異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 東京スポーツ杯2歳ステークス、マイルチャンピオンシップ 〜予想〜

東京スポーツ杯2歳ステークス

◎:7ルーカス

◯:3ワグネリアン

▲:2ゴールドギア

 

7頭立てという先週のデイリー杯2歳S以上の少頭数。

買い方はよく考えないといけなさそう。

データ的には前走勝ち馬、前走3番人気以内、キャリア2戦以内が優勢。

こうなってくると、もう買える馬は限られてくる。

 

本命はルーカス。

新馬戦は、その後未勝利を勝ち抜く馬が多いハイレベルなレースだった。

そこで上がり最速、0.2秒差の勝利は評価できるのではないだろうか。

鞍上もムーア騎手。

死角はないといったところか。

 

対抗はワグネリアン

こちらも相手は弱くはない中、新馬戦、その後のOP戦と最速の上がりで勝ってきている。

頭まで考えてよさそう。

 

単穴はゴールドギア。

前走映像を見る限り、真っ直ぐ走ってなかったり、右を向いたりしているのが気になる。

しかしそれでも勝てたということは、力があるということなのだろう。

先に挙げた2頭と違い、前走で東京を走っているのもプラスと考えたい。

 

アイビーSは不良馬場でのレースだったので、度外視するところだろう。

まぁ土曜の東京はこの記事執筆時点では雨予報なのだが。

 

 

マイルチャンピオンシップ

◎:7レッドファルクス

◯:18ペルシアンナイト

▲:11エアスピネル

△:5サトノアラジン

△:4サングレーザー

△:12イスラボニータ

 

荒れるか堅く決まるか両極端な秋のマイルG1。

メンバーはなかなか面白く、それゆえに悩ましいなと思う。

データ的にはG1を除く直近のレースで勝っている馬が優勢。

連勝して臨んでくる馬はなお良い。

また過去4走以内にG1で3着以内に入った馬は手堅い。

 

本命はレッドファルクス

実績を考えれば抜群。

1600mが長いと言えばそうだと思うが、安田記念で3着なのだから極端に苦手なわけではない。

データ的にもバッチリ。

欲を言えばデムーロ兄に乗って欲しかったところだが、弟だからといって極端に評価を落とす必要もないだろう。

頭までというより軸として最適かなと。

 

対抗はペルシアンナイト。

マイル前後がベストの距離のこの馬にとって、マイルCSは狙っているレースだろう。

前走の富士Sは5着に敗れているが、初めての休養明けと不良馬場だったことを考えれば、そこまで評価を落とす必要はないだろう。

ダービーや皐月賞は距離の問題だったと思うので、ここはデムーロ兄弟によるワンツーの可能性もあると思う。

 

単穴はエアスピネル

この馬もマイル前後の距離がベストで、1600mでは安定感のある成績を残している。

後ろからの競馬になった安田記念こそ遅れをとったが、それでも5着に入っているあたり力はある。

正直、武豊騎手の方が良かったと思ってしまうが、ムーア騎手だから格落ちと考える必要はないだろう。

まともに走れば勝ち負けできるはず。

 

サトノアラジンはこの記事執筆時点で7番人気だが、今年の安田記念の勝ち馬としてはなめられすぎではないだろうか。

タイトなスケジュールで、連戦が良い馬ではないとは思うし、揉まれ弱いので枠ももっと外が良かったはず。

しかし内枠だった昨年も5着には入っているわけで、今年の出来を考えれば切るのは怖いと思う。

 

サングレーザーはただのデータ買い。

実力的にここは厳しいのではないかと思うし、どちらかと言えば距離も短い方がいいのではないだろうか。

切るのは怖いので抑えまで。

 

イスラボニータは一般的には買いだと思うのだが、個人的にどうしても安田記念の走りが引っかかる。

それでも春にはマイラーズCエアスピネルを破っているわけで、根拠のない主観なのかなという気もする。

こういうときにいらぬ主観で切って後悔することは多いので、人気馬ばかり買う羽目にはなるが抑えておきたい。

 

あとはウィンガニオン、グランシルク、レーヌミノルあたりも気になるが、前者2頭は戦ったきた相手関係からすると格落ち感が否めないし、レーヌミノルはただ早熟だっただけなのではないかという疑いが残る。

ただ相手関係だけを問題にするなら、今まで走ってきたことがないだけと言えなくもない。

そこはもう少し考えるかな。

オッズもまだ動きそうだし。

 

