異呆人

ノンフェータルなペシミズム

酔っていたい

最近、毎日晩酌をしている。

たくさん飲むわけではない。

350mlの缶ビールを1本だけと決めている。

それでしたたか酔えるほどアルコールに弱くはないが、まったく酔わないほど強くはない。

アルコールが入って、自分の身体が平常時から変化していると感じられる程度。

物足りないと感じるくらいがちょうどいい。

妻は飲めないので、1人で淡々と飲む。

もしくは子供の相手をしながら飲む。

いずれ、賑やかな酒ではない。


酒が好きかと問われれば好きだと答えるだろうが、世の左党の方々から比べれば大したことはないと思っている。

あれば飲むが、なければ飲まない。

強くもないが弱くもないと言っているし、強いと言われることもあるが、たぶん体質的にはアルコールを上手に分解できるタイプではない。

すぐ赤くなるし、眠くなる。

あと、最近になってようやく甘い酒や、甘いものと一緒に飲むと頭痛がすることを理解した。

まぁそんな程度の酒飲みである。

本当に飲まなきゃやってられないような人からすれば大したことはない。


それでも最近、無性に酒を飲みたくなることが増えた。

昔は酒なんて仲間と騒ぐためのツールでしかないと思っていたのだが、今は酒そのものが目的になっている。

かといって、特別に美味い酒が飲みたいわけではない。

発泡酒だか第3のビールだかわからないようなもので十分である。

さすがにアルコールが入っていれば何でもいいと言えるほどではないが、不味くなければ事足りる。

つまりは酒を飲む状況を楽しむというより、ただ酔っていたいだけなのだと思う。

自分でもよくわかっていない。

ただ、1人酒を飲んでいる状況というのは、他に何もしなくていい状況である。

誰かと飲みに行けば話を聞くことになるか、自分が積極的に話すことになる。

1人で飲んでいるのは気楽でいい。

もちろん、気を遣わない相手と飲んで、ただクダを巻いていればいいのであればそれでもいい。


疲れていると言えば、疲れているのだと思う。

体力的にしんどいとか、睡眠時間が足りないとか、そういうことではない。

ただ、気を張っていなければならない状況が長く続いている。

常時集中力を要されるわけではないが、考えるべきことが多岐に渡っていて、それぞれに期限というか進め始めるタイミングがあって、常に何か別のタスクを頭の中に置いた状態で仕事をしている。

