異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 産経賞オールカマー、神戸新聞杯 〜予想〜

・産経賞オールカマー

◎:9タンタアレグリア

◯:14モンドインテロ

▲:2アルバート

△:15カフジプリンス

 

例年わりと堅い決着となる芝中距離G2戦。

G1、G2での人気馬、4,5歳の若馬、近4走での中山・芝コースでの実績馬がデータ的には優秀。

買い目を絞って、買い方も工夫しないと、リターンは望めないレースになるか。

 

本命はタンタアレグリア

データ的にはバッチリ。

そして前走のAJCCは今回と同じ舞台設定。

直線で内を突いて抜け出し、そのまま気持ち良くゴールした。

前走も8ヶ月ぶりのレースだったが、今回も8ヶ月ぶり。

前走のブログ記事では、「休明け以外は買える要素しかない」と書いており、だったら休明けでも走ることが証明された今回は買うしかないだろう。

蛯名騎手の継続騎乗も心強い。

 

対抗はモンドインテロ。

前走の札幌日経OPはスローペースの中、後方で脚を溜め、末脚の違いを見せつけて完勝した。

近走で中山は走っていないが、重賞での実績はこのメンツでも上位。

3歳時以来の騎乗となる田辺騎手がどう乗るかが気になるところ。

 

単穴はアルバート

前走の天皇賞・春は終始中団につけて落ち着いて運び、最後追ったがさすがに前の馬たちとは脚が違った感じ。

だが、このメンツの中では力上位だろう。

ステイヤーズSなど長距離戦での実績が目立つが、休明けで走った昨年のアルゼンチン共和国杯シュヴァルグランの2着など、中距離での実績も十分。

こちらも3歳時以来の騎乗となる石橋騎手がどう乗るか。

 

カフジプリンスはもどかしいレースが続いていたが、前走の新潟記念でようやく馬券に絡んだ。

さほど見せ場のあるレースではなかったが、まだ4歳なので一皮剥けることを期待したい。

前走からの間隔が短いが、昨年も同じようなローテで神戸新聞杯を走り、4着と健闘している。

何気に中山を走るのは2回目。

前回は勝っており、実は中山巧者だったりすると面白いなぁと思ったり。

 

ルージュバックはさすがに近走の成績では買いづらい。

2200mという距離もさほど合うとは思えないし、戸崎騎手に見切られたのか北村騎手へ乗り替わりになるのもつらいところ。

その戸崎騎手が乗るステファノスは基本的に休明けは走らず、叩き2戦目でこそ強い馬。

今回は様子見にしようかなと思う。

 


