異呆人

毒にも薬にもならない呟き

2017 中日新聞杯、阪神ジュベナイルフィリーズ、カペラステークス 〜結果〜

syuten0416.hatenablog.com

 

中日新聞杯

買った馬券

3連複軸1頭:11ー2、4、9、10、12

 

シンプルに本命からの3連複ながしのみ。

最後のヒモのストーンウェアを他の馬に変えるべきかどうか悩んだが、結局そのままにした。

 

結果

1着:13メートルダール

2着:10ミッキーロケット ◯

3着:12ロードヴァンドール ▲

 

スローペースで流れたので、逃げるロードヴァンドールをぴったりマークしていたマキシマムドパリにチャンスがあるかと期待したが、粘り切れず後方から差されてしまった。

マキシマムドパリは力不足だったかなぁ。

有力馬の中で唯一切っていたメートルダールが勝ったあたり、自分のセンスのなさを感じる。

前走の敗因をうまく見つけられなかったが、度外視して良かったか。

あまり考えたくはないが、やはり騎手なのか。

 

 

syuten0416.hatenablog.com

 

阪神ジュベナイルフィリーズ

買った馬券

3連複軸1頭:18ー1、7、8、11、17

 

本命のロックディスタウンを信頼して、本命軸の3連複のみ。

というか、他の買い方をするにしても、どこを信頼すればいいのかいまいちわからない。

2歳戦、本当に下手くそだな。

 

結果

1着:11ラッキーライラック

2着:7リリーノーブル △

3着:4マウレア

 

本命のロックディスタウンは直線でからっきし伸びず。

今後どう扱うかは別として、このレースに限っては危険な1番人気だったか。

反対に末脚確かに伸びてきた3頭で決着。

2〜4番人気での決着なので意外性はないが、まぁ当たらなかった人間がどうこう言うことでもない。

さておき、大外枠を2頭も買ってるのがあんまり良くなかったかなぁ。

逃げたいコーディエライトが外なのは、やっぱり切っておくべきだったか。

 

 

カペラステークス

買った馬券

ワイド:13ー1、7、8、12、14

 

本命のサイタスリーレッドからワイドながし。

これでもまずまず配当はつく。

どれか一つでも引っかかれば儲け物。

 

結果

1着:16ディオスコリダー

2着:15スノードラゴン

3着:8ブルドッグボス ◯

 

全然ダメ。

データに嵌らない馬2頭が連対しているのだから、そりゃそうである。

ディオスコリダーは馬柱は綺麗だし、データ無視すれば買えない馬ではない。

スノードラゴンもそう。

応援したい馬だし、メンバーレベルを考えたら最上位だと言っても過言ではないくらいだが、好走はしてもほとんど馬券に絡んでいない実績を考えて切ってしまっていた。

不明。

9歳だが、まだまだ稼ぐなぁ。

 

結局、今週は的中なし。

すべて本命が3着外しているので、負け方もあまりよろしくない。

そういえば、去年もこの時期は苦戦していたなと思い出す。

せめて来週は、有馬記念に向けていい流れを作っておきたいなぁ。

最終日には現地観戦もあることだし。

間違い

シンパシー - 異呆人

シンパシー② - 異呆人

 

彼女から「急だけど、明日飲みに行ける人いる?」と、職場の同僚のグループLINEにメッセージがあった。

なんでも、旦那が急に休みを取ることになったから、子供を見ていてもらえるので飲みに行きたいという話だった。

本当に飲み歩くのが好きな女性だなと思う。

まぁやることはやっていて、誰に迷惑をかけているわけでもないからいいのだろうが。

私は予定がなかったので、「行ける」とだけ返事をした。

しかし、その後、続々と「予定がある」、「行けない」という返事があり、結局「行ける」と答えたのは私だけになった。

急な話だったので全員は無理だろうと思ったが、まさか私以外の誰一人参加できないとは。

 

しばらくして「朱天さんと2人で飲みに行って間違いがあってもなんだから、1人で飲みに行くことにします」とメッセージがあった。

そのグループLINEにそのまま。

「間違い」というフレーズに、ドキッとした。

確かに100%、何が何でも「間違い」はありませんと言うつもりはない。

彼女は女性として十分に魅力的ではある。

ただ、グループLINEに流すメッセージとして、もう少し表現というか言い方というかを変えた方がいいだろう。

わざわざ「間違い」なんて言葉を使う必要はない。

私みたいなうがったものの見方をする人間からすれば、「間違い」の起こり得る2人だと受け止められかねない。

そのグループに参加している人数は少ないとはいえ、入社して間もない社員もいる。

変な誤解は避けたい。

 