スマホの調子がかなり悪くて、本来は金曜の夜にあげる予定だった記事がかなり遅くなってしまった。

PCもホテルに充電器を置き忘れてきたため長時間は使えない。

しばらくオフラインで生活するのも悪くないかな。

馬券を買うときは必要になるが。

若さゆえの熱量

「若くないな」という自覚が、最近自分の中に強い。

いや、まだ若い部類だと思うし、私よりもっと上の年代の人たちからすれば間違いなく確実に若いのだが、それでももう20代ではない。

そういった「若さ」、あるいは「若さゆえの熱量」はない。

20代前半の頃、ここと同じタイトルでブロクを書いていた。

もう閉鎖しているので、そのときの記事を読むことは叶わないが、たぶん恥ずかしくて読めないと思う。

私はまだ若かったし、若さゆえの熱量があった。

何が違ったのだろうかと考えると、「若さ」というものがどういうものなのか何となく見えてきた気がする。

年齢に関係なく、若い人は若いし、老成した人は老成している。

 

「若さ」というのは、自分の中の可能性に対する認識によってもたらされると思う。

「自分にはまだやれることがある気がする」、「やりたいことがある」、「やりたいことが見つからない」。

こういう実感と、それに対する希望、渇望、焦燥が「若さ」ではないだろうか。

「俺、まだ本気出してないし…」的な姿勢である。

この場合、大切なのは実際に本気を出しているかどうかではなく、自分の中での余地、伸び代を認識している(信じている)かどうかである。

その思いがプラスに出るにしろ、マイナスに出るにしろ、そう考えられることが「若さ」なのである。

自分の限界を知ってしまった人間には、そういう発想は起きない。

今持っている手札で勝負しようとする。

つまり年齢が上がっても、自分の発展的可能性を信じられる人は若く見えるのだと思う。

「若い」ことが良いことかどうかは別として。

 

私が感じる「若くない」という実感は、たぶん自分の可能性に対する諦めから来ている。

今の仕事に転職したあたりから徐々に感じてはいたのだが、決定的だったのは結婚したことだと思う。

一般的にどうかは別として、私にとって結婚は人生の可能性を大幅に縮めるものである。

住む場所に制約が発生するし、経済的な制約から仕事を変えることも容易ではなくなる。

無論、そういう制約のない結婚の形もあるとは思うが、私はそういった制約を承知で結婚した。

つまり結婚しようと思った段階で、私は自分の可能性についてすっかり諦めていたと言える。

 

別に若くなくなることは悪いことばかりではない。

自分の可能性を諦めるということは、自分の限界を知るということであり、限界を知っているからこそ落ち着いていられるのだ。

できることとできないことがはっきりしているのだから、迷ったり悩んだりすることも減る。

高望みしなくなるし、高望みしないから低い望みが叶いやすくなる。

つまり、手元にあるもので満足できるようになる。

分をわきまえるとも、足るを知るとも言えるかもしれない。

まぁ、歳をとってもそんなことは一向にわからない人はいるし、そういう人が若いかというと、ただ幼い(幼稚な)だけだったりもするのだが。

 

若い人に「早く落ち着きなさい」などと言うつもりはない。

可能性を信じられるのは、若いゆえの特権でもある。

これは実際の年齢的な意味で。

放っておいたって、歳をとればそのうち自分の限界は見えてくる。

若いうちは、悩んで、迷って、無茶して、失敗してもいいのである。

もちろんそうすることで失うものもあるだろうが、覚悟があるならそれも構わないだろう。

失敗を取り返す時間的な猶予があるということが、若いことの一番のメリットなのだから。

私は20代半ばでチャレンジして、失敗して、そこから長い余生の送り方に目処をつけていくことになったのだが、その経緯が悪かったとは微塵も思っていない。

むしろその経験は自分にとってプラスだったと思うし、やるだけやったことで清々して、これからのことを考えようという気になれた。

 

あっ、でも、若い人を焚きつけるつもりもない。

「失敗してもいい」というのは「失敗しろ」ということではない。

たまにそんなことを言う「大人」もいるが、無責任にもほどがある。

失敗は、するよりしない方がお得である。

できるだけ晴れた日に海に出ることは賢明である。

それを「面白くない」などと言えるのは、見ているだけの外野だからだろう。

必要なのは、どんな人生でも選んだ結果を引き受ける覚悟である。

毒を吐く

「毒を吐く人」あるいは「言い方に毒のある人」と、よく言われる。

この場合の「毒」というのは、もちろん人を死に至らしめるような化学物質ではない。

辞書的には「悪意」あるいは「人の心を傷つけること」を言うらしい。

そんな風に言われてしまうと些かオーバーな表現である気もするが、そういった意味での「毒」が私にあることは否定しない。

少なくとも、私は攻撃的な意図と意思を持っていわゆる「毒」を吐くことがある。

別に誰彼構わず「毒」を吐くわけではない。

明確に相手を批難したいときに「毒」を吐くのである。

ストレートに言えば喧嘩を売っているような内容を、丁寧に遠回しに、ボールゾーンからストライクゾーンに切れ込んでくるスライダーのように投げる。

「悪意」というのが誇大なら、「皮肉」といえばしっくりくるだろうか。

 

