異呆人

毒にも薬にもならない呟き

難しいことは考えない、難しく考えない

最近、難しいことを考えなくなったなと思う。

概念的なことというか、抽象的なことというか、今までこのブログにも綴ってきたようなことを考える機会が減った。

それは多分に結婚したことと関係しているのだが、そうなることは自分が望んだことであり、ネガティブには捉えていない。

自分の中ではもう十分に考え尽くしたと思うし、だからこそ今はシンプルに生きていきたいと思っている。

ネガティブに捉えれば、日常の雑事、目の前のことばかりに囚われているとも言えるし、俗っぽい生き方だと言えるかもしれない。

まぁ俗っぽい人間なのだし、むしろ今はそうありたいと思っているのだから、なんら問題はないのだが。

 

10代の頃は、そんな生き方が嫌だった。

ただ生きていくだけのことがとても低俗に思えていた。

自分が何のために生きているのか、どう生きていくのか考えない生き方に価値はないと思っていた。

超俗していたいというような、若さゆえの願望のようなものがあった。

別にその頃の自分を批判したい気持ちはないし、笑うつもりもない。

ある意味で自分にとってはきっと通過儀礼的なものだったろうし、そういった経過を踏まえての今の私だと思っている。

そうやっていろいろ考えた結果、私は生きることそのものには意味がないと考えるようになったし、そもそも意味がないなら低俗だろうが超俗だろうが同じことだと考えるようになったからである。

自分で自分の生き方を肯定できるならそれでいいのである。

社会一般の価値観においてどうだとか、他人からどう思われるだとか気にする必要はない。

本質的に等しく無価値なのだから、そこにあえて価値を付けるなら、それは自分自身で付ける以外にない。

 

世の中に流れる様々なニュースや、facebooktwitterなどに流れる情報を眺めていると、世の中というのは実に複雑にできているなと思わされる。

1人1人の人間がそもそも複雑であるのだから、その集合体である社会が複雑になるのは仕方ないことである。

しかしその複雑さに付き合って、物事や自分の置かれた状況を難しく考える必要もないのではないかと思う。

確かに個人の人生において主役は自分以外にはありえないし、だからある意味自分の感じ方というのは世界のすべてでもあるのだが、同時に各個人というのは世界においてどうでもいいくらい瑣末な部分に過ぎない。

syuten0416.hatenablog.com

自分が思うほど、他人は自分のことなど気にしていない。

もちろんそうでないケースもたくさんあるが、基本的にその他人にだって自分の世界はあるわけで、そこではその他人が主役なわけで、自分のことで手一杯だったりするわけである。

自分のことで手一杯の矛先が誰かに向いている場合は、その人が干渉されることもあるわけだが、終生ずっと干渉され続けるようなケースもないわけである。

その人にはその人の人生がずっと続くのだから。

つまり、大抵の嫌なことはすぐ過ぎ去る。

瞬間的に嫌悪感や不快感が高まることはあれ、そしてそれが自分自身にとっては長く感じられることもあれ、後から思い返せば大したことなかったりする。

そんなものである。

 

だから最近、難しいことは考えないようにしている。

また難しく考えることもしないようにしている。

考えたって仕方ないことの方が多い。

目の前に差し迫った状況には対処せざるを得ないが、そうやって安寧を得ても最終的には飯食って生き続けるだけなのである。

嫌なことがあったなら、忘れればいいし、逃げてもいい。

誰かに嫌われたなら、距離をとればいいし、完全に離れてしまってもいい。

私たちが地球人口70億分の1であるように、相手も70億分の1であり、相手にとっての自分も70億分の1である。

 

私自身はそんな風に思って生きているから、他人にどう思われても特段何とも思わない。

思うことがあるなら言うときもあるし、めんどくさければ言わないときもある。

ぶつかるときはぶつかって主張する、折り合えると思うなら妥協点を探る。

めんどくさい仕事、嫌な仕事も一時期のことである。

それがずっと続くようなら仕事なんて辞めてしまえばいい。

選り好みしなければたくさんある。

それで今より環境が悪くなる選択肢しかないなら自分の我慢が足りないのだろうし、部分的に悪くなるところがあってもトレードオフで手に入るものがあるときもあるだろう。

 