神戸新聞杯

◎:8レイデオロ

◯:2サトノアーサー

▲:5キセキ

△:9マイスタイル

△:3ダンビュライト


菊花賞のトライアルとなる3歳馬限定戦。

データ的にはいろいろあるが、実績重視で選んでいくのが良さそう。


本命はダービー馬、レイデオロ

5戦4勝、負けたのは故障明けで調整不足だった皐月賞だけ。

その皐月賞でも5着だし、ダービーの走りを見れば強いのは一目瞭然だろう。

不安要素は初輸送となること。

また神戸新聞杯は10年以上関東馬が勝てていない。

しかし神戸新聞杯で勝った関東馬は、すべて藤沢和雄厩舎所属。

今回も何とかしてくれることを期待したい。


対抗はサトノアーサー。

ダービーは展開が向かなかったこと、初輸送、初の多頭数立てといろいろあり、度外視してもいいのではないかと思う。

毎日杯では皐月賞アルアインの半馬身差の2着。

データ的には合わないし、買いづらいところもあるが、ここでやってくれることを期待。


単穴はキセキ。

夏場、条件戦をしっかり連勝して、ここにこぎつけた。

前走は後方から一気の競馬。

ゴール前の直線が長く、データ的に差し馬優勢のこのレースならチャンスがありそう。

差し馬にデムーロ騎手というのも怖いところ。


マイスタイルは逃げなかった皐月賞こそ大敗したが、ダービーでは4着に粘った。

前で競馬をする馬はデータ的に合わないが、こいつなら粘って3着とかあるかもしれない。

先週はミッキースワローで魅せてくれた横山典騎手の騎乗も楽しみ。


ダンビュライトは重賞で3着3回と勝ち切れないが安定感は光る。

人気もほどほどだし、とりあえず抑えておきたい。


ベストアプローチは取捨に迷っている。

データ的には合うし、ダービーは展開が向かなかったので見直してもいいと思うが、それ以外の実績がパッとしない。

2着に入った青葉賞は、相手関係を考えるとどうなのだろうか。

この記事執筆時点で2番人気なのが、妙味薄くて嫌だなぁと思う。


まぁ、妙味だなんだと言ってないで、とりあえず当てておきたい状況なのだが。

まだ辛うじて今年のプラス収支は維持しているが、さほど余裕はない。

このあたりで反撃といきたいところである。

このブログに関するどうでもいい話⑦ 〜時間が欲しい〜

忙しい。

ただ単純に忙しい。

関東での大口の取引先を一部任された結果、西日本へは日帰り出張を繰り返すことになり、まったく休まる暇がなくなった。

先週なら、東京(内勤)→香川→神奈川→広島→千葉、といった具合である。

日帰りで香川とか広島は正直しんどい。

私の住んでいるエリアからだと移動時間だけで往復8時間以上かかるわけで、1日の半分を電車に乗って過ごすことになるのである。

その間、ブログを書いたり、ゲームをしたり、時間の過ごし方はいくらでもあるのだが、暇を潰せるということと体力的に余裕があるかどうかということはまったく別の問題である。

 

特にブログに関しては、私は基本的に出張中に書くことが多い。

夜、その日の宿にたどり着いた後、1人部屋でカタカタとPCを叩くのである。

私のブログ記事はほとんど写真がなく、文字数が多い。

大体1000〜1500文字くらいである。

スマホフリック入力していたのでは時間がかかって鬱陶しいので、できればPCで記事を書くことにしている。

打鍵速度は人並み以上に速いから、その方が圧倒的に効率的でもある。

ただし、日帰り出張では荷物が多くなるのでPCを持たない。

だからブログ記事を書くときもスマホである。

そうすると書ける量が減る。

おまけに家では基本的にブログを書かないので(妻の前では書かないことにしている)、記事の執筆がまったく進まない。

まぁ誰かに頼まれて書いているわけではないし、それほど楽しみにしている人がいるとも思えないが、書きたいことがあるのに書く時間がないというのは微妙なストレスというか、フラストレーションを発散する場所がないので困る。

もしかすると、少し更新頻度は落ちるかもしれない。

 

気づいたら、500記事を超えていた。

できるだけ内容を違えながら、好きなことを好きなだけ書いてきた結果である。

文章量や日々の営みの中で片手間で書いていることを考えれば、まずまず胸を張っていい数字なのかなと思えるくらいにはなってきた。

できれば内容も伴ったものにしていきたいと思う。

と言っても、お役立ち記事を書いているわけではないし、笑えるネタ的な記事が多いわけでもない。

基本的には書きたいことを書いているだけなので、ある意味当然かもしれない。

贅沢を言うなら、誰かがちょっと読んで、何か考えるきっかけになってくれたらいいなと思う。

面白いと思ってもらえたら嬉しいが、そう思ってもらう必要もないかなと思う。

相手の感じ方まではコントロールできないし、そうすることが良いことだとも思わない。

意図が正しく伝わらないことも含めてコミュニケーションである。

私は空中にボールを投げる。

そのボールをどう受け止めるかは、読んでくれる方々にお任せしたい。

 

時間がないので、スマホゲームはデュエルエクスマキナとFFRKだけに絞ってしまった。

FFRKも時間がないときは止めている。

あれもこれもはできない。

生きるということ、あるいは、よく生きるということは、選択するということでもある。

「取捨選択」と言うように、選ぶということは、選ばないことを選ぶことでもある。

捨てるものを選ぶことでもある。

サブブログとして始めた官能小説の更新も、だいぶ遅れてしまっている。

こちらはほんのお遊びではあるが、読んでさえもらえれば、面白いと思ってもらえているだろうことは確認できている。

目に触れるための仕掛けが甘いのだが、そこまで本気を出してすることでもない。

このブログは完全にアフィリエイトはやっていないし、サブもそれで儲けるつもりはない。

ただの趣味である。

だがサブの方は一応ストーリー仕立てなので、それなりに考えもするし、表現も気を遣う。

クオリティを維持するためにも、時間に余裕ができるまでは無理に更新頻度を上げる必要もないだろう。

あと、休日出勤が急激に増えたので、ここしばらくランニングができていない。

12月にフルマラソンを1本エントリーしているのだが、まともに走れる気がしない。

まぁ、4時間くらいで完走だけできたらいいかなぁ。

 

