異呆人

毒にも薬にもならない呟き

第二の故郷

久しぶりに沖縄に行くことになった。

今進めている新しい仕事の話のためである。

同僚との同行出張なので、自由に行動する時間はない。

遊ぶ時間はない。

まぁ、遊ぶつもりもないが。

私は大学の4年間をそこで過ごしている。

だから、もう十分に行きたいところには行った。

遊びたいという気持ちも湧かない。

現地の観光客向けではない定食屋で、沖縄料理でも食べられたら十分である。

 

沖縄の大学に行くことにしたことに大した意味はない。

当時は哲学を専攻したかった。

あまり親に学費を出させたくなかったので国公立が良かったし、同様の経済的な理由から浪人もしたくなかった。

当時の私の学力で現役合格がある程度見込め、哲学が専攻できる文学系統の学部がある国公立といえば、それほどたくさんはなかった。

その中で最も気候的に過ごしやすそうだったのが沖縄だったというだけである。

だから2次試験の面接で「なんでわざわざ沖縄まで来るの?」と聞かれたとき、素直に「暖かいからです」と答えたものだ。

今思えばとんでもない奴だが、まぁそんな学生を合格させた教授陣も肝が座っている。

 

実家を遠く離れ、誰も自分のことを知らない土地で生活したいという気持ちもあった。

高校生の頃の私は、中身的には今とほとんど変わっていない。

生き方、考え方、ポリシー、信念。

何と言ってもいいが、それはほとんどそのままである。

ただ、自分が頭の中だけで組み上げた理屈に、些か不安はあった。

自分には圧倒的に人生経験が足りないという自覚があった。

だから当時の自分が信じる通りに生きてみて、それが通用するのか知りたかった。

世間の風に当たれば心折れるような口先だけの甘ちゃんではないか、どこにでもいる頭でっかちな若造の1人ではないか。

それを確かめたかった。

生活力も必要だと思っていた。

生きる力といってもいいだろうか。

理屈がこねられても飯は食えない。

そういうこと。

 

実際、沖縄での一人暮らしは刺激的だった。

料理をしたり、洗濯をしたり、買い物をしたり、といった一人暮らしに必要な能力が養われるだけではない。

言葉が違う、文化が違う、気候が違う、食べ物が違う。

それを肌で触れ、受け容れ、吸収することの驚きと喜び。

なるほどこれが「経験する」ということか、と思った。

知っていることと知らないことの間には大きな隔絶があるが、触れたことのあることとないことの間にも大きな隔絶があるのだと知った。

情報や知識というのは切り取られたパーツである。

しかしその中には本来、文化的な背景と地続きに文脈の中で語られるものもあるのである。

沖縄で飲むオリオンビールと東京で飲むオリオンビールとでは味が違う気がするのと同じ理屈と言えばいいだろうか。

それが面白かった。

 

しかしそうやって新しいものに触れ、自分の中の何かが豊かになっていく一方で、自分自身というものが結局どこに行っても変わらないものなのだなということも思い知った。

良い意味でも悪い意味でも。

私の考え方は結局変わらなかった。

やはり自分にとって生きていく意味とか価値とかは見出せなかったし、その先の人生をポジティブに生きていくイメージも持てなかった。

そしてそんな考え方でもって虚無的に、一匹狼的に生きていても、気づいたら周りには人の輪ができていた。

地元を遠く離れて人間関係をリセットしたつもりでいたが、わざわざ訪ねてくる友人がたくさんいた。

新しい環境ではできるだけ人付き合いを避けて静かに生きていこうと思っていたが、放っておけなくて力を貸すことも多かったし、求められて前に立つこともたくさんあった。

結局、自分らしく生きていれば、どこにいて何をしていても同じような環境が自然と構築されるものだと知った。

環境を変えたって仕方ないのである。

自分を取り巻く環境を作っているのは、引きつけているのは自分自身なのだ。

周りの人を変えようが、住む場所を変えようが、自分自身が変わらなければ、それは同じことを繰り返すにすぎない。

 