一つの遅れはたぶんその時点では大した影響のないものなのだが、それが回り回ったときに後がつかえると大変なことになりそうなのである。

先々まで考えてわりと危機感を持って取り組んでいるのだが、周りにあまりその危機感がない。

私が心配性なのだと言われればそれまでなのだが、大事に至ったあとでは遅いし、そもそもそういう状況になれば誰が責任を取るのかという話になる。

そういうことを自分だけが考えているということがフラストレーションになるし、ストレスにもなる。

「自分の考えるべきことじゃないし、知らねえ」と言って放り出すのは簡単なのだが、単にそういう無責任なことができない性分だというだけである。

損な性格だということは理解しているし、それは背負って生きていくつもりでもある。


ただやはり何も考えたくないときというのはあって、たぶんそれが比較的果たされるのが酒を飲んでいるときなのだと思う。

思考が麻痺するから、上手に考えられない。

たぶんそのくらいがちょうどいいのである。

考えたくないなら、考えられない状態になってしまえばいいということか。

それを言うなら、生きていなければ何も考えなくていいわけで、だからこそ死が私にとって根源的に魅力的なものなのかもしれない。

考えるから、感じるから苦しむ。

社会的な成功を望むなら頭は回った方がいいのだろうが、別に人よりよく考えられたからといって生きていくのにどうということはない。

むしろ下手に頭が回らない方が、他人から見れば憐憫の対象となるのかもしれないが、本人にとっては幸せに生きていけるのではないかとさえ思う。


そしてまたこうやって余計なことを考えてしまうから嫌になって、酒でも飲んで思考停止したいと思うのだろう。

くだらないなぁ。

混ざり合った世界から取り出す

夢を追いかけることの素晴らしさを謳ったものはいつの世にも溢れている。

私はやりたいこととか夢みたいなものがない人間なので、どちらかというとそういうフレーズには辟易してしまう。

「やりたいことを見つけよう」とか「夢を諦めないで」といった文言を見かけると、「うるせぇ、ほっとけ!」などと思ってしまう。

夢とか目標みたいなものがあることの素晴らしさは認めるし、ないよりあった方がいいとも思うが、そういったものは誰もが抱けるものではない。

まるで義務のように喧伝されてしまうと、夢を抱けない人が怠惰だったり劣ったりするかのように聞こえてしまう。

言っている方にその気がなくても、受け止める方がそう受け止めてしまうのではないかと思うのである。

個性がどうとかいうのも同じ。


ただ努力をする人間を馬鹿にするような風潮もどうかと思う。

私は「意識高い系」という言い方が好きではない。

意識が高いこと、目標や理想像を持ってそれを追いかけることそのものは悪いことではない。

まぁそんな揶揄のされ方をする場合は、概ね努力の方向が間違っていたりするのだが、それはそれである。

人に先んじて高みを目指すことを否定する風潮が生まれると萎縮する人も出るだろう。

人から揶揄される程度で萎縮するような人間ならそれまでと言えば、それもそうだと思うが。


人によって価値観も違えば、能力や境遇も違う。

極端に、何が正しいとか、こうでなければならないとか、そういった断定的な触れ込みが多いように感じる。

夢を追いかけたって、堅実に生きたって、そんなものどちらでもいいではないか。

それはそれぞれのメリットとデメリットを勘案し、個人が自由に決めることである。

自由に決められるということは結果を引き受ける責任を負うということでもあるのだが、人生というのはその責任を引きずりながら歩く道のりである。

逃げられはしない。

誰かに選択を委ねることも「選択を委ねること」を選んでいるのだし、選ばないことも「選ばないこと」を選んでいるのである。


お金に関しても、世の中に溢れている価値観には極端なものがままあると思う。

拝金主義と言われるほどに社会的成功を追い求めるのはどうかと思うが、お金を稼ぐことそのものは否定されることではない。

先立つものがなければ生きていけない。

愛だけでは飯は食えない。

もちろんお金がなくても幸せに生きていくことはできる。

しかしそれはあくまで「そういう事例がある」というだけで万人に当てはまるわけではない。

金の切れ目が縁の切れ目になることもあれば、愛さえあれば他に何もいらないこともある。

自分には何が当てはまるのか。