なぜそんなまどろっこしいことをするかというと、世の中というのがそれだけまどろっこしいものだからである。

目の前にいる相手と一戦交えて、それで終いならそうする。

だが、例えば仕事なら、その相手とまた引き続き顔を合わせなければならない状況になるわけである。

だから相手がムッとする程度で済むようにする。

修復不能なまでに関係を悪化させず、それでいて相手に批難の意を伝えるのである。

その際のポイントは「自分が悪く言われた」と認識するかどうかのギリギリのボールを投げることである。

私の吐く「毒」に対して「悪く言われた」と認識するということは、それが自分のやったことで、なおかつそれが悪いことだと認識しているということである。

つまり自覚があるから「毒を吐かれた」と思うわけである。

実際、「毒」を吐かれても気づかない人もいる。

こちらの方がタチが悪かったりするのだが。

 

あと、単に私が厳しいことを言ったり、率直にものを言い過ぎるので、「毒がある」と言う人もいるようである。

確かにそういうときもある。

しかしその場合の私の相手に対する気持ちは正反対で、「悪意」ではなく「好意」があるから厳しいことを言うのである。

どうでもいい相手なら放っておく。

せいぜい前述の方の「毒」を吐く程度である。

だって、どうでもいいから。

それで相手が最終的に困ろうと、進歩しなかろうと、そんなことは気にしないから何も言わない。

良くなる素地がある、良くなってほしいと期待するから、チクリと痛みを感じるようなことも言うのである。

その私の意図が正確に相手に伝わっているかどうかは、どうでもいいことだと思っている。

誰かに良く思われたくてそんなことをしているわけではないからだ。

最終的に相手のためになりさえすればいい。

そういう見返りを求めない純粋な好意からの発言である。

 

別に「毒」ばかり吐いている、苦言ばかり呈しているわけではないのだが。

むしろ褒めることも多いと思う。

ただ「毒」の方があまりにもインパクトが強いので、そう思われてしまうのだろう。

役回り的には損なのかもしれない。

まぁそれが「私」という人間である。

スペシャル・コンバート

先週末は以前の会社に勤めていたときの取引先の人たちと旅行に出かけていた。

何度かこのブログでも触れているが、40代のおじさんとおばさん、60代のおじいちゃんと呼べそうな人たちとの旅行である。

最初は仕事の付き合いだったわけだが、もう今となっては歳の離れた友人のようなもので、これも縁と思って毎年呼ばれるたびに参加している。

しかしちょうど先週は金曜まで出張。

金曜日に広島から神奈川に戻り、荷物を置いて着替えてから夜行バスで新潟に向かい、向こうで合流して車で移動して茨城を1泊2日で観光するというハードスケジュールだった。

最後が牛久大仏だったので、帰りは牛久あたりから常磐線で帰京。

観光は日本三名瀑の一つ、袋田の滝や、日本三名園の一つ、偕楽園などを見て回った。

ちなみに私はこの観光ルートを、別の友人たちと以前にも旅行したことがある。

だから私は案内役のようなものである。

地図読みも得意なので、カーナビ以上に上手にナビゲートするらしい。

まぁ、二度も行って楽しかった旅行先ではないが。

旅行なんてのはどこへ行くかより誰と行くかの方が重要だと思う。

食事と一緒である。

 

さておき、そんなハードスケジュールをかまし、帰ったら帰ったで2泊3日の出張と1泊2日の旅行で計5日間会えなかった妻の相手をし、なんかもうクタクタになりながら月曜日を迎えていた。

営業マンではないが営業部に新人がまた入ったので、夜は歓迎会というオマケ付きである。

そんな状態ではあったが、気合いは入れずにぬるりと、いつも通り仕事を回そうと思ったら、朝一番で上司から伝えられた話が、先輩がアキレス腱を断裂したという話だった。

どうやら子供のスポーツ教室で一緒に走ったときの出来事だったらしい。

よくある話とは言わないが、ときどき聞く話ではある。

「それは大変ですね。どうしましょう」などと他人事として聞いていた。

怪我した脚によっては車の運転ができない。

その場合は電話対応だけで乗り切るのだろうか。

彼は出向社員なのでいつ本体に呼び戻されるかわからず、そのためにサブとして新入社員を採ったばかりである。

まだ十分ではないだろうが、どうしても訪問対応が必要なときは新人が代わりに行くのだろうか。

そんなことを頭の中で少し考えていた程度だった。

 