私にとって沖縄という土地は、0からの新しい環境で自分自身を生き直してみて、自分というものの本質を確認させられた土地である。

いろんな思い出も思い入れもある第二の故郷のようなものである。

だから空港に降り立ち、亜熱帯の匂い立つような、蒸した空気を吸い込むと、とても感傷的な気持ちになる。

営業活動で久しぶりに街々を巡ると、思っていたよりずっといろんな景色を自分が覚えていた。

そして10年以上の歳月を経て、その景色も少しずつ変化していた。

それだけの月日の間に、私はどれだけ変われただろうか。

家庭を持ち、仕事もいろいろ経験し、置かれた状況は変わった。

それでもやはり本質はあの頃と変化していないなと感じる。

そう、こうやって抱く感傷がその証拠なのだ。

変われていないことを、見ないようにしている。

見えないフリをしている。

上手く振る舞えるようになったというだけなのだ。

まぁそれも大事なことではあるのだけれど。

さて、ノスタルジーで遊んでないで、仕事するかな。

どこかの誰かの未来のために

最近いくつか大事な仕事をしている中で、「朱天さんは誰かのために何かするときの方が力が出る人ですね」と言われた。

そうだなと思う部分もあるし、違うなと思う部分もある。

半分正しくて、半分勘違い。

というのが、そう言われての素直な感想である。

 

私は普段、何事に対してもさほどヤル気がない。

というより、心底やりたいことがない。

私のやりたいことの多くは「時間があればやりたいこと」である。

ゲームしたいとか、身体を動かしたいとか、何か楽しいことをしたい、みたいな。

私は人生を壮大な暇潰しだと思っている。

与えられた時間を、いかに苦痛を少なく、快楽を多く享受して生きるか。

生きることにご大層な意味などない。

時間が巻き戻らずただ前にだけ進むように、水が高いところから低いところへ流れるように、生まれ落ちて死に向かって転がるのが人生だと思っている。

与えられた苦難にも、幸福にも、早い死にも、運命的な出会いにも、意味はない。

意味を見出したがるのは、無意味を受け入れたくない人の性である。

 

そう思っているから、何をしても、何をしなくても、私にとってそこに意味はなく大差がないのである。

私のやっていることは、生きるために必要なことか、不快を回避し快を享受するための作業である。

ただし、その作業自体に快があるならヤル気は出る。

私が誰かのために何かをするときにヤル気を見せるのは、私にとってそれ自体が快楽だからである。

私は人生に意味を認めないが、万人にとって人生が意味のないものだとは思っていない。

むしろ意味を見出すことが人の性なら、自分の生に意味や意義を見出そうとすることは、非常に人間らしい行為だと思う。

だからその意味や意義に基づいて生きようとする意志は尊いと思うし、むしろいつ死んでもいいなんて思っている私の人生は、そういった人たちのために使われるべきだと思っている。

だから私は、それが著しく私を不快にするものでなければ、喜んで私の時間と能力を他人に提供する。

そして私は他人から意味や意義を分けてもらう。

私にとって無駄なものが誰かにとって意味あるものに化ける瞬間、私は自己承認や効力感を得られる。

それが快である。

つまり、ギブアンドテイク。

だからそれを自己犠牲とか奉仕の精神として語られると、少し違うと思う。

私は確かに誰かのために何かをするときに生き生きとしているかもしれないが、それは他でもない自分のためである。

こんなことをくどくど考えながら生きてきて、そして生きているのが私という人間である。

信じられないくらい退屈な奴だなと思う。

 

話が変わるが、「どこかのだれかの未来のために」というフレーズが好きだ。

高校生の頃にプレイした「ガンパレード・マーチ」というゲームに出てくるスローガンである。

少年少女たちが兵器に乗って、無尽蔵に湧いてくる怪物と戦う話なのだが、結構過酷な設定で、彼ら彼女らは戦況の悪化の中でどんどん追い詰められていく。

それでも前線に立って戦い続ける彼ら彼女らが口ずさむのが、前述のフレーズである。

もしかしたらいつの日か戦場で倒れ、明日を迎えられなくなるかもしれない。

それでも自分たちが戦い続けることで助かる命があるなら、恐怖に打ち勝ち戦い続けよう。

そういう意味だと勝手に解釈している。

極限状態のゲームのストーリーだから輝くフレーズではあるが、そんな風に生きられたら素敵だなと思う。

もちろん私に世界は救えないし、誰かにとってのヒーローになることも容易ではない。

しかし自分が生きていることが少しでも他人にとってプラスの影響を与えるなら、それが直接的であれ間接的であれ、おとぎ話並みに素晴らしいことだと思うのである。

まぁそんな風に妄想でもしないと、人生というのはめんどくさくてやってられないというのもあったりするが。

さてまぁ、とりあえず一生懸命仕事でもしますかね。

自分が社会に還元できることはその程度である。

どこかの誰かの未来のために。

 