毎日がさらさらと流れていく。

巡航速度に乗ったのか、またフルパワーを出す必要がなくなった。

退屈。

それでいいか。

持て余すくらいがちょうどいいか。

時間の潰し方はいくつもあることだし。

ニンテンドースイッチが楽しい

f:id:syuten0416:20180114134326j:plain

正月の3日にニンテンドースイッチを買った。

ブログの更新頻度が落ちる理由の1割くらいは、このゲームのせいもあるかもしれない。

欲しいなぁとは思いながら、品薄が続いていたので無理に探そうとはしなかった。

さほどプレイする時間がたくさん取れるわけではないし、もしかしたらすぐに飽きてしまうかもしれないし、そんなに安いものでもない。

妻も少しはゲームをするので、スイッチを購入することには前向きだった。

機会があれば買おうと思っていたら、どうもクリスマス商戦あたりで在庫が積み上がったらしく、近くの電器店で普通に売っていた。

こういうものはタイミングである。

妻が少しでも欲しいと思っているうちに買ってしまわないと、私がやりたいだけでは買えなくなる。

 

で、休みの日、時間があれば遊んでいる。

ソフトはスプラトゥーン2とマリオオデッセイを買った。

スプラトゥーンは私がやりたかったソフトで、マリオは妻が選んだ。

しかしながら蓋を開けて見れば妻はアクションゲームがあまり得意でなく、概ね私が1人で遊んでいる。

まあ、マリオオデッセイはサポート感覚で2人プレイが可能だし、スプラトゥーンも下手でも楽しめるゲームなので、妻も少しは遊んでいる。

買ったこと自体は、それほど不満に思っているわけではないようだ。

 

ニンテンドースイッチをまず開封して驚いたことは、そのハードの小ささである。

iPadよりも小さい。

携帯ゲーム機としても使えるようになっているためだが、家庭用ゲーム機を初代ファミコンから入った私としては、なんとも隔世の感がある。

そしてそのiPadみたいな画面の両端に、着脱可能なコントローラが付いている。

携帯用ゲーム機として遊ぶ場合は、そのままPSPのような感覚で使うらしい。

据え置いて遊ぶ場合は、据え置き型のケースに画面を差し込めば、その画面がTVに映るような仕組みである。

その時は両端のコントローラを外して遊ぶ。

それぞれを片手ずつに握って遊ぶゲームもあれば、昔の家庭用ゲーム機のコントローラ型のケースに差し込めば、普通のコントローラとしても使える。

なんかもうそのギミックそのものがカッコいい。

大人なのに子供心をくすぐられる。

あと、コントローラが上下左右を認識し、向けた方を画面内のキャラクタが向くようになっている。

昔、ゲームの苦手な子がボタンを押すだけでなく、コントローラをしっちゃかめっちゃかに振り回して、画面内のキャラクタになったかのようにプレイしているのを見て笑っていたが、今はそれが実現する時代なのである。

 

私は主にスプラトゥーンで遊んでいる。

これがとても楽しい。

前作の評価を聞いて一度やってみたいと思っていたのだが、噂に違わぬ面白さである。

何がいいって、弱くても楽しめるのがいい。

私のアクションゲームの腕前は、人並みに毛が生えた程度である。

たぶん世間一般の人よりは上手だが、本当に上手い人にはけちょんけちょんにされる。

妻のアクションゲームの腕前は、絶望的なレベルである。

上述のコントローラを無茶苦茶に振り回すタイプだ。

しかし私はもちろん、妻のようなレベルの人間でもある程度楽しめるようになっている。

そこがよくできているなと思う。

 

たくさんの人が言及していることなので今更私が言うまでもないのだが、チーム戦であることがいい。

上手い人も下手な人も、ごっちゃになってプレイする。

だから自分が下手でも勝てたりする。

そのおかげで、ゲームを進める上でのフラストレーションが溜まりにくい。

それから、勝敗が決まるのが陣取り合戦であるところがいい。

いわゆる鉄砲で撃ち合うゲームなのだが、敵を倒すことが目的ではない。

鉄砲から放たれるインクでステージを塗りつぶしていくことが目的なのである。

下手なら無理に相手に立ち向かわず、できるだけ敵と相対しないように気をつけながら、地面や壁をペタペタと塗っていればいい。

よくできたシステムだなと感心する。

 