ちなみに最近のアクセス動向だが、だいたい300PV前後/日くらいで推移している。

トップはしばらく前に書いた動画編集に関する記事が上がっている。

iMovieで作った動画をDVD-VIDEO形式に変換する方法 〜結婚式のプロフィールムービー作成にあたって〜 - 異呆人

これは自分が困ったから、同じように困る人が助かるようにと書いた、私にしては珍しいお役立ち系の記事である。

アクセスがあるということは、需要があるということで、少しでも参考になっていればいいかなと思う。

あとは相変わらずオセロニア関係の記事は強い。

オセロニア日記 〜オセロニアにおけるAI問題〜 - 異呆人

オセロニア日記 〜オススメBコマランキング〜 - 異呆人

最近はCMもやっているし、私がプレイしていた頃より賑わっているんだろう。

復帰するにはハードルが高そうだから、まったく考えていないが。

あとはTOP5はこの辺とか。

恋人がほしいという感覚がわからない - 異呆人

顔が小さいことの不幸 - 異呆人

なんだかこの辺りの記事が上位に来るのを見ると、人間の興味というのはそれ自体が非常に興味深いなと思わされる。

これからもつらつらと、ジャンルレスに思いついたことを好きなように書いていきたい。

 

最後に改めて、当ブログのコメントは承認制である。

広告宣伝目的のコメントは承認しないようにしている。

先日1件、業者かアフィリエイターと思われるものがあった。

それ以外は基本的に誹謗中傷でも承認するつもりだが、多少タイムラグが発生することがある。

悪しからず。

シンパシー②

シンパシー - 異呆人

 

 「私、朱天ちゃんのこと、好きだよ」

お開きになった職場の飲み会。

席を立った私に向かって彼女は言った。

一瞬、目が合う。

「おぉ!なんですか?突然の告白!」

「ダメですよ、朱天さんは〜。もう結婚したんだから。っていうか、Xさんも結婚してるでしょ」

冗談に反応して周囲が茶化す。

それを抑えるように「わかってるよ、俺もXちゃんのこと好きだから」と、私は冗談めかして言った。

アルコールが回っているせいだろう。

お互い、どれだけ冗談で、どれだけ本心か。


ときどき二人でランチを食べに行き、他愛ない話をする。

家での愚痴や仕事の愚痴や、非生産的で益体ない話ばかりだ。

一緒にいて楽しいとか嬉しいとかではない。

漂うのはアンニュイな空気で、笑い声より溜め息が多い。

世の中にはどうにもならないことがたくさんあって、それらを二人ともどうするつもりもない。

拒絶するより受け容れることの方が難しい。

あるいは、受け容れることの方が痛みを伴う。


物分かりが良く、リアリストであり、前向きな思考を持っていない。

そんな嫌な共通点が、膿んだ空気と親近感を生む。

似ているから、光の当たる部分より影に目がいく。

お互いの影がよく見える。


大切な人ではない。

例えば妻なら、自分がどうあっても生きていてほしいと思う。

彼女の場合、むしろ「一緒に死んでもいいかな」と思う。

何もかもがめんどくさくて嫌になったら、そういうのもロマンティックかもしれない。

まぁ、絶対にそんなことは起こり得ないが。

2017 関西TVローズステークス、朝日杯セントライト記念 〜結果〜

syuten0416.hatenablog.com

 

・関西TVローズステークス

買った馬券

3連複軸1頭:10ー2、6、8、15、16

 

予想記事をあげた後、さらにいろいろ考えて、雨予報や陣営のコメントからやはりファンディーナを切ることにした。

加えたのはブラックスビーチ。

さほど良いとも思わなかったが、前週の紫苑S2着のカリビアンゴールドを2走前に破っているし、来るとしたら案外こんなところかなぁと。

我ながら安直。

 

結果

1着:14ラビットラン

2着:16カワキタエンカ ☆

3着:6リスグラシュー

 