世の中に溢れる価値観から単に都合のいいものを選ぶのではなく、本当に自分が大切にしたいものや望む生き方と向き合って考えなければならない。

借り物な所詮、借り物である。

咀嚼して自分の血肉とならなければ、いざというときに張りぼてが剥がれ落ちる。


中庸というものを説きたいわけではない。

現実が混沌であると思うだけである。

ほどほどが良いわけではなく、Aが良い場合もあればBが良い場合もあり、その中間が良かったり、3:7でAに寄ってる場合が良かったりもするのである。

正解はあるのだが、その人によって、あるいはその人の置かれた状況によって異なるのである。

拙速に、手軽に、答えだけを得ようとする風潮はインターネットが普及して、情報へのアクセスが簡便になり過ぎた故だろうか。

風に吹かれてなびくように、情報に過敏に反応して右往左往する人が増えた気がする。

思考停止。

誰それが言っているとか、どこそこに書いてあるとか。


そんな世の中に思えるから、たまに芯の通った人に出会うとなんともホッとする。

自分の境遇により過ぎず、かといって社会とか他人に価値観をおもねるでもない。

自分も他人も客観的に捉えられるけど、その上で「私はこう思う」という考えのある人。

そういう人と、ただダラダラ酒でも飲んでいたい。

なんだか安心できないのである。

いろいろな物事が。

「おいおい、それで大丈夫か?」と思って見ていると、案の定、大丈夫でないやつ。

あまり他人に口出ししたくないのだが、口を出さなかったがゆえに転ばれるのも寝覚めが悪い。

はい、ただの愚痴です。

テンプレート

今週のお題「2019年上半期」


1年という区切りを年始から年末までではなく、年度始めの4月から3月までで考えてしまうのはサラリーマンの悲しい性か。

だから6月が終わった段階で「上半期終了」と言われてもピンと来ない。

そもそも半年経ったという感覚がない。

これはもうここ数年ずっとそうなのだが、時間があっという間に過ぎたという感覚と、ものすごく長い時間を過ごしたという感覚が併存している。

中身の濃い時間を過ごしているのかもしれないし、時間の感覚が狂っているだけかもしれない。

以前にも書いたが、そのせいで自分の年齢まで覚束なくなる始末である。

始末に負えない。


さておき、くだらない話からくだらない話へ繋ぐと、今年の初めには「ギターが趣味ですと言えるようになる」という目標を掲げていた。

ギターの経験などまったくないのに同僚にバンドメンバーに誘われ、なし崩し的に参加することになったものである。

楽しいんだけども、弾けなすぎて申し訳なさすぎる。

まぁそれでも、子育てと並行しながら自分なりに練習はしていた。

しかしコンスタントに開催されていたこの集まりが、4月半ばにメンバーの都合がつかなくなって土壇場で取り止めとなった。

そしてそこから休止になってしまっている。

理由は単純で仕事が忙しいから。

なんせメンバー5人のうち3人は私と同じ会社の人間である。

仕事が忙しいということは3人とも忙しいということである。

他のメンバーも転職したりなんだりで、やはり忙しい。

勤め人というのは難儀なもので、何かの拍子に歯車が狂って止まってしまうと、お互いの都合が合わずなかなか再出発できない。

多趣味なメンバーにとっての片手間の趣味だから、強い動機がないため尚更である。

私も練習したいが仕事や家庭で時間が取りづらいし、ついつい放置してしまっている。

そんなこんなで2ヶ月ほど過ぎてしまった。

急がず焦らずタイミングを待つ他ないか。


ランニングもまったくしていないし、ゲームも通勤時間がプレイ時間で、個人的には十分やれているとは思っていない。

趣味らしい趣味にほとんど手をつけられていない。

では何をしているかというと、仕事と子供の世話をしているだけである。

それが別に嫌だというわけではない。

やり甲斐はあるし、何%かは楽しみも混ざっている。

実際、私は現状に対して自分でも驚くほどなんの感慨も抱いていない。

嫌だとも思わないし、すごく楽しいとも満足しているとも思わない。

やるべきことをやっていて、それだけで持てる時間を使い切ってしまっている現状に、仕方がないと思っているし、仕方がないことにフラストレーションやストレスは感じていない。

もしストレスやフラストレーションがあるとしたら、それはもっと根深い私という人間の存在そのものに関わるもので、つまりは現状が現状でなかったとしても恐らく抱いていたであろうものである。