久しぶりにスマホゲームでない家庭用ゲーム機をプレイしてみて、なんだかとても懐かしい心持ちになった。

ファミコン世代の私にとって、一番の娯楽はゲームだった。

小学生の頃から高校生、大学生になっても、それは私にとって一番の娯楽であり続けた。

小さい頃は1日のプレイ時間を親に制限されたり、その約束を破ってゲーム機を隠されたり、その隠し場所に気づいて親がいない間に引っ張り出して遊んだりした。

今はそもそも、がっつりTVの前に座って家庭用ゲーム機に熱中するだけの時間がない。

妻の前でゲームばかりしているわけにもいかないので自主規制もする。

それくらいの分別はある。

大人になった。

でも、それをやっているとき、子供時分に戻ったような気持ちになる。

損得とか効率とかそっちのけで、ただ純粋に「面白い」を求めている気持ちに気づかされる。

 

人間は所詮、動物である。

乱暴な言い方をすれば、飯食って排泄して生殖行為をして寝るだけなら、動物と変わらない。

動物だって「遊び」もするのだが、人間ほど貪欲に娯楽を求めないだろう。

ある意味、人間らしさというのは「遊び」(つまりはそれをできるだけには生きることに余裕があること)にあるのかもしれない。

であるなら、休日に日がな一日TVの前に座ってゲームをしていることは、実に人間らしいと言えるかもしれない。

そんな言い訳を自分にしながら、私はTVに向かってコントローラを握りしめている。

白熱してくると、手汗をかく。

今日は妻が外出で1日中いない。

誰に咎められることもない。

いや、大人になった私を咎めてくれる人は、そもそもなかなかいないのかもしれないが。

2017 愛知杯、京成杯、日経新春杯 〜予想〜

今年最初の競馬、東西金杯を含む4重賞は負け越しから始まった。

検討する時間が少なかったし、ましてその検討した結果を記事にする時間はまったくなかったので書かなかったが、買うだけは買っていた。

当たったのは中山金杯の、ど安目の馬連のみ。

買った額が少なかったのでトリガミではなかったが、他の3つがすべて外れたのでトータルではマイナス収支になった。

まぁ購入額が少なかったので、懐へのダメージはそれほどではないが。

買い目はそこまで筋が悪かったわけではない。

穴目の馬もきっちり抑えられていた。

しかし3連複で買っていたので、微妙なところでヒモ抜けになってしまった。

馬連かワイドで買っていればなぁ。

今週は3場開催で重賞も3つ。

気を取り直して2週目に臨むことにする。

 