今週のお題「ゲームの思い出」

「かわいい」は所詮「かわいい」

最近、「朱天さんの『かわいい』はアテにならない」と言われる。

まあ確かに、私は女性に対してライトに「かわいい」という言葉を使う。

外見の評価として他人に伝えることもあるし、本人に直接言うこともある。

「アテにならない」というのは、その範囲が比較的広いということなのだろうが、別に思いもしないことを言っているわけではない。

「かわいさ」あるいは外見的な「美しさ」というのは、様々な種類がある。

その形容は「可憐な」だったり「凛とした」だったり「愛嬌のある」だったり、他にも人によって形容の仕方は違うだろうが山ほどあるだろう。

私の「かわいい」の対象範囲が広いというのは、それを私の好みというバイアスを極力かけずに使うからであって、つまりは「それを『かわいい』と思う人はどこかにいるはず」というレベルで使っているからである。

外見的な部分についてだけでもそうなのだから、内面的な評価まで含めていえば「かわいくない人はいない」と言えるかもしれない。

何をどうアテにするつもりか知らないが、確かにアテにならないかもしれない。

 

そもそも、外見的な評価としての「かわいい」は、それ以上もそれ以下の意味もない。

好きか嫌いかとは、まったく次元の違う話である。

美しい景色、月や夕陽や星空、路傍に咲く花を見て、「綺麗だなぁ」と呟くのと同じレベルである。

例えば、野原に咲く美しい花を見て、それを「写真に収めたい」と思うか、「手折って持ち帰りたい」と思うか、とは別の話であるのと同じ。

「かわいい」から、友達になりたい、付き合いたい、結婚したい、セックスしたい、と思うかは別の話である。

外見の評価はあくまで外見の評価でしかない。

だからこそ、ライトに使う。

誤解を生むような場面では使わないようにしているが、基本的にそれをどう受け止めるかは私の知ったところではない。

 

例えば、私は妻を「かわいい」と思っている。

しかし、私の外見的な好みど真ん中であるかと言えば、そうではない。

「主観的に10点満点で点数をつけろ」と言われたら、5点くらいだろうか。

たぶん客観的に見ても4〜5点くらいだと思う。

妻は付き合った当初、自分の容姿を卑下することが度々あった。

私自身は「かわいい」と思っているので、それをずっと伝え続けてようやく自虐しなくなったような具合である。

少なくとも、一般的に「美女」には分類されない。

私は妻と付き合うまで誰とも交際しなかったので、「朱天さんが付き合うって、どんな人なんだろう?」と周囲にはものすごく期待されたが、写真を見せると、がっかりしたのを隠すような反応を見ることが多かった。

 

逆に言えば、私の外見的なものに対する評価はその程度でしかない。

だからこそ、「かわいい」をライトに使う。

粗製乱造して使い捨てられる。

一山いくらのものである。

そこから一歩進んで「好き」かどうかにはハードルがある。

もちろんそれもハードとソフトと両面に対して使えるのだが、「好き」は「かわいい」よりもずっと重たい。

人でなくて、ものやサービスにしてもそう。

「好き」はなかなか気軽に使えない。

程度にもよるが、本当に自分がそれを「好き」かどうか反芻してしまう。

もっと進んで「愛してる」となると、妻にしか使ったことがない。

アムールの国なら別なのだろうが、私からすれば一生で数えるほど使えば十分である。

 