ではどうなりたかったかという代替の選択肢を思いつかない。

つまり自分で望んだ未来に辿り着いて、予定調和を眺めている。

「そんなもの、何が面白いのか」と叫んで卓袱台を叩けるほど若くはないし、気概もない。


きっと今年の残り半年も同じように過ぎていくと思う。

やるべきことをやっていたら、もう何もする余裕がなくなりそうである。

これを雌伏のときとして、どこかで立ち上がろうというつもりはない。

若かった頃になりたくなかったタイプの大人だが、望んでなったのである。

それでも自分以外の誰かを幸せにできるのであれば、それはそれで意味のあることだと思っている。

誰かのために何かをする最も効率の良い方法だったというだけである。

結婚して家庭を大切にし、社会の歯車となって仕事をする。

私程度の人間には、そのくらいのことができたら十分である。

どうせやりたいことなどないのだから、そうやって命を燃やし尽くせばいい。

それもまた一つの形だろう。

「老後資金2000万円」の話と布石

前回の記事の投稿が10日少し前で、その前の記事もそこから10日少し前だから、相当に更新頻度が落ちてるなと思う。

読む専門。

スターが相変わらず付けられないバグがあって、サイレントに皆様を応援させてもらっている。

ブログの更新について言えば、書きたいことがないわけではない。

タイトルを付けただけで中身が書けていない記事もあれば、途中まで書いていて止まってしまっている記事もある。

単に時間がない。

結婚したばかりの頃も時間がないなと感じたが、出張時の移動時間やホテル泊の夜の時間などを使ってブログは書けていた。

今はほぼ毎日出社する生活で、朝6時半頃には家を出て、22時近くに帰宅する生活を続けている。

通勤時間が唯一の自由時間だと言っていい。

しかしながら、どうやら私は落ち着いた状況でないと文章が書けないらしい。

乗り換えなどある状況だと思考が途切れてしまうし、一度途切れると書き始めから読み直して書き継いでしまう。

文章の流れを大事にしたいので、どうしてもそこが妥協できない。

そんなことをしていたら時間が全然足りないし、そんな中途半端な状況では書きたいことがあってもモチベーションが上がらない。

そんなこんなであまり記事が書けていない。


最近だと、金融庁が作成した報告書のいわゆる「老後資金2000万円」問題などが気になっていた。

FPの資格も持っているし、そういう仕事もしていた人間からすると、「2000万円」という金額は突飛でも盛り過ぎでもない。

生活費の平均と貰える年金の平均を考えれば妥当な数字である。

「2000万円」が問題だと言われているのはその金額が大きいからではなく、平均で議論するのが雑で要らぬ誤解を与えるからである。

例えば、手取り月収が30万円くらいの人に「60歳以降、どのくらい生活費が欲しいですか?」などと聞いたりすると、だいたいが「今と同じくらい」と答えたりするのである。

すごく雑に貰える年金が月20万円だとすると毎月10万円も持ち出すわけで、20年生きたら2400万円のマイナス収支になる。

その上、「年2回くらい旅行に行きたい」とか、「子供の結婚資金くらい準備してあげたい」とか言うのだから、大体は3000万円近くの老後資金が必要だとなるのである。


もちろんこの仮定はあくまで希望であり、多くの人というのは、生活レベルを落としたりなんだりして、あるだけで何とか生きていくのである。

退職金が1000万円くらい出る人ならそれも計算に入れられるだろうし、持ち家の人なら生活費は賃貸の人より少なくて済む。

これからは定年も伸びるだろうし、退職しても健康ならアルバイトくらいできるかもしれない。

私はあの「2000万円」が問題だと言われることの方が問題ではないかと思う。

「老後はこんな生活を送りたいな」というビジョンがあれば、「2000万円」が高いか低いかなどはすぐわかるのである。

別に定規で線を引くようにきっちり計画を立てろなどとは言わないが、まったく考えもしない人が多いのではないだろうか。

たぶん生きていくだけなら何とかなるだろうから、別に無理に考えなくてもいいとは思うが、何か成したい望みがあるならそれ相応の計画を立てて準備をする必要がある。

金融庁からすれば、少しドラスティックな内容にして国民に危機感を持ってもらおうとしたのだろうが、揚げ足取りにあってしまった感じだろうか。

平均の話だとか仮定の話だとかいう但し書きはあっただろうし。


ちなみに、私の会社は今のところ退職金がない。

制度そのものがない。

経営が軌道に乗ったら作られるのだと思うが、設立から10年といくらか経ってもまだ悪戦苦闘しているので、しばらくは期待できなさそうである。

退職金というのは概ね勤続年数に応じて貯まっていくものだから、制度ができたときにすでに何年も務めている人は遡って計算してくれたりするのだろうか、それとも「ここから計算します」となるのだろうか、などと取らぬ狸の皮算用をしてみたりしている。