愛知杯

◎:9キンショーユキヒメ

◯:5タニノアーバンシー

▲:2ギモーヴ

△:7マキシマムドパリ

△:18ワンブレスアウェイ

△:1ゲッカコウ


中京の開幕週の芝中距離重賞。

牝馬限定のハンデキャップ戦ということもあり、荒れた結果が続いている。

今回の出走馬を見ても何とも難しそう。

データ的には重賞勝ちの経験のある馬と前走3着以内が優勢だが、該当する馬が少ない。

あとは5歳馬が優勢。

ただし一昨年から開催月が変わっているので、あてになるかは何とも言えない。

思い切ってデータを外してみるか、どうするか。


本命はキンショーユキヒメ。

前走がダートのJBCレディースなのが引っかかるが、このメンツなら力は上位だろう。

斤量は53kgと程よく、中京は2-0-0-1とまずまず。

末脚もそこそこ良いので舞台適性を買いたい。


対抗はタニノアーバンシー

Mデムーロ騎手が乗ってるせいか、現状では1番人気。

実際、デムーロ騎手が乗った時は1-2-0-0と連対を外したことない。

ただし、これまで戦ってきた相手がそれほど強かったわけではないので、そこは過信禁物でないかと思う。

でもやっぱりデムーロ騎手は怖いよね、という感じ。


単穴はギモーヴ。

前走は3ヶ月ぶりながら鋭い末脚で、1600万下をタイム差なしの2着。

穴目の馬の中では一番良いのではないかと思っている。

斤量も52kgであれば、力とハンデのバランスは良さそう。


マキシマムドパリは昨年のこのレースの勝ち馬。

この中では実績は最上位だろうが、最重量の56kgを背負っても勝てるレベルかは疑問。

とりあえず抑えまで。


ワンブレスアウェイは近2走の重賞では厳しい結果が続いたが、相手関係を考えると、この中ならやれるかも。

ただし大外枠は楽ではないだろうなと思う。


ゲッカコウは前走OPクラスで連対しており、このメンツでは力上位か。

ただし上がりがさほど速いわけではなく、斤量54kgも軽いわけではなく、中京も初めて。

一応ヒモに加える程度。



京成杯

◎:5コズミックフォース

◯:15ジェネラーレウーノ

▲:8ダブルシャープ

△:10デルタバローズ

△:6スラッシュメタル


皐月賞と同じ条件で行われる3歳重賞。

個人的な観点からはデータとして重要視したいものは少ない。

明け3歳の重賞だし、わからないなりに自分で見定めるしかないか。


本命はコズミックフォース。

まだ未勝利を抜けただけの馬だが、2000mを2回走って成績は安定しており、この距離への適性はありそう。

ルメール騎手からの乗り替わりだが、年明け好調の戸崎騎手なら大丈夫だろう。

中山が初めてなので、そこがどうか。


対抗はジェネラーレウーノ。

同じ舞台の500万下の葉牡丹賞を勝っており、舞台適性は一番。

相手関係があまり強くなかった気がするのと、大外の逃げ馬なので印を下げた。

まだキャリアの浅い馬が多いのでわからないが、逃げるとしたら内のコスモイグナーツとライトカラカゼか。

ペース次第かも。


単穴はダブルシャープ。

札幌での鮮烈な走りから一転、パッとしないレースが続き、すっかり人気を落としてしまっている。

とはいえJRAに転入してからは、まだ朝日杯FSしか走っていない。

まだまだこれからという可能性に賭けてみたい。


デルタバローズは新馬戦で4馬身差の圧勝。

2着の馬もその後未勝利を抜けており、そこまで弱くはなかったと思われる。

ただし重馬場で1600mだったことを考えると、ここも同じように運ぶかはわからない。

抑えまで。


スラッシュメタルは前走の京都2歳Sでは、まったくやる気が感じられない走りでブービー

しかしながら、あれは度外視していいのではないかと思う。

一応抑えておく。


あと、ちょっとライトカラカゼが気になるがどうするかな。

 