まぁ、冗談のつもりだろう。

冗談なら冗談と分かりやすいように、誰かツッコむか茶化すような合いの手を入れて欲しい。

そう思いながらしばらく待ったが、誰も何もリアクションしなかった。

仕方ないから自分で草を生やしてツッコンでおいた。

笑いに変えてなんとかしようというのは、私のお国柄だろうか。

翌日、「『間違い』って言ったら、朱天さんに失笑された」と、彼女がボソッと言ってきた。

いや、別に失笑したわけではない。

「君みたいな女性とは間違いなんて起こり得ませんよ」という笑いではない。

逆だからこそ、笑いに変えてしまった方が誤解がなくていいと思ってのことである。

とまあ、いろいろ弁解したいことはあったが、めんどくさかったので苦笑いだけ返しておいた。

相互理解を放棄するのは最近の私の悪い癖だが、実際、完全に理解し合う必要もないとは思う。

 

さておき、「間違い」とは何だろう。

もちろん、この文脈での「間違い」が何かははっきりしているが、そうではなく、人生において「間違い」というのはあるだろうか。

法律に違反することは悪いことである。

マナーやモラルに背くことも悪いことかもしれない。

逆に規範的なことは良いことかもしれない。

「悪い」の反対は「良い」であり、それを社会的なルールを基準にして考えることはできるだろう。

しかし、「間違い」の反対は「正しい」なのである。

もし「良い」、「悪い」とは別に「間違い」と「正しい」を考えるなら、「正しい」生き方があることになる。

それは個人の価値観の中にあるものではあっても、絶対的な基準として広く共有できるものではないだろう。

人生には「正しい」も「間違い」もないはずである。

 

まぁ私としては、そんなしょうもない言葉で深々と意味を勘ぐる羽目になった。

2人で飲みに行くのは面白くないから、冗談めかして言ったのであればそれでいい。

本気でそう思われてたのなら、なんだか微妙である。

素直に嬉しくもあるし、でもそんな心配せずに飲みに行ける仲でありたいし、実際今そういう関係だと私は思っている。

だがそんなこんなも、数日経てばきっと忘れていることだろう。

師走は早い。

2017 阪神ジュベナイルフィリーズ、カペラステークス 〜予想〜

阪神ジュベナイルフィリーズ

◎:18ロックディスタウン

◯:11ラッキーライラック

▲:17コーディエライト

△:1サヤカチャン

△:7リリーノーブル

△:8トーセンブレス

 

2歳牝馬の頂上決戦。

データ的には関東馬や東京、中山で3着内に入ったことのある馬がやや優勢。

また重賞3着以内に入ったことのある馬が優勢で、そうでない馬は前走勝ち馬かつ2着馬とのタイム差が0.1秒以上ならアリ。

4着以下に敗れた経験のある馬は評価を下げたい。

要は実績のしっかりした実力馬が上位に来るということか。

 

本命はロックディスタウン。

前走の札幌2歳Sは、外を回りながらも力強く勝ち切った。

もともと前評判の高い馬ではあるが、その前評判通りに勝ってるあたりがなお強さを感じさせる。

本命とするのを避ける理由は特にない気がする。

 

対抗はラッキーライラック

前走のアルテミスSでは、上がり最速の脚で逃げるサヤカチャンを差し切った。

それほど強いという印象はないが、阪神JFにはアルテミスS経由で出走する馬が多く、それ以外の馬でもアルテミスSを走っていた馬との力関係を比較すると、やっぱり勝ったラッキーライラックは強いんじゃないか、という結論に落ち着いた。

印象以外は嫌う要素もないし。

 

単穴はコーディエライト。

逃げ馬なので内枠の方が良かったと思うし、最内には同じ逃げ馬のサヤカチャンがいるので微妙だなとは思う。

しかし重賞2着2回の実績はダテではないだろう。

負けた相手、負かした相手も決して弱くはない。

この記事執筆時点では中穴くらいの人気だが、だったらなおのこと美味しそうだなと思う。

 

サヤカチャンは、データ的にりんどう賞で5着に敗れているので評価を下げている。

しかし敗れたりんどう賞のメンバーも弱くはなかったし、そもそも1400mが短かったのではないかと思う。

ラッキーライラックを評価するなら、こちらも評価して当然。

コーディエライトと前で潰し合わなければワンチャン。

 

重賞経由組以外では、やはりリリーノーブルが気になる。

白菊賞ではスカーレットカラー、スズカフェラリーといった、まずまずのメンバーにしっかり差をつけて勝っている。

自分自身がキャリアの浅い2歳馬を評価しかねるので印を落としているが、すんなり勝つ可能性だってあると思う。

 

あとはアルテミスS6着で、データ的には合わないが気になるトーセンブレスを抑えるつもり。

アルテミスSでは直線でつまってしまったように思う。

抜け出すチャンスがあったようにも見えるので微妙だが。

敗れたことで人気を落とすなら妙味があるかなと。

 

