほとんどしなかった。

妻はとにかく写真に残したかったらしいので、「出席者全員と写真を撮る!」と息巻いていたのだが、その願いは意外とすんなり叶った。

むしろ皆がやたらと写真を撮りに来るので、料理に手をつける時間がまったくなかったほどである。

時間に余裕を持って式次第を組んだはずなのに、余すところなく時間を使い切った。

慌ただしかったが、それも良かったことだろう。

出席してもらった上司や友人も涙を流していた。

「お世辞抜きでいい結婚式だった」と言ってもらえたことは素直に嬉しい。

私は何も「感動的な式にしたい!」と考えていたわけではないが、結果的にそうなって良かった。

 

妻の友人からは「あれだけ(妻の)希望通りにして良かったんですか?」と言われた。

妻の好きな動物と妻の好きな花で染め上げた、まさに妻のためだけの結婚式だった。

やり過ぎとも言えるくらいの徹底した「好きなもの」づくしだったわけだが、私には希望などほとんどなかったので、それで良いに決まっている。

それは私の優しさでもなんでもなく、自分で考えるのがめんどくさかったからだとも言える。

あと、ファーストバイトで妻に食べさせる量をかなり小盛りにしたことが「優しい」と言われた。

それも私に悪ノリする趣味がないからと、隣で式場のエスコート係りの人が「フルーツでいいですよ。フルーツを食べさせてあげれば…」と囁くので、その意を忖度したまでである。

 

私の中座は母親にお願いしたのだが、それも喜んでもらえたみたいで良かった。

あまりベッタリされると気持ち悪いし、マザコンみたいで嫌だったのだが、一生に一度の親孝行と思って我慢した。

母は「(妻に)悪いわ〜」などと言いながらも、全力で腕組みをしてきた。

「あ〜、相当喜んでるな〜」などと内心思いながら、二度とないことだろうと思うと許しておこうと思った。

 

あとは梅雨のこの時期にしては尋常じゃない晴天だったことも良かったことかもしれない。

私は晴れ男なので何の心配もしていなかったが、予想以上に晴れ過ぎて暑いくらいだった。

妻からは「晴れ男、頑張り過ぎ」と言われたが、まぁ雨が降るよりは余程良いだろう。

大半は屋内だが、披露宴会場には陽の射すテラスがあり、そこが美しくて妻が気にいっていた。

望み通りの好天で、望み通り写真も綺麗に撮れたはずである。

妻は「やりたいことができた」とご機嫌だった。


私はと言えば、カメラマンから「もっと笑って!」とたびたび催促される始末だった。

前撮りのときと同じである。

頑張って笑顔を作ったせいで、表情筋は痙攣していた。

後日、そのときの写真を見た友人知人から、「普段は見せない笑顔で幸せそう」などと言われたが、それは普段と比べ物にならないくらい努力して笑顔を作ったからである。

私が幸せかどうかとかは関係ない。

まぁ私が幸せかどうかは別にして、周りの人たちが喜んでくれて何よりだなとは思う。

無理して笑顔を作った甲斐もあったというものだ。

走ることに向かない天気

今週のお題「晴れたらやりたいこと」

 

私は自分が晴れ男だと思っている。

非科学的ではあるのだが、確率的に考えれば、晴れてほしい用事があるときは、きちんと晴れになることが多い。

雨の予報が覆ったり、台風が逸れて行ったり、通常では考えづらい条件のときでも晴れたりする。

20歳を過ぎるまで、あまりそんな風に思ったことはなかったのだが、そんなことが続けばやはり少し意識してしまう。

そして意識するようになると、そういった符合は余計に目につくものである。

ただし、あまり周りに言ったことはない。

だがら私が晴れ男だと思っている人は少ない。

あまりあてにされても困る。

所詮、確率的に平均より少し優位だという程度である。

ただ内心、「今回も晴れたな」と感慨を覚えるだけである。

 

しかし最近、私が出場する予定のマラソン大会が雨に見舞われることが続いている。

私は十数年間、陸上競技をしてきて、レースは何十と出場しているが、雨の中でレースを走ったのは一度だけである。

だからここ2回続けて雨だったことは、正直驚いている。

普段なら雨でもレースに参加するところだが、この2回はいろいろ事情もあってDNSとした。

「雨程度で走らないなんて根性なし!」というのが、シリアスランナーの中ではわりと主流な意見だと思う。

私もそんな認識がある人間だったので、「雨だから」という理由でレースに出ないのは躊躇われたのだが、一人暮らしでなくなると自分の一存で決められないことも出てくるということである。

まぁたくさんあるレースのうちの一つ。

生きていられれば、また走る機会もあるかもしれない。


私は雨の中を走ることが嫌いなのだが、何が嫌かって靴下が濡れてぐちょぐちょ言うのが嫌である。

あと、濡れたシューズがなかなか乾かない。

下手な乾かし方をすると臭いが酷い。

阿呆だった学生の頃、ドライヤーで乾かしたら悲惨なことになった。

もう履けないと思わせるくらいの強烈な悪臭を放っていた。

以来、靴の乾かし方には気をつけている。

新聞紙を詰めたり、置き方を工夫したりして、手早く乾かすことが臭いを残さない秘訣である。


さておき、しばらくレースを走れていないので、晴れたら走りたいというか、ぜひレースの日に晴れてほしいなと思う。

これからの季節は晴れたら暑くて大変なのだが、私はそれでも快晴の空の下を走ることが好きだ。

何も考えず、青空に吸い込まれるように風を切る。

走るのには向かない天気かもしれないが、汗まみれになりながら気炎を上げるのも、一興なのである。

2017 ユニコーンステークス、函館スプリントステークス 〜結果〜

syuten0416.hatenablog.com

 