日経新春杯

◎:8ミッキーロケット

◯:2ロードヴァンドール

▲:3モンドインテロ

△:11ベルーフ

☆:1サンタフェチーフ


京都舞台の芝中距離ハンデ戦

近年は人気どころが勝つ順当な結果が続いている。

今年も12頭と頭数もあまり多くないので、やはり順当に決まってしまうのか。

データ的には5歳以下、末脚上位の馬が優勢。

また同じ舞台で3着以内に入った経験のある馬、G1、G2で7着以内に入った実績のある馬の好走率も比較的高い。

降雪中止の可能性もあるが、どうかな。

そういえば去年も同じようなことを言っていた気がする。


本命はミッキーロケット。

斤量は最重量57.5kgと軽くないが、このメンツを見れば逆らい難いものがある。

G1、G2での戦歴は他の馬より1枚上だし、昨年のこのレースの勝ち馬でもある。

頭まではわからないが、軸にしていいだろう。


対抗はロードヴァンドール。

前走の中日新聞杯は2着のミッキーロケットと0.1秒差の3着。

ここで斤量差が1.5kgなら逆転も可能か。

逃げ馬にとっては最適な内枠。

横山典騎手がペースをコントロールしてしまうのも怖い。

距離延長が少し不安か。


単穴はモンドインテロ。

近走の成績はパッとしないが、そうは言っても実績は上位。

昨年のこのレースでも3着である。

得意の距離だし、鞍上もルメール騎手。

57kgでも巻き返しは可能だろう。


ベルーフハンデ戦の成績が非常に優秀。

決して目立った戦績があるわけではなく、斤量も軽いわけではないが、ちょっと怖いので抑えておく。


穴馬としてはサンタフェチーフなどどうだろうか。

年齢は6歳だがキャリアは浅い。

ここに来て成績が安定してきているし、斤量52kgであることを考えれば妙味はありそう。


あとはソールインパクトをどうするかな。

前走、好調3歳馬に割って入ったレースは立派。

この距離での成績が安定しているし、54kgなら切るのは怖い。

ただ頭数が少ないし、人気どころを中心に買うことになるので、どこかで買い目を絞らないとな、とも思う。

サンタフェチーフとか買う前に、普通はこいつだよなぁ。


今週は日曜が妻が外出なので、気が向いたらテレビ視聴するつもり。

日経新春杯か中止にならなければ。

回顧2017 〜その他〜

2016年の回顧記事、その他。

syuten0416.hatenablog.com

これからすると、2017年の最大のトピックスは結婚したことである。

籍を入れ、式を挙げた。

予定通り、何の問題もなく。

まぁ、妻が若干マリッジブルーっぽかったりはしたが、その程度は大した問題ではあるまい。

そう、去年と同じく予定調和。

 

私は結婚する前、常々、自分は他人と共同生活が営めない人間だと思ってきた。

実の家族と一緒に暮らすことすら嫌だった人間が、赤の他人と仲良く一つ屋根の下で暮らせるとは思えなかった。

その考えは半分は正解で、半分は間違っていたと、今は思う。

一緒に暮らし始めておよそ1年経つが、今でもやはり妻には気を遣っている。

不快な思いをさせないように言葉の端々に気をつけたり、家事などはできる限り最大限やったり。

妙な話かもしれないが、妻の前ではオナラをしないなどを自分にルールとして課し、律儀に守り続けている。

それは何というか、「家族」という感覚ではなく、「同居人」というような感覚に近い。

自分がどこかに線を引いている、相手に合わせることで問題を解決しようとしていると感じる。

だから「共同生活を営めない人間」というのは極端な思い込みだったにしろ、「共同生活を営むのに不向きな人間」だということは言えると思う。

 

しかし同時に、割り切れる部分は割り切れるものだな、とも思っている。

私は自他共に認める「自分ルール」の多い人間なのだが、本当に譲れない部分というのは思ったより少なかった。

それこそトイレットペーパーはシングルかダブルかとか、1回の食事にかける費用だとか、洗濯をするタイミングだとか、食材の保存の仕方だとか、違いを言い出せばキリがない。

それでも「一緒に暮らすのだから」と思えば、自分の細かいこだわりなどは思ったよりあっさり捨てることができた。

それについてのストレスはまったくないわけではないが、まぁ許容できるレベルである。

というか、許容できないストレスを抱え込むような相手だったら、そもそも結婚しなかったとは思うが。

 

長い通勤時間にも慣れた。

大抵スマホをいじって過ごしているので、時間が長いことはあまり気にならない。

私は出張が多いのだが、新幹線駅も空港も遠くなった。

朝起きる時間が早くなって、寝る時間が短くなった。

それら諸々の変化にも慣れた。

妻の職場、妻の実家にできるだけ近いところに住んでいるのだが、義理の家族とも仲良くやっている。

年末も義父と大いに酒を飲んだ。

非常に上機嫌で、楽しんでくれていたようである。

私は人付き合いに関してはそつがない。

気に入られたら気に入られたで大変なこともあるのだが、嫌われるよりは余程良い。

 

今年もきっと予想外の一大事などはなく、平穏無事に過ぎていくことだろう。

それは私が望んだもの。

面白くないかもしれないが、それでいいと割り切ったのである。

とりあえずのやるべきことは来月の新婚旅行。

あとは子供ができるなら、それがいつかというだけ。

長い目で見れば、のんびり気長に人生の終わりを待つだけである。

回顧2017 〜ブログ編〜

私にとって生活環境が大きく変わった2017年。

ブログを書くという点では、いかに書く時間を捻出するかということが最大の懸案だった。

それは2016年の回顧記事でも触れている。

syuten0416.hatenablog.com

しかし予想に反してというか、何というか、出張中の移動時間などを余すところなく使い、コンスタントに記事を書くことに成功していた。

この記事を書いている時点で、すでに600超の記事数。

それも焼き増し無しのオール書き下ろしである。

暇なのかと言われると暇ではないのだが、書き始めると止まらないのだから仕方ない。

書きたいことというか、アウトプットして解消したいことはたくさんある。

それをする時間がないだけである。

これでも書く意欲は減退した方だと思うし、時間を捻出しても十分には書けていないと思うのだが、まぁとりあえずはこんな感じでいいかと思っている。

 