外見がその人の評価にまったく関係ないとは言わないが、そこまで重要な本質ではないと思う。

逆に、外見の良さ一点で、他の欠点に目を瞑れる人がいるなら、それはそれですごいことかもしれない。

私には怖くてとてもできないが。

開かれたドアの向こうの鍵のかかったドア

最近、同僚に非常によくしてもらっている。

彼から中古ギターを買って、弾き方をあれこれ教えてもらっているのだが、自宅に招かれてとても丁寧に教えてくれる。

下手くそな私に嫌な顔せず根気よく付き合ってくれる。

とても助かっている。

ついでに彼の奥様にもよくしてもらっている。

彼はときどき、会社のメンバーを集めて自宅で飲み会を開く。

彼の奥様もそれを望んでいるらしい。

彼は下戸なのだが、奥様は喜んで一緒に飲んでくれる。

もはや友人のような感覚である。

 

そんな奥様からは、最近漫画を拝借している。

ギターを教えてもらいに行った折、某Tのお店で妻と漫画を借りている話をしたら、「その漫画が面白いと思うなら、これも読んでみて!」とオススメを貸し出されたのである。

彼女がアニメや漫画好きというのは知っている。

しかしまさか借りることになるとは思っていなかった。

そして、この借りた漫画がまた面白いのだ。

家でのちょっとした隙間時間に読み進めている。

なんというか、至れり尽くせりである。

 

なぜ、こんなによくしてもらっているのかわからない。

非常にありがたい話である。

しかし、こういうことはときどきあるのだ。

その度、私の人生は人に恵まれているなとつくづく感じる。

私はさほど人付き合いの良い方ではない。

来るもの拒まず去る者追わず、といったスタンスだが、めんどくさければ誘いを断ることも厭わない。

1人で平気な人間なのである。

時間の潰し方はいくらでも持ち合わせている。

むしろ、何をしようか考えている時間が楽しいくらいである。

 

そんな私を、多少渋るときも時に強引に連れ出してくれる人がいたりする。

中学生のときの友人がそうだった。

彼は私にカードゲームというものを教えてくれた人間で、よく私を遊びに連れ出してくれた。

「〜行こうよ」と言う彼に、私が「え〜、めんどくさい」と言うまでがいつもの流れみたいなもので、今思えばよくもまあ根気強く誘ってくれたものだなと感謝するしかない。

彼とは今も連絡を取り合い、帰省の際には飲みに行ったり、遊びに行ったりもする。

 

高校生の頃は最も人間関係を忌避していた時期だったのだが、それでも半ば強引に絡んでくる人たちがいた。

授業中も休み時間も、ずっと寝てるか本を読んでいる私に、飽きずに声をかけてくる友人がいた。

寝るか本を読むかの人間の何が面白いのかわからない。

そういえば、ゲームを貸してくれたこともあった。

あれはどうしてそんな流れになったのだろう。

今となってはまったく思い出せない。

 

大学の時も仕事をするようになってからもそうで、私の人間関係というのは非常に受動的に構築されている。

誰かが声をかけてくれて、連れ出してくれて、いつの間にか周りに人がいる。

たぶん私の人生というのはそういうものなのだな、と思っている。

私が望むと望まざるとに関わらず、人と関わるようにできているのである。

幸いなことは、あまり嫌な人間関係がなかったことだろうか。

小学生の頃にどうしても嫌なグループに加わっていたことがあったが、あれはたぶん自分自身がどうしたいか、つまり信念みたいなものがなかったせいだと思う。

自分の中で受け入れられるライン、守らなければならないライン、そういうものがはっきりしてくると、自ずと人付き合いというのは選別されていくということなのだと思っている。

 