ユニコーンステークス

買った馬券

3連複軸1頭ながし:7ー2、4、5、9、15

 

結果

1着:8サンライズノヴァ

2着:2ハルクンノテソーロ

3着:15サンライズソア

 

わからないときは、いつも通り本命から3連複でながすことにしている。

しかし本命は伸びず、安易に切っていたサンライズノヴァが勝ち、どちらかといえば話にならない結果に。

サンライズノヴァはレースや実績を見ていると、「そこまで人気するか?」と思っていたが、終わってみれば4馬身差の圧勝。

雨も味方したのかもしれないし、乗り替わりも吉と出たのかもしれないが、見事と言うべきところだろう。

 

函館スプリントステークス

買った馬券

馬連ながし

10ー2、8、9、13

13ー2、8、9、12

8ー9、12

 

結果

1着:8ジューヌエコール

2着:3キングハート

3着:4エポワス

 

事前の予想に内側の枠からノボバカラを加えて、馬連で手広くながしてみた。

オッズを考えたら、キングハートより妙味があるかなと。

オッズが低いシュウジとセイウンコウセイの組み合わせだけ切ったが、あとは予想の上からそのまま。

例年荒れると言われると、3着まで当てる自信がなくなるチキンっぷりである。

まぁ、小細工しても結局外れたのだが。

ジューヌエコールは斤量に恵まれているとはいえ過剰人気かなと思っていたが、こちらも終わってみればレコード勝ち。

つくづく見る目がないなと感じるところである。

キングハートも軽視していたし、エポワスに至っては印を回す気すらなかった。

完敗と言ってもいい結果である。

 

先週までの好調ぶりは影を潜め、一転して2レースともかすりもしなかったと言ってもいい結果である。

そういえば中央競馬を自分で買うのは去年の秋からだったから、夏競馬は今年初めてなんだよな。

ちょっと自信をなくしそうな負け方だったが、気を取り直して来週は春競馬一区切りのG1。

宝塚記念をしっかり射止めて、夏に向かって走り出したいところである。

経済格差と教育格差

「経済格差が教育格差に結びつく」というような話を、しばしば目にする。

お金がないから塾などの教育に費やす費用が少なくなり、結果的に進学先のレベルが下がり、それが就職先のレベル、つまり収入の高低につながり、収入が低い親から生まれる子も同じ道を辿るので、経済格差が固定される、というような理屈である。

わからないでもない。

そしてこれが実際にその通りなら、幼児教育から大学までの高等教育が無償化されることによって教育の機会均等の問題は多少解決されても、それに付随して起こるようなこういった問題は解決されない。

私は経済的困窮により生じる教育機会の問題を解決することより、こういった根本的な経済格差の問題を解決することの方が重要なのではないかと思う。

例えば、「大学に行けるならどこでもいい」というなら無償化すれば問題は解決するが、「◯◯大学に行きたい」とか「この仕事をしたい」となれば、それ相応の高度な教育を受ける必要が出てきたりする。

本人の努力と能力だけで、それらの問題をクリアできるケースは稀である。

結局はお金がないと解決できないことが出てくる。

 

この経済格差と教育格差の問題は、実はとても深刻なのではないかと思う。

それは単にお金の問題だけではないと思うからである。

例えば、お金持ちの家庭とそうでない家庭では、家庭内の雰囲気やルールなども違うだろう。

食べるもの、遊びに行くところ、使っているシャンプーなども違うだろう。

進学する学校によって、周囲の友人のタイプも決まり、それにより醸成される人間関係や人との付き合い方も変わる。

そういった生活の隅々にまで、経済的なレベルの違いによる生活の質の違いが潜んでいる。

それはその人の意識、考え方、発想を規定する。

ハングリー精神でもって一発逆転を狙える人は、世の中においては少数である。

世界はそんな風に都合良くはできていない。

そもそも経済的に恵まれない環境で育てば、多くの人は一発逆転を狙うより、まずは明日生きていくための堅実な選択肢を探すだろう。

それが環境による意識の規定である。

余裕があるからこそ生まれる発想もある。

 

歴史的にはそういった格差が固定された状況の方がずっと長かったわけである。

それが戦後、焼け野原になって多くの人が0からのスタートを余儀なくされた。

戦後というのはもちろん大変な時代であったわけだが、見方によっては格差の少ない一発逆転の可能性に恵まれた時代だったかもしれない。

しかし時代が進むと、経済的な差のない状態から、徐々に差が取り戻せない状況に変わってくる。

そして取り戻せない差が、確たるものとして固定されてくる。

経済的格差が固定化される。

ある意味では、現代日本の経済的格差の問題というのは、起こるべくして起こる問題と言える。

 

富というのは力である。

力のないものが力のあるものに勝つ方法はない。

勝つには力をつけるしかない。

格差を解消するには、富を再分配する必要がある。

普通に考えれば、富を持っている側は抵抗する。

富のない側は、富以外の力、具体的には数で対抗する必要がある。

つまり民主主義に則って、多数決で高所得者から富を搾り取る仕組みを構築するのである。

本気で経済格差を解消しようとするなら、こんな方法しかなくなるのではないかと思う。

 

もちろん、これは圧倒的多数の低所得層と少数の富裕層という構図でなければ成立しない。

現実にはそんな風に綺麗に人々は二分化されていない。

どこまでの人が取られる側に回り、どこまでの人が取る側に回るのか。

その線引きの位置によって、人々は綱引きをすることになるのである。

お金の話となると、なんとも世の中辛いものだなという気がする。

結局、個人のレベルで経済格差をどうにかする方法はない。

お金がなくても満足して生きていけるように、考え方を変えるしかない。

それは間違いない方法であるし、それで十分でもあるのだが、やはり敗者の論理だなとも思うのである。

先立つ物があっての人生だということか。