まぁ現状では無いのだから、私はそれを見越して将来の生活費を貯めておかなければと思っているのだが、妻があまりそういう話をすることに積極的でない。

ネガティブな話題だし、お金の話がそもそも苦手なのだと思う。

だから私は自分でコツコツと貯蓄をしている。

貯蓄タイプの保険を使ったり、積立NISAを使ったり。

たかが知れてはいるが。

所詮は安月給のサラリーマンである。


仕事はまだまだ落ち着きそうにない。

4月の会社の体制変更に伴うイレギュラーな仕事の終わりがようやく見え始め、本来やるべき仕事に来月くらいから取り組めそうになってきたところ。

いわば、まだ本題に入れてすらいない。

いくつかミッションを与えられているのだが、最優先でやることがいくつもあり、とても手をつけられる状況にない。

会社自体は状況の把握もできていないので、とりあえずやるべきことがどれくらいあるか整理して提示したら、派遣社員を1人雇ってもらえることになった。

手を動かす仕事を減らして、もっと頭を使う仕事をしろという話である。

こんな状態なのでブログの更新は少し疎かになるかもしれないが、ときどきこれくらいの雑な文章を投げて繋いでおきたい。

書きたいことはある。

それが書けるようになるまでの、いわば布石としての記事である。


そうそう、あと、子供の成長を見守るのがなかなかに楽しい。

3ヶ月くらいで寝返りをうつようになり、4ヶ月を迎えた先日、少し這って進むようになった。

なんというか、昨日できなかったことが今日あっさりできていたりして目が離せない。

早生まれなので、周りから「小さいうちは同じ学年でも他の子より遅れるから大変だよ」などと散々言われるのだが、それに反発するかのように成長している。

他の子と比べてどうだとか、そんなことどうでもいいではないかと私なんぞは思うのだが、そういうことを気にする人は存外多いらしい。

テストの点が良かろうが悪かろうが、足が速かろうが遅かろうが、生きていけたらいいのである。

社会的成功が幸福を保証するわけではない。

そういう理屈には多くの人が賛意を示すわりに、いざ我が事となるとやはり勉学とか仕事とかお金とか言い出すのである。

私はそんなものにとらわれずに生きていける強い人間に育ってほしいと思うが、果たしてどうだろうか。

まぁ何を考えるにもまだまだ先の話ではある。

「間違い」はない

この一群をフィクションとしてまとめ直して小説風のものにしようかなと思いながら、時間がなくてできていない。

リンクはそのまま貼っておく。

今回はまだノンフィクション風味。

シンパシー - 異呆人

シンパシー② - 異呆人

間違い - 異呆人

台風一禍 - 異呆人

 

「金曜日、飲みに行かない?」

突然声をかけられて、身体がビクリと反射する。

座席の背後に座り込むようにして、彼女は居た。

集中してキーボードを叩いていたので気付かなかった。

始業少し前の時刻。

普段ならもう少し人がいるはずだが、その日はたまたま出払っている人が多かった。

人がいればあれこれ声をかけられ、手を止めることになる。

人の少ないときこそ自分の仕事を進めるチャンスである。

そう思って集中力を高めたところだったから接近に気づかなかった。

不意打ち。

「姑が来る予定だから、何も予定がないと一緒にご飯食べに行かなきゃいけなくなっちゃうの。旦那と娘は行くんだけどね」

「なるほどね。いいよ」

頭の中で予定を検索しながら即答する。

予定はないはず。

仕事は段取り次第で1日くらいなら残業なしでも何とかなる。

 

本当は「ランチでも行こう」と私から提案していた。

彼女が部署を移ってから、新しい仕事についてどう思っているのか気になっていた。

不本意な異動だったことは間違いない。

仕事の少ない部署だから、暇そうにしているところも目にしている。

それでもいいと思っているのかどうか。

彼女の席の隣はその部署の上司だから、あまりそんな話はできない。

席替えにより周りを部長陣で固められてしまった私の席では尚更である。

だから昼でも食べに行ってゆっくり話したいと思っていたのだが、あいにく私の仕事の状況がゆっくりランチをしている場合ではなかった。

だから「飲みに行こう」という彼女の提案は渡りに船だった。

まぁ、陽気な酒の彼女なら、一緒に飲んでいるだけで楽しいというのもあるが。

 