そういえば以前、友人がカラオケで何かの曲を歌ったとき、「心の扉を開いて」という歌詞が出てきた。

歌い終わった後、彼は何があったのか「俺も心の扉をもっと開かないとなぁ」と、しみじみと呟いた。

それを聞いた私は軽口で、「そうだな、俺みたいに来るもの拒まずでバンと開いておかないとな」言った。

すると彼に「お前の場合『誰でもどうぞ』って開いているドアの向こうに、もう1つ鍵のかかったドアがあるけどな」と言われた。

なるほど、言い得て妙である。

絶対に開かないとわかっているドアがあるから、「ここまでは大丈夫」と安心して開放できるドアもあるということか。

そう考えると、もしかすると私の魅力というのは、入った部屋の向こうにまだ何かあるぞ、と思わせる不可思議さにあるのかもしれない。

まぁ、本当にそんなものがあるかどうかは別として。

授かりもの

少し、忙しい。

今年度は担当顧客の大部分を後輩に任せ、私はわざと自由に動ける時間を作られていた。

細々した仕事はいろいろやるし、それに関しては重宝がられるのだが、ボリュームが少ないので概ね時間は余る。

だから、ゆったり仕事をして定時に上がる毎日である。

そんな状況だったのだが、同僚がとある案件を持ってきて急にドタバタした。

面白い新規案件だとは思うのだが、リスクもいろいろあって社内で話を通すのが難しそうな内容である。

私1人なら「めんどくせぇ」と思って匙を投げている。

しかし同僚は、会社の将来のことも考えて「この話をなんとしても通したい。だから協力してほしい」という。

彼にはギターの件も含めて、大変世話になっている。

義を見てせざるは勇無きなり。

いや、少し違うか。

まぁそこで私は策を弄し、ついでに強引に押し込むパワープレーもして、なんとか話に道筋をつけた。

正念場はまだこれからだが。

 

この新規案件は先方に回答する期限があるので急ぎである。

ついでに、自分の担当の大口顧客が急に新店舗を立て続けにオープンさせたので、対応に追われている。

新店対応でしばらく土日は休めていない。

代わりに平日に休むのだが、そのややこしい新規案件が山場を迎えていて、今週と来週は満足に休めそうもない。

大口顧客は後輩2名と一緒に担当しているのだが、彼ら彼女らは昭和のサラリーマンよろしくハードワークを美德としているので、私が口酸っぱく言わないとなかなか振替休日を消化しない。

だから、うるさく言って優先的に休ませている。

そして自分が休めないという皮肉。

ちなみに新規案件は社内でもマル秘なので、「〇〇で忙しいから」と代打も立てられない。

ややこしい。

 

そのせいか、体調があまりよろしくない。

先日の発熱からの体調不良は良くなったのだが、どうにも疲労回復が遅い。

夏バテかもしれない。

ついでに数年ぶりに便秘。

昔は便秘症だったのがここ数年は食生活を改めてすっかり治っていたのに、久しぶりに顔を出して結構辛い。

食生活は変わっていないので、運動不足かストレスだろう。

すぐにどうこうできることではない。

毎日床につけば秒単位で彼方の世界に連れ去られる。

そんな状態なので、ギターの練習とかゲームとかブログを書いたりとか、小さなやりたいことはいくつもあるが、どれも少しずつしか手をつけられない。

まぁそれも、ストレスと言えばストレスか。

 

そんな中、どうやら妻が妊娠したらしい。

彼女は毎度生理が遅れるたびに「もしかしたら!」と期待し、生理が来てはその辛さと子供ができていなかったショックに二重に凹んでいた。

が、今回は本当に妊娠していたようである。

まだ2ヶ月程度なので安心できないが、妻の喜びに冷静な解説をして水を差すのも心苦しいので、2人で素直に喜んでいる。

私もそうは見えないらしいが、嬉しい。

2018年の目標はクリアである。

実感などは実際に産まれたときに湧くのだろうから、今はなんとも思わない。

もう少し言うと、仕事の難題以外に考えなければならないことが1つ増えてしまったと思うだけである。

 

妻が病院から持ち帰ってきた、たくさんの冊子に目を通す。

必要な情報やタイムスケジュールを一通りインプットする。

義父が私の実家に遊びに行きたいと言っていたので、それは安定期に入ってからにするか。

それで次の正月は私の実家には帰らないようにしよう。

引っ越しはとりあえず棚上げだな。

なんなら産んでからしばらくは、妻は子供と実家にいればいい。

5LLDKの庭付き戸建てに、今は義父1人しか住んでいない。

私もその気になれば、新幹線通勤すれば会社には通える。

そんなことを、あれこれ考える。

まぁ、あくまでロードマップ。

生き物なんだから、何があるかわからない。

楽観も悲観もせず、いつも通りにほんの少し色がつくくらいでいいだろう。