まずもって、予定パツパツで前日に馬券を買ってしまう私にとって、天気予報が外れて馬場状態の予想が変わる影響は大きい。

良馬場やん。

いずれにしても、カワキタエンカの前残りは予想の範囲。

リスグラシューも手堅かった。

つまりラビットランをノーマークにしている自分の見る目のなさを反省すべきと言える。

見事な豪脚でした。

 

・朝日杯セントライト記念

買った馬券

馬単:2ー4、5、6、7

            4、5、6、7ー2

 

本当はアルアインからの馬単裏表にしたかったのだが、配当が低すぎて萎えた。

で、対抗のサトノクロニクルから裏表。

期待度で言えば同等くらいはあると思うのだが、それでオッズがこれだけ変わるなら、賭けてみるのも一つかと思った。

 

結果

1着:5ミッキースワロー ▲

2着:7アルアイン

3着:2サトノクロニクル ◯

 

人気上位で手堅く決まった。

まぁ、オッズに萎えずに本命からの馬単裏表が正解だったのだが、それは結果論と諦められる。

3連複で1000円ちょっとしかつかないのだから、様子見するのが馬券的には正解だったのだろう。

サトノクロニクルは中途半端に早めに位置を上げ、結果的に最後で追い切れなかった気がする。

デムーロの果敢さが裏目に出たパターンか。

 

秋競馬、呆気なく連敗。

どうにも流れの悪さを感じる。

仕事やプライベートでも流れの悪さを感じるので、いかんともし難い自分のなのかもしれない。

こういうときは我慢の一手を打ち続けるしかない。

やってることが間違ってなければ、いずれどこかで好転する。

まぁ、間違ってないか検証することが一番大切なのだが。

深く検証する時間がなかなか取れない状況なのがもどかしいところ。

BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER@幕張メッセに行ってきた

3連休の最終日はがっつり仕事。

その前に、BUMPのライブに行ってきた。

ライブに行くのは3回目。

ライブが好きなわけではなく、BUMPが好きなだけなので、BUMP以外のライブには行ったことがないし、BUMPのライブもそんなにたくさん行くわけではない。

それでも藤原さんの声を生で聴けるのは感動するし、できればツアーやるときは1回くらいは参加したい。

今回はアルバムツアーじゃなかったので、新旧の曲をいろいろ織り交ぜてやってくれた。

自分でも「久々に聴くなぁ」という曲がいくつかあって、これからゆっくり復習したい。

アンコールが個人的にどストライクで、とても嬉しかった。

 

で、今回私が聴いたセトリには入っていなかったが、好きな曲を一つ。

「真っ赤な空を見ただろうか」

 

 

溜め息の訳を聞いてみても 自分のじゃないから解らない

だからせめて知りたがる 解らないくせに聞きたがる

 

あいつの痛みはあいつのもの 分けてもらう手段が解らない

だけど力になりたがる こいつの痛みもこいつのもの

 

ふたりがひとつだったなら 同じ鞄を背負えただろう

ふたりがひとつだったなら 別れの日など来ないだろう

 

言葉ばかり必死になって やっと幾つか覚えたのに

ただ一度の微笑みが あんなに上手に喋るとは

 

いろんな世界を覗く度に いろんな事が恥ずかしくなった

子供のままじゃみっともないからと 爪先で立つ本当のガキだ

 

夕焼け空きれいだと思う 心をどうか殺さないで

そんな心 馬鹿正直に 話すことを馬鹿にしないで

 

ひとりがふたつだったから 見られる怖さが生まれたよ

ひとりがふたつだったから 見つめる強さも生まれるよ

 

理屈ばかりこねまわして すっかり冷めた胸の奥が

ただ一度の微笑みで こんなに見事に燃えるとは

 

ふたりがひとつだったなら 出会う日など来なかっただろう

 

大切な人に唄いたい 聞こえているのかも解らない

だからせめて続けたい 続ける意味さえ解らない

 

ひとりで見た真っ赤な空 君もどこかで見ただろうか

僕の好きな微笑みを 重ねて浮かべた夕焼け空

 

ただ一度の微笑みに こんなに勇気を貰うとは

ここまで喉が震えるとは

 

 

朱天というHNは、中学生で初めてネットの世界に入ったときに決めた名前。

私は今も昔も、真っ赤な空が大好きだ。

 

m.youtube.com