 ブログのアクセス数に関して言えば、2017年は平均で300〜500/日くらいのPVがあった。

相変わらず人気の高いゲーム記事へのアクセスと、i-movieで作った動画を出力する方法をまとめたライフハック系の記事へのアクセスが中心である。

それ以外にも様々な雑記記事にアクセスがあり、わざわざブログトップから見てくれている人もいるようである。

はてな経由でやって来る人もいるが、このブログへのアクセスの99%はGoogleやyahooからである。

むしろ、はてな以外の人が雑記記事をわざわざ見てくれているのはなんだか嬉しい。

一体どんなキーワードで辿り着くのか知らないが、きっとどこかしら近い価値観を持った人がいるのだろうと考えられるからである。


あと2017年はサブブログとして官能小説を書いていた。

完全に独立したブログにしている。

こちらは気が向いたときに書き進め、一応ひと段落して完結させた現在は、各章5話程度の読み物が10章くらいできている。

アクセスはほとんどない。

1日に1〜3人程度である。

面白いと思ってくれた人は一通り読んでくれたりもするようだが、いかんせん訪問者の母数が少ないし、それを増やすための努力をしていないので、まぁこんなものかと思っている。

当初はもうちょっとあれこれしてアクセス数の稼げる媒体にしようかとも思ったが、めんどくさくなってやめた。

ついでに意欲も減退してきたので、今は休止中である。

基本的に私にとって書くという行為は、それが為された時点でほぼ完結している。

それが誰かの目に触れたり、評価されるということは嬉しいことではあるが、私にとってはあくまで副次的な要素である。


読者数はこの記事執筆時点でちょうど50人。

増え方は緩やかではあるが、確か1年前よりは倍くらいに増えていると思う。

はてなの読者を増やすことには興味がない。

私自身が進んで読者登録をすることもない。

読者登録をしていただき、その人のブログに興味が持てたら私も読者登録を返す程度である。

逆に言えば、私はあまり他人のブログを読まない。

読んで面白かったらスターを付けたりもするが、読んだだけ、あるいは読まずにスターだけ付けて回るようなことはしない。

ただでさえ、日常生活で得られる情報を片っ端からインプットしてしまう性質があるのに、これ以上インプットを増やせばアウトプットとのバランスが取れなくなってしまう。

昨年は他の方のブログや、はてブの公式ブログに記事を取り上げてもらうこともあった。

嬉しいことではあるが、私は大真面目に自分の書いた記事がさほど面白いと思えなかったりする。

少なくとも、絶対に万人ウケはしないと思っている。


2017年はtwitterとの連携も始めた。

と言っても、ほとんどtwitterはゲームアカウントになってしまっている。

twitterのフォロワーをここのゲーム記事に誘導するような働きしかしていない。

フォロワーは現在100人程度。

もうこちらは本当にゲームアカウントにしてしまおうかと思っている。


このブログへのアフィリエイトの導入も考えたが結局断念した。

Googleだと独自アカウントが必要で、はてブのProを利用しなければならなくなるし、そうしてまでやるだけの価値がある高いコストパフォーマンスが得られるとは思わないし、ポリシーを曲げることへの抵抗があるからである。

今年も今まで通り、のんびり記事を書いていくつもりだ。

ただ、書く回数は減らしていくつもりである。

時間がないし、ちょっと意欲も減退している。

とりあえず、毎週末書いていた競馬の予想記事と結果記事はやめる。

競馬自体は続けるが、予想記事と結果記事を上げるのは、時間に余裕のあるときだけにする。


そんな感じで、昨年1年間は順調にブログを続けられた。

今年も出来るだけコンスタントに思ったことを吐き出していきたいと思っている。

仕事や私事も年末年始のバタバタがようやく過ぎ去り、通常運転に戻ってきた。

さて、そろそろブログも始動させていくかな。