その日は高速で仕事を回し、残業はしない宣言をしてうまく運んでいたが、終業間際に雑務が立て続けに入り、挙句帰り際に上司につかまってしまった。

「定時で上がる」と言っていたが、30分のオーバー。

彼女は先に退社していた。

まぁその方が何かと都合はいい。

待ち合わせの駅まで追いかける。

向かう途中、「先に店に入った」というメッセージと、店の場所の地図が届いた。

どこに行くかも決めていなかった。

とにかく早く飲みたかったのだろう。

彼女らしい。

 

店に入ると、奥のカウンター席で手を振る彼女が見えた。

モツ焼きの店だった。

店内は暗く、狭い。

おおよそ女性が選んだとは思えないが、そういう店が彼女の好みだということは知っている。

隣に腰掛ける。

ちょうど頼んだ料理が運ばれてきたところのようだった。

「ナマ」

私はメニューも見ずに、カウンター越しにこちらを見ていた店員に注文した。

「ごめんね。料理も勝手に頼んじゃった」

「いいよ、何でも」

「モツ焼き、串から外す?」

「別にいいんじゃない?好きなの食べれば」

「そうだね〜」

そう言うと、彼女は串を一本手に取った。

頬張るその仕草を眺める。

4人で飲む予定である。

私と彼女以外の2人は取引先から直接合流することになっている。

2人でゆっくり話せるのは1時間程度か。

 

「お疲れ様」

ビールが運ばれてくると、小さく乾杯した。

私はお決まりと言えるほどに冷やされたそれを1/3ほど流し込み、ゆっくり息を吐いた。

「忙しいみたいだね」

「単純に手が足りない。Mちゃんにすぐ戻ってきてほしいくらい」

「だろうね〜。でも、どこもそうみたいよ。先月業務部に入ってきた人、もう来なくなっちゃったんだって」

「もう?うちみたいなヌルい会社で?」

「ね。何が嫌だったんだろうね。あとNさんも辞めるんだって」

「あれ、Nさんって出向になったんじゃなかったっけ?」

「そうそう。だからまた誰に出向してもらうか考えないといけないらしいよ」

「そりゃ大変だ」

私はそう言って串をかじる。

ふらりと入った店らしいが、味はなかなかだった。

ゆっくり味わってからビールを流し込む。

 

「どう、新しい仕事は?」

「ヒマ」

「みたいだね。具体的に何してんの?」

「ん〜?うちの部長に付いてあっち行ったり、こっち行ったり。あとは社内の監査をやってみて、それを部長にチェックしてもらったり。1人でやる仕事を2人でやってる感じ」

「なるほどね。まぁ1人でできることだから、今まで誰も配属されなかったわけだし」

「まぁね。でも自分でやってみてもなかなか上手くいかなくて、部長はよくあれだけ出来てないものを見つけられるなぁって感心する」

「特殊な業務ではあるし、勘所みたいなものがあるんだろうね。いいじゃん、社内でその仕事ができる人は他にいないし、Mちゃんがその仕事を出来るようになっちゃうなら、それは会社としてはすごく助かることだと思うけど」

「そうなのよ。だから今の業務を覚えて、そこで上に行こうかなって。部長にもまずリーダーに上げてくれって、面談でお願いしちゃった」

「それがいいかもね。まぁ戻ってもらえないことは残念だけど」

そう言うと、彼女は少し照れたような笑みを浮かべた。

大丈夫そうだ。

私はその笑顔を見て、もう一口ビールを飲む。

「まぁ同じ会社だし。部署は違うけど、たまにはこうやって飲みに付き合ってよね」

彼女はそう言ってビールジョッキを突き出した。

「もちろん」

私はそれに軽く自分のジョッキをぶつけて応じた。

ほとんど空になったジョッキとジョッキが鈍い音を立てる。

手に伝わる振動。

その向こうの瞳。

「次、何飲むの?」

「うーん、ホッピー」

「おっさんかよ」

「文句ある?」

「俺もホッピーにするかな」

「おっさんかよ」

「おっさんだよ」

「ふふふ」

そんなやり取りに2人で笑いながら残った液体を飲み干す。

懸念は一つ消えた。

夜はまだ長い。

私はゆっくり酒と時間を楽しむことにした。