他、この記事を書いている時点で比較的人気があるマウレア、ソシアルクラブは、自分が買える理由を見出せないので切るつもり。

2歳重賞って、何度やってもわからない。

 

 

カペラステークス

◎:13サイタスリーレッド

◯:8ブルドッグボス

▲:14ブルミラコロ

△:1キャプテンシップ

△:12キクノストーム

△:7ノボバカラ

 

 

荒れる傾向の強いダートのスプリント。

重賞しか買わない私には、半分くらいが知らない馬。

まぁ、そんな馬がぼんぼん出て来るから荒れるのかもしれないが。

データ的には過去3走以内のダート1400mで5着以内に入った経験のある馬が優勢。

正直、全然わからない。

 

わからないときはデータ重視で。

特に近3走で1400mのレースに出走していない馬は複勝率6%。

逆に近3走の1400mで5着以内に入っている馬の複勝率は30〜60%。

いくらデータはデータといえ、それだけ数字が変われば見方も変わる。

データに該当するのは上で印を付けた馬のうち、ノボバカラ以外とグレイスフルリープ。

グレイスフルリープはいくら韓国でG1を勝ったとはいえ、帰ってきていきなり58kgではしんどいと思うので切るつもり。

 

本命はサイタスリーレッド。

前走の不良馬場でのレースを度外視すれば、成績は非常に安定している。

シュミノー騎手への乗り替わりも、まぁマイナスには働かないだろう。

 

対抗はブルドッグボス。

本命のサイタスリーレッドとは勝ったり負けたり。

パッとせず地方に転出したが、交流重賞では3着内を外さない安定した成績で、再びJRAのレースに戻ってきた。

このメンバーなら十分やれるだろう。

 

単穴はブルミラコロ。

上がり馬として臨んだ今年の根岸Sでは大敗したが、ここで再び重賞にチャレンジ。

安土城Sでは夏競馬を賑わした馬たちと互角に走れており、このメンバーなら十分勝ち負けできそう。

 

キャプテンシップは半年ぶりだが、データにはばっちり合う。

ただし以前に同じように半年空いたときは大敗しており、あまり信用はできないか。

 

キクノストームは近走は良くて掲示板止まり。

しかし最後に馬券に絡んだのは2年前のこのレースで勝ったときである。

末脚はまずまずなので、展開次第でワンチャンあるかなと思う。

 

あとデータにはまらないが抑えておこうかなと思うのがノボバカラ

近走はあまり良いところがなく、ここでも人気を落としているが、去年のこのレースの勝ち馬。

去年もカペラS前の2走は凡走していた。

データを外して飛び込んで来るならこいつかなと思う。

 

今週は難しいけど面白いレースが多いなと思う。

これでレースを見に行けたらいいのにな。

なんて思っていたら、仕事絡みで中山の最終日に現地参戦する予定が入った。

中央の競馬場に行くのは初めて。

なんだか今からワクワクする。

2017 中日新聞杯 〜予想〜

中日新聞杯

◎:11マキシマムドパリ

◯:10ミッキーロケット

▲:12ロードヴァンドール

△:4マウントロブソン

△:2スズカデヴィアス

☆:9ストーンウェア

 

たびたび開催条件が変わる芝中距離ハンデキャップ戦。

データは参考になるかどうかわからないので今回は考慮しない。

 

本命はマキシマムドパリ。

前走のエリ女では二桁人気を覆して4着と好走。

フロックの可能性を否定はしないが、それでもこのメンバーの中では力上位だろう。

同じ中京2000mの今年の愛知杯では勝っており、昨年の愛知杯も4着と中京との相性は良さそう。

斤量も55kgなら頭まで。

 

対抗はミッキーロケット。

これまでに走ってきた相手関係を見れば、今回のメンバーでは実力は最上位だろう。

斤量57.5kgは決して軽くないが、力を発揮できれば馬券には絡むはず。

最近、和田騎手は重賞でもよく馬券に絡むし。

 

単穴はロードヴァンドール。

明確な逃げ馬はこいつくらいで、あとはバンドワゴンがどうかなという感じ。

実力はあるので、気持ち良く逃げれば十分勝てそう。

同じ中京2000mの今年の金鯱賞では2着。

斤量も56kgならちょうどいいだろう。

 

マウントロブソンは最重量の斤量57.5kgがネック。

このメンバーでミッキーロケットと同じ斤量ではどうだろうか。

ただ上がりの脚は良いし、あまり軽く見てると痛い目に遭いそう。

 

スズカデヴィアスも好走を続けていて軽視できないが、後方一気ばかりで展開によっては差し届かないことも多いので、今回は抑えまで。

 