その状況が先輩不在の対応を検討する会議で一変した。

社長が「彼の担当の取引先は大口が多いから、すぐに別の社員を当てなければならない。復帰がいつになるかわからないし、出社できるようになっても、足を引きずってまで営業させるとあっては会社のイメージに関わる」と言い出した。

言ってることはもっともである。

問題は、ただでさえ人が足りなくて2、3人採用したばかりなのに、先輩が不在の間のフォローを誰にさせるかということである。

大口の取引先ばかりなんだから、まさか新人には振らないだろう。

とか何とか考えていると、すごく嫌な予感がしてきた。

「こういう状況で任せられる人間はほとんどいないから」と社長は言って、なぜか少しだけタメる。

沈黙の間中、もう嫌な予感しかしない。

「朱天くんにお願いしようと思う」

ほらね、やっぱりね。

苦笑いと、呆れと、たくさんあるツッコミどころにツッコミたい気持ちとがないまぜになり、私は複雑な表情になっていた。

皆の視線が自分に注がれているのがわかる。

誰かが笑いをこらえきれず吹き出した。

そりゃ笑うわな。

私が笑いたいわ。


私の営業の担当は西日本エリアという関西以西全部で、そこを1人で担当している。

うちの会社が弱いエリアで、取引先の数は少ないが散在していてフォローがめんどくさい。

その広域に広がった取引先を繫ぎ止めながら、西日本で新規の取引先を作るのが私のミッションである。

にも関わらず、先日、関東の取引先を任された。

syuten0416.hatenablog.com

任せられる人がいないという理由からである。

一応3人体制でのフォローなので、私自身の仕事量的な負担はそこまででもないのだが、単純に営業で回らなければならない範囲が増えて異様にめんどくさい。

西日本に加えて、千葉、神奈川が増えている。

そんな風に人に仕事を投げつけたばかりなのに今回の話である。

ちなみにアキレス腱を断裂した先輩の担当エリアは東北。

言ってることが全然わからない。

 

しかも「こういうのはスピード感が大事だから、来週にでもすぐ行ってくれ」とか社長は言う。

いや、ほら、私にもスケジュールってのがあるし。

おまけに来週は祝日や会議のせいで、出張するなら全部日帰りになるし。

祝日と土曜日は休日出勤だし。

「意味がわからないよ!」と叫びたくなるのを我慢し、自席について大きな溜め息をついた。

私の機嫌が見るからに悪そうなので、誰も何も声をかけてこなかった。

唯一、空気を読まない女性社員が、「朱天さんが忙しくなると、私も困るんだけど」と言ってきた。

何のことだと思ったら、「システムのマニュアル作成の件」と言われた。

確かに、そんな仕事もしている。

というか、その仕事は厳密には私の仕事ではない。

彼女の上司があまりにも仕事をしなくて困っているから、私が手伝ってあげているだけである。

私が詳しい案件だから、どこかのタイミングで正式に私に回してもらった方がいいと思っているのだが、それはいわゆる墓穴を掘るという行為なので、うやむやにしたまま手伝いだけしている。

その案件も掘れば掘るほど彼女の上司の杜撰な対応が明らかになってきて、のっぴきならなくなっているのだが。

本当に溜め息しか出ないな。

 

確かに大抵のことは何とかできるし、サラリーマンなのだから最終的には会社の指示に従うが、困ったらとりあえず私に仕事を投げるのってどうかと思う。

明らかに仕事量に偏りがある。

だったらもっと給料上げてほしいなと思う。

別に金で解決する問題でもないのだが、基本的に仕事の対価というのは金銭でしか表せないし。

まぁ、先輩が復帰するまでの期間限定だから、年末くらいまで乗り切れば何とかなるか。

とりあえず、スペシャルなコンバートは今回で最後にしてほしい。

2017 武蔵野ステークス、デイリー2歳杯ステークス、エリザベス女王杯、福島記念 〜結果〜

syuten0416.hatenablog.com

 

武蔵野ステークス

買った馬券

馬連:16ー1、6、8、10、12

 

今ひとつ自信がなく、どの馬が来てもおかしくない気がしたので、本命からシンプルに馬連ながしのみ。

予想で印をつけていた馬にピオネロを加えた。

 