あと、斤量の軽い馬から買うならストーンウェアだろうか。

上がりの脚はまずまずで、条件戦ながら中京では2勝している。

展開が向けば穴馬として3着くらいなら。

 

今週は土曜日に妻が出かけるので、土曜日はゆっくり日曜重賞の予想ができる。

逆に土曜日の予想をする時間が多くないので、とりあえず先に中日新聞杯だけ。

ワイドショーって見ていて胸糞悪い 〜日馬富士の暴行問題について〜

いつも時事ネタはほとぼり冷めるというか、熱がなくなってから書くことにしていて、もうこのネタもそろそろいいかなとか思い始めている。

私は尋常でない猫舌なので、食べ物もすっかり冷えてにっちもさっちもいかないくらいがちょうど良い。

さておき、我が家では妻が朝、ワイドショーを見たりする。

私の中でのニュース番組とワイドショーの違いは、コメンテーター的な人がいるかいないかである。

つまりフジテレビでいうと、めざましテレビはかろうじてニュース番組だが、特ダネはワイドショーということになる。

私はTVがあまり好きではないのだが、中でもワイドショーは特に好きではない。

というか、嫌いである。

専門家が専門知識に基づいてコメントするならまだしも、いわゆる知識人と言われるような人たちが自分の見識を述べることに、いかほど意味があるだろうかと思ってしまう。

そんなもの、私がこのブログでやっていることと同程度ではないか。

まぁ私は知識人ですらないが。

 

そして、本題の相撲界と世間を騒がせたニュースである。

一言で片付けるなら、そんなもの手を出した人間が悪いに決まっている。

相手が怪我をしたら傷害罪である。

マナー違反とかそんなレベルではなく、単純に犯罪行為である。

相手がどれだけ礼儀知らずで程度の低い人間であったとしても、殴ってはいけない。

だから殴った日馬富士が悪い。

横綱という相撲界を代表する立場にいながらそんなことをしたのだから、引退することになっても文句は言えまい。

基本的にはそれだけである。

殴られた側の貴ノ岩が、報道されているように注意されている最中にスマホを弄り出すような程度の低い人間であることと、それとは別問題である。

どっちが悪いとかそんな話ではない。

貴ノ岩が程度の低い人間で、殴った日馬富士が犯罪者であるという、どっちも悪いような構図である。

報道から知り得る範囲だけでものを言うなら、貴ノ岩日馬富士も擁護するに値しない。

 

それでもって貴乃花親方の対応がどうだとか、白鵬が止めに入ったか入らなかったかとか、力士同士が酒席を共にすることはどうなのかとか、そんなことはどうでもいい話である。

外野の人間が電波に乗せてまでとやかく言うことではない。

少なくとも、貴乃花親方は警察に被害届を出しているので、社会的に最低限度の対応はしている。

もっと言えば相撲協会の役職者なのだから、協会にも速やかに報告すべきだったろう。

まぁそれは今後どうするか、身内でしっかり考えたらいい話である。

八百長問題があってさほど年月の経っていない状況なので、部屋の違う力士同士が和気藹々とするのもどうかという意見もあるだろう。

李下に冠を正さず。

疑われるようなことはすべきではないが、オフの時間の過ごし方くらい好きにさせてやれと思わんでもない。

相撲が神事だとか、いやスポーツだとか、いろんな人にいろんな考え方があるだろうが、概ね相撲を見ている人間というのは、土俵の上で裸でぶつかり合っている力士たちの決闘を見るのが好きなだけなのだ。

AI不正問題で揺れた将棋界のときも同じようなことを書いた気がするが、これで落ちた評判を取り戻すには土俵の上の戦いを面白くするしかない。

 

そんな程度の内容を、進展がどうだとかで連日TVで捏ねくり回すワイドショーの存在意義ってなんなのだろう。

そしてそれを見てる人間ってなんなのだろう。

妻は何をどう思って見ているのかは知れない。

あまり興味はなさそうで、流れるニュースにコメントの一つもしない。

だったらTVなんぞ消せばいいのにと思うが、たぶん賑やかしでつけているだけなのだろうから、私がどうこう言って消させるほどのことでもない。

こんな感じでなんとなくチャンネルを合わせてしまう人間がいるから、どれほどワイドショーの質が悪くても「数字取れてる」で続いてしまうのかもしれない。

 

そんなどうでもいいニュースが多い中、将棋の羽生さんが永世7冠に到達したという話題はとても良かった。

本当に凄い。

将棋でもなんでもそうだが、その時々に強い人というのはいる。

しかしどんなものでもそうだが、単に強いことより、強くあり続けることの方がはるかに難しいのである。

こんな感動的なニュースがもっと増えればなぁと、くだらないニュースを見るにつけ思ってしまう。