結果

1着:13インカンテーション

2着:9サンライズソア

3着:7アキトクレッセント

 

印を付けた馬が1頭も3着内に入らないという悲しい結果。

ぶっちゃけ、これでは何もコメントすることがない。

考えていたよりずっと、前が止まらなかった。

本命のカフジテイクは悪くなかったと思うので、また次に期待したい。

 

 

デイリー杯2歳ステークス

買った馬券

3連単:2→3、5→3、4、5

    3→2→4、5

 

本命と対抗を頭にし、印を付けた馬に迷っていたメガリージョンを加えて3連単を組んだ。

フロンティアかジャンダルムで決まりそうに思えたし、頭数少ないからこれくらいしないと配当がつかないし…

まぁ点数も少ないので、当たったら儲け物くらいの感覚である。

 

結果

1着:3ジャンダルム ◯

2着:8カツジ

3着:5ケイアイノーテック ▲

 

メガリージョンが途中でするすると失速して、まさかの競走中止

レース後の話ではレース中に骨折したらしい。

まだ2歳でこのレースでも2番人気を背負っていた馬だけに残念。

と同時に、何が起こるかわからない競馬の魅力と怖さを感じた。

レース自体は本命のフロンティアが直線で思ったほど伸びず4着。

対抗のジャンダルムは1頭抜けた末脚を見せて勝利。

まぁこのレースだけでは何とも言えない感じか。

馬券はカツジを切っていたため何にもならず。

少頭数だっただけに、当てておきたかったなぁという気がしないでもない。

 

 

エリザベス女王杯

買った馬券

3連複:11ー4、5、10、13、16

 

本命のディアドラに自信があったわけではないが、腹を括って本命軸の3連複のみで勝負。

あれが来そう、これが来そうと言っていたら、キリがなさそうなメンバーだし。

 

結果

1着:5モズカッチャン ▲

2着:4クロコスミア △

3着:10ミッキークイーン

 

予想外にクイーンズミラーグロが逃げをかまし、そして予想以上のスローペースに。

本命のディアドラは出負けして位置がかなり後ろだったので、馬券は紙屑になったなと悟る。

モズカッチャンとクロコスミアにとっては理想的な展開だったかな。

そんな中、1頭上がり最速の脚で後ろから突っ込んで来たミッキークイーンはさすがといったところか。

あくまで抑えだった馬ばかりが上位に来て、馬券的には残念な結果となった。

クロコスミアからワイドでも買っておけば良かったな。

 

それにしても、デムーロ騎手には恐れ入る。

方々から批判の入る騎手ではあるが、これだけ結果を出しているのだから、そりゃあ有力馬への騎乗依頼も回ってくるだろう。

心情的なものは別として、これではルメールデムーロラインに有力馬が回ってしまうのは仕方ないと言えてしまう。

事情も状況も違うが、相撲の横綱がモンゴル力士ばかりなのが連想される。

馬がどうとかもあるだろうが、日本人騎手にも結果で実力を示すことが求められると思う。

 

 

福島記念

買った馬券

3連複:13ー1、2、3、7、16

 

こちらも自信はなかったが、本命軸の3連複のみ。

結果的に上位人気馬を中心に買うことになってしまったが、配当はまずまず付きそうなのでまぁいいかなと。

 

結果

1着:3ウインブライト △

2着:13スズカデヴィアス ◎

3着:6ヒストリカル

 

前の馬が垂れていく中、1頭粘り切って勝ったウインブライトはお見事。

後方から集団になって突っ込んで来た馬たちを辛くも退けた。

本命のスズカデヴィアスはしっかり2着に入ったが、ヒストリカルを抑えておらず馬券は外れ。

ヒストリカルは今年の小倉大賞典や昨年の毎日王冠でも馬券に絡んでおり、ときどき爆発するから抑えておこうかと思ったが、若くて斤量の軽いプリメラアスールの方がいいかと思って切っていた。

この辺りがセンスないなぁと思う。

 

結局、今週は1レースも当たらなかった。

先週プラス収支だったので何とか持ちこたえているが、この調子ではそろそろトータル回収率が100%切ってきそう。

競馬もゲーム感覚で楽しんでやっているが、そうなるとやはり勝ち負けの基準は回収率だと思う。

負けたから楽しくないっていうのはゲームじゃないと思っているが、やはり勝った方が面白いのがゲームだと思う。

というわけで、来週くらいには何とかもう少しホクホクできるように頑張ってみたい。

今週末は少し時間があるし。